ピックワールド(PIC World)

SONY Mobile Comunications が MWC 2016 で Xperia X シリーズなどを発表 – 日本での販売は今夏以降、最上機種のみ(なんで?)

SONY Mobile Comunications がスペイン・バルセロナで開催されている MWC 2016 (Mobile World Congress 2016)で、時期 Xperia スマートフォン3機種と、Xperia スマートプロダクツと呼ばれる製品群を発表しました。

発表に内容は、

Xperia X シリーズ

  • Xperia X Performance
  • Xperia X
  • Xperia XA

の3機種です。日本では最上位機種となる Xperia X Performance が今夏以降に販売開始の予定との事で、X / XA についての販売の予定は現時点ではないそうです。

仕様の違いは、

Xperia X Performance

Xperia X Performance

Xperia X Performance は Qualcomm 社製 64ビット クアッドコアプロセッサー Snapdragon™ 820 が搭載される現時点では超ハイパフォーマンス機との位置づけ。

Xperia X

Xperia X

Xperia X は Qualcomm 社製 64ビット ヘキサコアプロセッサー Snapdragon™ 650 を搭載したハイミドルレンジの機種です。

Xperia X

Xperia X

Xperia XA は Mediatek 製の Helio P10 MT6755(オクタコア)を搭載したミドルレンジとなっています。

どのモデルも 5インチの液晶を採用してはいますが、X Performance と X の解像度は 4K とはなっていない模様で、HD だとのことです。カメラは 23M / 13M となっています。
XA の解像度は 720 x 1280 です。カメラは 13M / 8M です。

それぞれのモデルは、こちらのリンクで仕様を確認できます。

Xperia X Performance

Xperia X

Xperia XA

注目を集めることは間違いないでしょう。いよいよ 820 搭載の機種が出てくるのですから。

でも SONY からは、650 搭載の Xperia X でも十分なパフォーマンスとしておりながらも、おひざ元の日本でなぜ Xperia X Performance しか販売しない(予定)なのかよくわかりません。

価格は見るからに高そうな感じですでねぇ。
海外製のスマートフォンには太刀打ちできないと・・いう判断なのかな?

同時に発表された Xperia スマートプロダクツは以下の通りです。

Xperia Ear

Xperia Ear

  • Xperia Ear
    『Xperia Ear』は、耳に装着し、スマートフォンとワイヤレス接続で組み合わせて使用することで、ハンズフリーで新しいコミュニケーションの形を提案する商品です。
    ソニーのボイステクノロジーと近接センサーの組み合わせにより、耳に装着することで、スケジュール、天気、ニュースなどの情報を聞くことができます。
    Bluetooth®またはNFC(Near Field Communication)でスマートフォンと接続し、音声で指示を出すことにより、通話、インターネット検索、メッセージの読み上げ、ナビゲーションなどを行うことができます。
    充電機能を備えたケースに収納することで、自動的に再充電されます。
    本体の耳と接触する部分には、柔軟性のある素材を使用し、フィット感と軽量感を追求するとともに、IPX2(*4)相当の防水性能を有しています。
    *4) IPX2とは、防水性能の保護等級です。
  • Xperia Eye(参考展示)
    『Xperia Eye』は、首から下げたり、衣服に装着することで、ハンズフリーで撮影を楽しめるコンパクトカメラです。ソニーのカメラおよびセンシング技術を最小の形状にまとめ、360°球面レンズ搭載により日常の自然な雰囲気を撮影できます。また、顔や声で撮影タイミングを検知するインテリジェントシャッターで、撮影タイミングを意識せずに写真を撮ることができます。
  • Xperia Projector(参考展示)
    『Xperia Projector』は、プロジェクターで映し出したスクリーンに直接触れたり、声やジェスチャーで操作することで、家族全員が一緒に楽しみながらコミュニケーションをとれる空間を提供します。直観的に操作できるユーザーインターフェースを用いて、家族にフォーカスした新しいコミュニケーションスタイルを提案します。
  • Xperia Agent(参考展示)
    『Xperia Agent』は、ユーザーの声に反応し、人々の日常を声としぐさでアシストします。ユーザーに合った情報を提供したり、通話やSNSなどのコミュニケーションをアシストしたり、家電をコントロールすることで、生活を便利にすることを目指します。
車載用Bluetooth® コマンダー 『RM-X7BT』

車載用Bluetooth® コマンダー 『RM-X7BT』

  • 車載用Bluetooth® コマンダー 『RM-X7BT』(*5)
    『RM-X7BT』は、スマートフォンとのワイヤレス接続で使用することで、運転中もスマートフォンの画面を操作することなく快適に機能を楽しむことができるアクセサリー商品です。
    ソニーのボイステクノロジーにより、運転中も通話などのスマートフォンの主要な機能をハンズフリーで使用することができます。
    ワイヤレス接続したスマートフォンの音楽を再生します。
    *5)『RM-X7BT』は、ソニー株式会社の商品です。

詳しくは英文のプレスリリースをご覧ください。

http://blogs.sonymobile.com/category/press-releases/
仕様の詳細はこちらをご覧ください。
http://www.sonymobile.com/global-en/products/phones/xperia-x/
http://www.sonymobile.com/global-en/products/phones/xperia-x-performance
http://www.sonymobile.com/global-en/products/phones/xperia-xa/

*Xperiaは、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社の商標または登録商標です。
*その他記載されている製品名等は各社の商標または登録商標です。

車載用Bluetooth® コマンダー 『RM-X7BT』という製品は、懐かしいです。

SONY のカーオーディオを選んだ一つの理由にワイヤードではありましたが、似たようなリモコン装置があったのですよ。おおそうだったロータリーコマンダーという製品。

ロータリーコマンダー - 販売終了製品

ロータリーコマンダー – 販売終了製品

形状もワイパーの操作と同じようにできるもので、ステアリングコラムなどに張り付けて使用するものでしたが、オーディオ装置まで手を伸ばすことも必要なく、手元で操作できるので、安全だし使いやすいしで、まだ手元にあるんじゃないかなぁと思います。
今度の製品は、Bluetooth で接続ですから、対応機器がたくさんあればよいのですけど、Xperia って入っているから他機種ではダメかな・・

投稿者のプロフィール

minorus
minorus

電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きまが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。


One Comment

  1. […] こちらの記事でも紹介していますが、同じように3機種が発表され、日本では最上位機種の Xperia X Performance という機種(のみ)の販売を表明しています。 […]

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ