ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2015年10月31日 に以下のカテゴリに投稿されました iPhone Blog.

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


iOS9 Wi-Fi アシストには要注意 – 米国ではついに訴訟も発生中

iOS9 から、スムーズにインターネット等に接続できるように、気を(よけいな)きかせてくれて、Wi-Fi による通信を行っている際に、電波状況が悪くなると、自動的に 3G や 4G(LTE)に切り替えて、通信を継続する機能 Wi-Fi アシストが搭載されています。

確かに Wi-Fi の電波は、時としては電波が弱くなってしまったりすることがあり、そんな状況からスムーズに LTE 等の回線にシームレスに通信を引きつく(切り替える)機能ですが、これは不要な方にとっては、厄介な機能です。

具体的には、予期しないデータ通信量が発生し、それが課金される。

そう、キャリアのデータ通信網に切り替わってしまうわけなので、データ通信量が増えるのは当たり前で、カツカツの契約で使っている方には、頭の痛い機能といえます。

iOS9 Wi-Fi アシストには要注意

iOS9 Wi-Fi アシストには要注意

ただ、この機能を止めるのは簡単で、止めたとしても iOS8 の時に戻るだけだから、大した影響はなしなのですが、問題は iOS9 にアップデートすると、自動的にこの機能が ON となっていること、加えて、この機能を OFF とするには、設定 -> モバイルデータ通信と進み、すぐに該当の値が表示されるのかとおもいきや、画面をスクロールしてアプリの設定をすっ飛ばし、一番下から2番めのところにこのスイッチが存在するという、ナカナカわかりにくい場所にあるのです。

Wi-Fi アシストで、どの程度のデータ通信量が使われるかについては、使い方にも大きく影響する訳ですが、ちなみにざっくり調べてみると、ほとんど全てのことを Wi-Fi で済ませているので、それがやっぱり時としてではあるけれど、データ通信量として加算される事になってしまう、気持ち悪いし、即効で OFF としてしまいました。

こうしても何も影響ないですよ。

Wi-Fi の電波がなくなれば、リトライを繰り返した後、Wi-Fi のアンテナピクトがなくなって通常の LTE 等の通信に切り替わるだけ。

従って Wi-Fi アシストは、それ以前の段階で、Wi-Fi の通信状況が悪くなった段階で、LTE 等の通信に切り替えを行うという事になりますね。

その復帰の方法については、わからないのだけれども、おそらくは暫くの間は切り替え(復帰)は行われずに Wi-Fi の状況が良くなっても LTE 等を使った通信が継続されるものと思われます。

ユーザーの立場から言えば、iOS9 に搭載された Wi-Fi アシストの機能によって、LTE 回線等を使った際のデータ通信量が増えることになり、経済的な影響を受ける事。

加えてこの機能が iOS9 にアップグレードした途端にデフォルトで ON となっていること。

ユーザーには、この機能の概要は知らされているが、Wi-Fi アシストがアップグレード直後はデフォルトで ON となっている事を知らされていない点が論点となり、米国では訴訟問題にまで発展しています。

まさかキャリアと組んでこのような事を行ったとは思えませんし、スムーズな例えばブラウジングとかを実現するための機能であるとは思うのですが、思わぬところで・・といった感じでしょうか。

Wi-Fi アシストについてアップルが説明しているページはこちらにあります。

データ通信量を気にしていらっしゃる方は、即 OFF としたほうがよろしいですね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。 プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。 実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。 ボチボチ行きますが、お付き合いください。 若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。 愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ