ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2015年04月22日 に以下のカテゴリに投稿されました Android Blog.

この記事のタグ

, , , , , ,


Google 手書き入力(Android のアプリ)が出たというので、試してみました

普段はもちろん QWERTY キーボードなのですが、手元にちょうど Android のタブレットがきているので、試してみました。

Google 手書き入力

Google 手書き入力

日本語手書き入力に関してのほんのさわり程度しか使っていないし、主として今の手書き入力というのはどの程度、認識出来るのかなぁというのが知りたかったので・・

ちなみに字はお世辞にも綺麗な方ではないので、まぁどうかな?

Google 手書き入力

Google 手書き入力

既に Google Play のこちらに上がっているので、インストールはこちらからどうぞ。

日本語の入力システムは、Google 日本語入力を使用しているので、これと同居させてみました。

Google 手書き入力

Google 手書き入力

アプリケーションのインストールが終わると、上記のような画面が表示されます。

ここで Google 手書き入力を選択すれば使用する準備は完了です。

使用しているタブレットが 9.7 in で画面が大きいので、快適ですねぇ。

入力エリア

入力エリア

画面の下の方に入力エリアが出来ますけれども、タブレットなので大きさが大きくて余裕で書く事が出来ます。

スマートフォンだとちょっときついのかも。

認識率は高いと思いますよ。

ちなみに日本語を含む全 82 もの言語に対応しているそうです。

まだ覚えていたので、英字を入力するのに、Palm の書き方でかいてもみましたけど、これも認識できているみたい。

入力している画像の状態をスクリーンショットできなくて申し訳ないのですが、絵文字も入力出来るとの事です。ってこんな絵書いてる間があったら、違う方法で入力した方がいいんじゃね?

絵文字文字も入力出来る!

絵文字文字も入力出来る!

設定画面

設定画面

こちらは設定画面ですが、手書きするスピードによって自動認識の時間を調整した方が使いやすかったです。

キーボードは QWERTY 以外はいらないと思うけど、音声入力と手書き入力は場面によっては有効だと思います。

なかなか良いと思うので、興味が有る方は入れて見ても良いと思いますよ。

もちろん無料です。

 

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ