ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2015年04月24日 に以下のカテゴリに投稿されました Others (その他).

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


Android スマートフォン・タブレット対応 プロジェクションマッピング作成アプリ「CPMap」無料版 Google play で公開中

ちょっと前まで、東京駅とか被災地とかでプロジェクションマッピングが、大々的におこなわれていましたけれども、特別な道具を必要としないで、Android スマートフォンやタブレットにディスプレイ出力端子がついていて、それを映し出す事に出来るプロジェクタがあれば、簡単にプロジェクションマッピングが実現出来る Android アプリが出ました。

CPMapを利用して作成した大阪城の模型へのプロジェクションマッピング

CPMapを利用して作成した大阪城の模型へのプロジェクションマッピング

しかも、個人での利用であれば、無料で使う事が出来ます。

ひな形を利用して、特に難解な 3D CAD 等の知識も必要とせずに、自分で作る事が出来るそうです。

このアプリケーションは「CPMap」(Crest Projection Mapping)という物で、 無料版がすでに、Google play からダウンロードが可能です。

こちらにリンクを張っておきます。

開発元のお話は、

CPMap の操作方法は非常に簡単で、指先の直感的な簡単操作で面を変形させて対象へマッピングし、投影したい画像を設定するだけです。面の数に制限はないので、複雑な立体へのマッピングも可能で、サンプル画像を利用すれば、CG 技術も必要としません。もちろん、自分で作成した CG や撮影した写真、動画なども使用可能です。手軽に持ち運びのできる Android 端末専用アプリですので、対応端末と接続できるプロジェクタがあれば、誰でもどこでもプロジェクションマッピングを作り、楽しむことができるように製作しました。
高い技術が求められ、コストがかかるとされているプロジェクションマッピングですが、「CPMap」を利用することで、パーティの演出や家庭のインテリアとして等、手軽にプロジェクションマッピングを楽しんでいただけます。

との事で、簡単に使えそうです。

ざっくり使い方は、

面を変形させてマッピング 頂点は8つまで増やせ、面の数に制限はありません

面を変形させてマッピング 頂点は8つまで増やせ、面の数に制限はありません

動画、静止画の両方に対応

動画、静止画の両方に対応

秒数を設定して作成 組み合わせ次第でオリジナルな作品になります

秒数を設定して作成 組み合わせ次第でオリジナルな作品になります

こんな感じです。

CPMap の開発をおこなった、株式会社クレストでは、個々で紹介した CPMap の商用利用は禁止としていますが、プロジェクションマッピングの受注も開始し手いるそうで、店頭ディスプレ イやイベント会場での演出など、CPMap を利用することで、従来より低コストでの実施(例:車1台分程度の大きさで2~3分程度、半日の開催として35 万円~(税別、交通費別))が可能となったとのことです。
商用利用や発注をご希望・ご検討の方は、別途ご相談の上、個別対応させていただいておりますので、弊社までお問い合わせください。問い合わせ先のリンクをこちら張っておきます。

CPMap で作成したプロジェクションマッピングの動画もありましたので、ご覧ください。

時間があるときに少し使って見ようかと思います。

何か作品が出来たら、お知らせしますね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。 プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。 実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。 ボチボチ行きますが、お付き合いください。 若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。 愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ