ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2013年05月02日 に以下のカテゴリに投稿されました Arduino Blog.


Arduino UNO 基本編 – 2(改造編-1) 外部に付けた LED をスイッチで制御してみる

1 2 3 4 5

先の「Arduino UNO 基本編 — 2外部に付けた LED をスイッチで制御してみる」では、スイッチを押したときだけしか LED が点灯しないので、これを改造し、1 回スイッチを押したら点灯状態を保ち、もう一度スイッチを押したら、LED を消灯するように、改造してみます。

この実験は、Arduino に接続したスイッチの制御方法を学ぶ上でとても有効な基本事項ですね。

回路は同じですが、回路図を書いてみました。

LED-SW_CAD

スケッチを改造(修正します)します。元のスケッチは、

// 7番ピンに接続したスイッチが押されている間、12番ピンに接続した LED を点灯する
 const int LED = 12; // LED が接続されているピン
 const int BUTTON = 7; // スイッチが接続されているピン
 int val = 0; // 入力ピンの状態を val に格納する
 void setup()
 {
 pinMode(LED,OUTPUT); // 12番のピンは出力
 pinMode(BUTTON,INPUT); // 7 番のピンは入力
 }
 void loop()
 {
 val = digitalRead(BUTTON); // 入力を読み取り val に格納
 // 入力は HIGH か?
 if (val == HIGH) {
 digitalWrite(LED,HIGH); // LED を点灯
 } else {
 digitalWrite(LED,LOW); // LED を消灯
 }
 }

この通りでした。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ