ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2015年08月17日 に以下のカテゴリに投稿されました 3D Printer.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


3D-ビジネスのアイデアを発掘(Digging)するフェスティバル – 3D-Business Digging Festival が開催されます

一般社団法人 中野区産業振興推進機構(ICTCO)と後援各社が開催するフェスティバルとなっていますが、賞金100万円の試作費用が賞品という、3Dプリンタの利用方法、3Dデータの利用方法等のビジネスで活用するためのアイデアを競う内容となっています。

3D-Business Digging Festival - ICTCO

3D-Business Digging Festival – ICTCO

応募の締め切りが8月24日なので、時間が余りありません。

応募される方は、少し急いだほうがよろしかもです。

【3D-Business Digging Festival の目的】
3D-ビジネスのアイデアを発掘(Digging)するフェスティバルです。
良いアイデアを持っていても、実際に起業をするのは大変です。アイデアを持っている人が起業にむいているとは限りません。そこで、アイデアの段階から起業までを支援する「ICTCO起業支援プログラム」を始めます。ビジネス・プロトタイピングと称し、アイデアをビジネスとして試作し、試作がうまくいけば、起業までお手伝いするプログラムです。
本フェスティバルでは、最優秀のアイデアには、試作費用100万円を用意しています。まず、ビジネスのプロトタイプを作ることからお手伝いをいたします。

【第1回テーマ】 “3D Printer of Things”
IoT(Internet of Things) インターネットとモノをつなぐのは、これからの重要な産業になります。今回は、3Dデータとモノをつなぐビジネス・アイデアを募集します。あと数年で、個人でも3Dプリンターを持つ時代になります。3Dデータをアップすれば、世界中で一斉にプリントできることも夢ではない時代が来ます。1時間でプリントできる部品は、世界で10億人がプリントすれば、1時間で10億個できる時代が来るのです。そんな時代に起きるであろうビジネスを広く募集します。あまり深く考えないで、3Dプリンターに少しで関係あるアイデアなら、どんどん応募してみてください。

【審査方法】
1.書類選考 応募期限 8月24日(月)17:00まで
①応募要項の事項を記載した提案書をメールで送付する 送付 seminar@ictco.jp
②書類選考で10組が最終選考会に出席していただきます
③知財件はご本人に所属します
2.最終選考会
(日時) 8月29日(土)13時より16時まで
(選考方法)予選通過の10組に20分間プレゼンテーション
(審査基準)「ビジネス性」・「実現性」/あくまでもビジネスになるアイデア
「意表性」・ 「意外性」・「そこまでやるか」/中野らしい審査基準
3.賞金
1位 プラチナ賞 ビジネス試作費用 *100万円
2位 ゴールド賞 3Dプリンター1台(5万円相当)
ICTCOゴールド会員権(18万円/年相当)
3位 シルバー賞 ICTOCOシルバー会員権(6万円/年相当)
*ビジネス試作費用は、100万円を上限として、ICTCO経由で試作を発注します

応募詳細は≪こちらをご覧下さい

う~む。まぁアイデアがないわけではないのだけれど、少しまとめないといけませんねぇ。

頑張りましょう。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。 プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。 実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。 ボチボチ行きますが、お付き合いください。 若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。 愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ