ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2015年03月21日 に以下のカテゴリに投稿されました Smart Phone.

この記事のタグ

, , , , , , , ,


マイクロソフトが Android 端末向けに Windows10 のカスタム ROM を提供するというお話

このブログでは、あまりその確実性がはっきりしない事は、書かないようにしているのですが、正直言って方法としてはあると思うし、でも本当にやるの?っておもっています。

Android ・ Windwos10

Android ・ Windwos10

済みませんけれど、そういった事(確実性があるわけではない)を踏まえて、下記をお読みいただければと思います。

マイクロソフトが Android 端末向けに、Windows10 のカスタム ROM を提供する。

この件です。

方法としてはありだと思うし、Android OS はソースコードの入手も出来るので、新しい Android OS が出てくれば、たとえそれがメーカーのサポートが得られないとしても、ユーザーがビルドして作り上げた物を新しい OS を入手するなどして、自身の端末に入れる事も出来るのです。

それをマイクロソフトが自社の新しい OS、Windows10 で行うと・・・

何とか完全に引き離されたスマートフォンの分野で巻き返しを図ろうという、必至の策なのだとは思います。

他にも、星の数以上にありそうな気もする、Android 上で稼働するアプリケーションを Windows10 上で動かす事が出来るようにするだとか、いろいろな噂が飛びかってはいますが、さてその真相も、今年の夏までにははっきりとわかりそうです。

Windows10 も一気にオープンソースにしてしまえば?って思うけど、そうも行かないのでしょうねぇ。まっオープンソースにしたからと行って、Windows10 が使われるという補償はないし、Android 端末向けにカスタム ROM の形態で、Windows10 を提供するって言うのが、一番手っ取り早い方法なのかもしれません。

ただ、これでは使うチャンスは増えると思うが、アプリの増加にはつながらないし、使いたいのは Office 関連だけだろうから、さてどうなるか・・

有償なのか無償なのかもわからないし、そういった可能性を伺わせる発言が米国であったというぐらいにとらえておいた方が良いのかもしれません。

もう1つの問題は、ギークな方は良いのですけど、端末の補償って、されなくなってしまいますよねぇ。普通な方には、問題でしょうが。

書けばっとか、書こうかって思っていた、カスタム ROM を Android に焼く(書き込み使う)方法、いつかはちゃんと書かなければいけないときがくるのかもしれません。

どちらかというとデュアルブートとか、今の時点では、中国製のタブレットでサポートされているような方式が、使う側からすると便利なんでない?って思ってはいます。

中国の小米(Xiaomi)シャオミと一緒にという話も出ているようですが、シャオミはがっつり否定しているようだしね。

まぁ数ヶ月以内ににはっきりしますね。

ただまぁ、本気になれば、それだけの事以上にやってくるマイクロソフトだという事は、身をもって知っていますけど。

あまりにひどい行為は、後から聞いても不愉快なので、フェアに進めて欲しいものです。ってそんな事いってられない状況ととらえているからこんな事いうのでしょ~ね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。 プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。 実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。 ボチボチ行きますが、お付き合いください。 若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。 愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ