ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2015年04月11日 に以下のカテゴリに投稿されました 3D Printer.

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


Engadget で「モデ 1 グランプリ」開催 – 3D プリンターで出力したスーパーカー消しゴムみたいな物のレースと作り方のラボ開催

スーパーカー消しゴムって覚えています?

世代では無かったけれど、70年代ですかねぇ。

スーパーカーブームというのがあって、ポスターやカードなど、様々なグッズが沢山売られていた時代。

その中に、消しゴムをスーパーカーの形で作った物が、小学生ぐらいの間で大流行!

一部では、学校に持ってきてはいけません!なんて大号令が出されていたりもしていました。

消しゴムで作られた 3~4 センチ位の長さのランボルギーニカウンタック LP400 とかを机の上で、ボールペンのノッチのバネを使って、はじくあそびがはやっていました。

それそのものではないのですが、それぐらいの大きさの車の形の造形物を 3D プリンターで出力するまでの過程を学ぼうというイベントが、Engadget で開催されます。

このイベントは、2部構成で行われ、第1部は無償の 3D CAD ソフトウエア、 「Autodesk 123D Design」を使って車をデザインし、3D プリンタで出力するまで、第2部は、自分で出力した車を持ち込み、ルールに従いレースを行う。

といった具合で、進められます。

モデ1GP

モデ1GP

ちゃんと作成する車の規格も決められています。

  • モデ1GP公式サイズ「3.0cm x 1.5cm x 1.5cm」(以内)の小さなクルマ

開催の概要は、

  • 開催日時:5/16(土)10:00〜19:00
  • 場所:アーツ千代田 3331 地下1階 B104

【第1部】講師:志田穣 氏
連載「3DCAD&3Dプリンタで機構を作る」(MONOist掲載)

  • 募集人数: 最大20人(先着)
  • 参加条件(1): 「Autodesk 123D Design」をインストールしたノートPCを持参できる人
  • 参加条件(2): 当日、デザインしたクルマの3Dデータを「3Dモデラボ」に投稿してくれる人
  • 参加費: 1000円 (第2部参加費を含む)

【第2部】

  • 募集人数: 最大20人(+第1部からの参加者最大20、先着)
  • 参加条件(1): 3Dプリンタで出力したモデ1GP公式サイズ「3.0cm x 1.5cm x 1.5cm」以内のスーパーカー(クルマ)を持参できる人
  • 参加条件(2):当日持参するクルマの3Dデータを事前に「3Dモデラボ」に投稿済みの人
  • 参加費: 500円

です。

このイベントの詳細は、こちらのページにありまして、こちらから参加申し込みも出来ます。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。 プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。 実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。 ボチボチ行きますが、お付き合いください。 若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。 愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ