ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2014年10月27日 に以下のカテゴリに投稿されました Arduino Blog.

この記事のタグ

, , , , , ,


これはおもしろい 箱の中でお天気を再現出来るという物 作り方も載ってます

これもおもしろいですね。

Tempescope

Tempescope

アクリルの箱の中で、お天気を再現できるんですって。

再現できるのは、曇り、雨、雷、だそうです。

雷は LED をピカピカさせるみたいです。

こちら、クラウドファウンディングするという事ですが、GitHub に作り方も丁寧に書いてあります。

GitHub のページはこちらです。

名称は、Tempescope といいますが、こちらのページで確認できます。

構成部品のメインは Arduino です。
Arduino をベースにして、霧発生装置や LED やポンプなどを使って、擬似的にお天気を作り出すのです。
お天気の取得はスマートフォンと同期すると書いてあります。

タダの置物ではなくて、そのときの様子を再現できるっていうのは、おもしろいアイデアだなって思います。

確か気圧の変動だけで天気予報すると、確率は60%位と聞いた事あるけど、 Arduino に気圧センサー付けたらいいのでは?
う~ん。曇りがわからないのか。

時間があれば作ってみるのだけどな・・


One Comment

  1. […] 昨年の今頃だったと思うのですが、こちらのブログでも tempescope については、紹介しました。 […]

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ