ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2016年02月15日 に以下のカテゴリに投稿されました SIM Blog.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , ,


OCN モバイル ONE を口座振替で MNP して契約してみた – MVNO の選択~申込完了編

まぁ別にクレジットカードで契約してもよかったのだけど、ちょっと訳があって、OCN モバイル ONE を口座振替(銀行口座引き落とし)で契約してみましたよ。

ちなみに口座振替に対応している MVNO は、ざっくり以下のところぐらいの模様です。(2016年2月24日現在)

他にもあると思いますけれど、1年分前払いとか上記の So-net のように引き落とし手数料が必要だったり明細を発行するとさらに100円プラスされるようなところがあるので、注意が必要ですからよく確認してください。

ちなみに今回口座振り込みで申し込んだ理由は、クレジットカードを持っていない新社会人となる者が近くにいるので、その予行演習ということなのです。

普通はクレジットカードで申し込んだほうが、早いし楽だし、スムーズに事が進みます。

そんな理由で口座振替が使えることがまず1点目の選択のポイントであったわけなのですが、どの MVNO にするか決めるには、

  • 料金
  • 安定性
  • 実績
  • その他のサービス

など(スピードもかな)を考慮する必要があると思うのですが、なかなか難しいものがありますね。

選択の際に確認しておくべき注意点はもう1つあって、それは契約の期間ですね。
6か月とか1年とか、よく聞くのはメガキャリアだと2年とか、要約すれば「縛り」の話(期間)の事です。
この期間内に契約したサービスを解約すると、解約違約金が請求されますから。

安かろう悪かろうという言葉がありますが、全てがそうではないにしても、そのように感じることも多いはず。

料金と安定性、実績とは密接に関連していると思います。

実績は勢いの良いフレッシュな会社もいいなって思いますけど、いろいろあることも事実。

やっぱり老舗かなっと思います。

その他のサービスとは、例えば無料・有料の Wi-Fi スポットが充実しているとか、通話時や通話時に無料もしくは低料金で利用できるサービス(カウントフリー等)がおまけでついてきたりと、この部分は各社様々ですが BIGLOBE や OCN モバイル ONE といった老舗が充実していることも事実。
さすがによく考えられていると改めて感じます。

これらを考慮して、料金としてはまずまずの OCN モバイル ONE を選んだわけですが、さすがに老舗、実績は十分、その他のサービスも今は期間限定で無料だけれども大規模な Wi-Fi サービスが利用でき、無料サービスが終わるのは3月とすぐなのですが、必要に応じて追加費用が必要なら払って使えばよいという判断と、加えて通話も 050 plus が月額費用無料で使えて、もう1つ 050 で始まる電話番号がもらえてしまいます。

※追記(2016年7月9日)
再再度のトライアル期間延長を経て、OCN モバイル ONE の Wi-Fi サービスがこちらの記事の通り正式サービスとなりました。
アクセスポイントも 80,000 箇所を超えるという非常に魅力的なサービスが OCN モバイル ONE でもちろん無料で使えます。(条件等はご確認ください)

これ、SMS にも対応していて、050 plus どうしであれば、会話も SMS も無料で使えます。会社内や家族間での連絡等は LINE などと比べると安全だと思うし、よいのではないかなぁって思う。
050 plus で使う通信料はカウントフリーですね。

なお、OCN モバイル ONE の音声対応 SIM の最低利用期間は6か月、この間に解約等を行うと、8,000円の解約違約金が請求されます。
データ専用 SIM の場合には、これらは全く無いのですけど。

また、MVNO では SIM の発行手数料を徴収されるのが普通ですが、OCN モバイル ONE は、パッケージという考え方を採用していて、これを購入しますが、通常3,000円程の負担が必要なこの手数料を無料に近い形にすることもできるのですよ。

アマゾンでも安価に販売されているし、端末(スマートフォン)を購入するとセットでついてくる場合もありますから、探してみてください。

どこの MVNO に決めるかのポイントはこれぐらいだと思います。

ここでは OCN モバイル ONE の採用となったわけですけれどもね。

では、OCN モバイル ONE を口座振替で申込する手順について書きます。

Step – 1

  1. OCN モバイル ONE のカスタマーフロント(0120-506506)に電話を掛ける
  2. 口座振替での申し込みを希望する旨伝える
  3. 今回は au からの MNP なのでその旨と、移行する回線の数と電話番号も伝えておく
  4. わからないことがあれば、ここでついでに聞く
  5. 口座振替申込書が送られて来るのを待つ

これで Step – 1 は、終了です。

ちゃんと担当がついてくれて、開通まで面倒みてくれます。

アマゾンなどで使用する端末(スマートフォン)と OCN モバイル ONE のパッケージを購入してその間に準備を進めておきます。

今回は音声対応 SIM を申し込むので、

OCN モバイル ONE 音声通話機能付き SIM カード

というパッケージを購入します。

ちなみにこれ、1枚の台紙だけで、SIM は入っていません。

台紙にはアクティベートコードが記載されているだけで、これは今後契約を進める際に使用しますので、大切に保管しておきます。

1月12日にカスタマーフロントに電話して、14日に口座振替申込書が届きました。

即記入して返送。

記入には銀行口座の情報と、口座を作ったときに使用した印鑑が必要です。

ちなみに今はネットバンクなどだと印鑑がない場合がありますが、その際には依頼のあった銀行からメールで通知されて口座引き落としの確認を行う(ワンタイムパスワードを使って)ことで口座振替の手続きが完了します。
しかしながら OCN モバイル ONE では、このサービスには対応していないとのことでしたので、印鑑を使用する銀行口座が必要な模様ですね。
ありがたいことに助言も得ることができ、もしもこのようなネットバンクを振替口座としたい場合には、いったん上記のような口座で申し込みしたうえで利用を開始し、その後 Web から振替口座の変更を行えばよいと伺いました。
これはまだできるのかどうかは試していませんけれども、いったん利用を開始してしまえば変更可能ということなのですね。

1月14日に返送したら、OCN モバイル ONE からの連絡(電話)を待ちます。(はやく電話こないっかな~)

この待っている時間は、返送した口座の存在の確認をはじめとした銀行側での処理が行われているのでしょう。

1月20日、OCN モバイル ONE から電話があり、その内容は、

Step-2

  1. MNP での移行なので、au(既存のキャリア)から MNP 番号を取得してほしい
  2. 30分後に再度電話します

との内容。

キタキタ!

って感じで au の MNP 窓口 0077-75470 に電話します。

MNP 番号を出してほしい旨を伝えますが、最初だと「どうか考え直して~」みたいな端末購入時に使うことのできるクーポン発行だとかで引き止め作戦にあい、お付き合いしていると30分はすぐに過ぎてしまって OCN モバイル ONE からの電話に間に合わない!ってことが起きそうです。

これ、クーポンは15,000円程度が上限ですので、これで満足できるわけがないので、きっぱり断るか、この作戦から逃げるには、少し前に一度 MNP 番号を取得してしまって、もう1回電話してその MNP 番号をキャンセルしておけば話が早く終わります。

今回の場合には、意図してそうしたわけではないのですが、早まって MNP 番号を取得してしまって、その有効期限(15日間)が迫ってきてしまったのでいったんキャンセル。
キャンセルするときに端末購入資金に充てることのできるクーポンをもらったのですねぇ。
まぁ一度検討はしたけれども、対象のスマートフォンがダメ、価格的にもダメでしたけど。

そうしておくと OCN モバイル ONE からの MNP 番号の取得の指示が来た時に、スムーズに MNP 番号を出してもらえると思いますよ。(あきらめてくれるから)

2回目の電話が来たのが 1月20日の 13:00 頃、1回目からの電話からちょうど30分。

さすがですねぇ。正確です。

この電話では、MNP による移行なので各電話番号ごとに、

Step-3

  1. 取得した MNP 番号を伝える
  2. 購入したパッケージのアクティベートコードを伝える
  3. システムチェックを行うとのことで3分ほど電話したままおとなしく待つ
  4. プランを決める
  5. SIM のサイズを決める (nano / micro / 標準)
  6. SIM 発送

となります。

今回は実は3回線を移行するので、それなりに時間もかかりますけれども、20分ほどで終わります。

プランは初めての方にはお勧めな 110MB / 1日のプランを選択、ちなみに音声通話も入れて月額1600円 / 回線でございます。

プランは安易に決めて全然大丈夫。

月に1回との制限があるけれども、あとから簡単にプランを変更することができます。
必要な時にはすぐに変更されそれが反映されるので助かります。

SIM は下駄はかせればなんでも対応可能な nano SIM を選択。
そのかわりに他の大きさの SIM として使う時には下駄を用意しておかないといけませんけど、これは安いので問題なし。

はい。これで申込に関する作業は完了です。

後は、OCN モバイル ONE から SIM が送られてくるのを待つだけ。

ちなみに、SIM は宅配便(佐川急便)で、1月22日に届きました。

OCN モバイル ONE - 音声対応 SIM の申込(口座振替)

OCN モバイル ONE – 音声対応 SIM の申込(口座振替)

OCN モバイル ONE - 音声対応 SIM の申込(口座振替)

OCN モバイル ONE – 音声対応 SIM の申込(口座振替)

届いた SIM は開通手続きが必要で、この手続きは別途書きますけれども、MNP による移行の場合には MNP 番号を取得した時に聞いた有効期限の前日までに開通しなければいけません。

口座振替だと、

1月12日 カスタマーフロントに電話
1月14日 口座振替申込書が届く
1月20日 カスタマーフロントから MNP 番号取得の指示
1月20日 カスタマーフロントから再度の電話
1月22日 SIM が届く

という感じですね。

その他に、OCN からの郵送物は2つ(合計3つ)パラパラと届きます。

  • SIM (宅配便)1月22日着
  • OCN 会員登録証(封書)1月25日着
  • 050 plus 申し込み内容にに関する案内(はがき)1月26日着

1月22日の時点で SIM が届いたので、早速開通しましたが全ての書簡が届くまで待ったほうが良いのかも・・・?

ここまでは比較的スムーズに進んだのですけどね。

書類がそろわない時点では、結構わからないことが出てきて、少し混乱しましたが・・そのあたりのことは次回、設定(等)利用開始編で、書いてみましょう。

1回線だけなら、そんなことはないと思うのですが、3回線いっぺんに作業したので・・でもわかってしまえば、どうということはありませんけど。

この辺りが MVNO の設定が厄介とか言われる原因なのかなぁ?

大したことはないと思います。

メガキャリアは月末締めの所が多いと思うので、口座振替で申し込みを行うのであれば、余裕を見て月初めぐらいから作業すると、月の終わりまでには作業が終わると思いますよ。

「OCN モバイル ONE を口座振替で MNP して契約してみた」は以下の3つの記事が有ります。

1回目(この記事) – OCN モバイル ONE を口座振替で MNP して契約してみた – MVNO の選択~申込完了編

2回目 – OCN モバイル ONE を口座振替で MNP して契約してみた – 設定(等)開通・利用開始編

3回目- OCN モバイル ONE を口座振替で MNP して契約してみた – その他の設定(050 plus等)

投稿者のプロフィール

minorus
minorus

電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きまが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。


4 Comments

  1. […] 1回目 – OCN モバイル ONE を口座振替で MNP して契約してみた – MVNO の選択~申込完了編 […]

  2. […] 1回目 – OCN モバイル ONE を口座振替で MNP して契約してみた – MVNO の選択~申込完了編 […]

  3. 2016/07/27

    「wifiでsms無料」は単なる勘違いかと思われますが。OCNは国内SMS月5回ほどは無料ですし。

    • minorus
      2016/07/27
      minorus

      n さま 050 plus は通話も SMS も 050 plus 同士なら無料ですね。通信料も。
      OCN モバイル ONE の SMS 機能についてはおっしゃる通りです。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ