ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2016年07月04日 に以下のカテゴリに投稿されました Smart Phone.

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


シャープと富士通から SIM ロックフリースマートフォン登場 – AQUOS mini / arrows M03 共に7月下旬から販売開始

国内勢から SIM ロックフリーのスマートフォンが 7月下旬から販売開始の予定です。

  • シャープ AQUOS mini (SH-M03)
  • 富士通 arrows M03

どちらも Android 6.0 を搭載したスマートフォンです。

ざっくりではありますが、下記に特徴をまとめておきます。

AQUOS mini (SH-M03)

AQUOS mini (SH-M03)

AQUOS mini (SH-M03)

狭額縁デザイン「EDGEST(エッジスト)」を採用し持ちやすい本体サイズを実現したほか、ハイスピードIGZO液晶ディスプレイ※2や高機能カメラ、防水・防塵、おサイフケータイなどが利用できるハイエンドなコンパクトスマートフォン。

日本市場で要望の高いワンセグ、緊急地震速報、VoLTE通話、伝言メモ(簡易留守録機能)といった機能に加え、当社独自の機能で感情豊かに話しかけてくれる「エモパー」も搭載しています。

主な特長

  1. 持ちやすさと高機能を兼ね備えたコンパクトな本体デザイン
  2. 映像もスクロールもなめらかに表示できるハイスピードIGZO液晶ディスプレイを搭載
  3. 光学式手ブレ補正や、通常のビデオ撮影の4倍のコマ数(120fps)で撮影できる
    高性能カメラを搭載

主な仕様

サイズ

約126mm×66mm×8.9mm(最厚部:9.0mm) (高さ×幅×厚さ)

質量

約120g

ディスプレイ部

約4.7インチ IGZO 1,080×1,920ドット フルHD

カメラ部

(アウトカメラ)

有効画素数 約1,310万画素 CMOS 裏面照射型

(インカメラ)

有効画素数 約500万画素 CMOS 裏面照射型

プラットフォーム

AndroidTM 6.0

バッテリー容量

2,810mAh

CPU

Qualcomm® SnapdragonTM 808 processor

ヘキサコア1.8GHz(デュアル)+1.4GHz(クアッド)

メモリ(内蔵/外部)

RAM 3GB、ROM 16GB/最大200GB(microSDXCカード)

無線LAN

IEEE 802.11a/b/g/n/ac
(Wi-Fi®テザリング対応)

 

4.7インチの狭額ディスプレイですから、手のひらの小さい方でも大丈夫なミドルレンジのスマートフォンですね。

 

arrows M03

arrows M03

arrows M03

アルマイト処理を施したアルミ素材を側面に入れることで傷をつきにくくするとともに、鉱石の断面のような滑らかで艶のある素材を採用した背面パネルにより、高級感のある美しいデザインを実現し、長く美しく使うことができるスマートフォンです。
日本製ならではのワンセグ、「おサイフケータイ®」など機能面も充実しています。さらに、3日を超える電池持ちや防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)への対応、米国国防総省の調達基準であるMIL規格の14項目にも準拠しています。

主な特徴

  1. 思い出を綺麗に残せる高性能カメラ
    F値2.0の高性能レンズに加え、1,310万画素の積層裏面照射型CMOSセンサーにより、薄暗いシーンでも人物と風景が明るく綺麗に撮影できます。インカメラは約85度の範囲を撮影できる超広角レンズを採用しており、街並みや友人たちとのグループショットなど、より広い範囲の撮影が可能です。また、リアルタイムHDR(ハイダイナミックレンジ)機能も搭載しているため、逆光のように明暗がある写真もファインダー上で仕上がりを確認しながら綺麗に撮影できます。
  2. さらに薄く、高級感のある美しいデザイン
    従来機(注5)よりさらに薄い7.8mmの薄型ボディーは、高級感のある美しいデザインを実現しました。一つの塊から削り出したようなデザインは、ダイナミックさ、繊細さを兼ね備えており、サイドフレームの四隅に設けたくぼみは、縦でも横でも持ちやすく、使いやすい形状となっています。
  3. 3日を超える安心の電池持ち
    2,580mAhの大容量バッテリーを搭載し、当社独自の省電力技術である「NX!Tune」により、3日を超える電池持ちを実現しました。
  4. 高速ダウンロードとマルチコネクションで安定通信
    動画などのダウンロード時、サーバへのリクエスト数を増やした当社独自の高速ダウンロードと、Wi-Fi接続に3G/LTEを自動で追加接続するマルチコネクションで、高速で安定したダウンロードを実現します。
  5. 堅牢設計で、使うシーンを選ばない
    傷に強いコーティングと、ディスプレイ周囲にわずかなフチを立てることで落下時の衝撃からディスプレイの割れを防止する構造により、長く美しく使えます。また、防水(IPX5/8)・防塵(IP6X)対応に加え、米国国防総省の調達基準である「MIL-STD-810G」の14項目にも準拠しており、キッチンやお風呂といった水を使う場面や、夏のキャンプ場など様々なシーンで安心して使えます。
  6. 「arrows」が目指す心地よさを支える基本機能・性能
    ロッドアンテナ付きのワンセグ搭載により、いつでもテレビを視聴することができます。また、雑踏など騒音が気になる場所でも、通話相手の聞こえにくい声を自動調整して聞き取りやすくする「スーパーはっきりボイス4」や、2つのマイクで周囲の騒音を検知し、自動的に雑音を抑えクリアな音声で会話を可能にする「スーパーダブルマイク」、豊富な単語数を備えた日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS(スーパー エイトック ウルティアス)」など高い性能を持つ基本機能も充実しています。
  7. 「FeliCa」対応
    電子マネーやクーポンとして使える「おサイフケータイ®」にも対応しました。電子マネーでショッピングを楽しんだり、ポイントカードの代わりに使えたり、生活がもっと便利に、お得になります。

主な仕様

外形寸法(H×W×D)約144mm×72mm×7.8mm
質量約141g
連続通話時間※4LTE約770分(予定)
3G約700分(予定)
連続待受時間※4LTE約640時間(予定)
3G約780時間(予定)
バッテリー充電時間約150分(予定)
ディスプレイ約5.0インチHD IPS液晶(720×1280)
OSAndroid™ 6.0
カメラアウト(背面)約1310万画素 CMOS
イン(前面)約500万画素 CMOS
CPUMSM8916 1.2GHz Quad Core
メモリ内蔵ROM:16GB/RAM:2GB
外部microSD/microSDHC/microSDXC(最大200GB)
バッテリー容量2580mAh
通信LTEBand1/3/8/19/26
3GBand1/5/6/8/19
GSM850MHz、900MHz、1800MHz、1900MHz
Wi-Fi/テザリング◯(IEEE802.11a/b/g/n)2.4GHz/◯
その他GPS/NFC/FeliCa/Bluetooth 4.1
SIMサイズnanoSIM対応

 

5インチですから今となっては普通のサイズですね。
さすがに日本のメーカーが出すスマートフォンって感じがしますが、少し SoC の能力が低いような気もします。

どちらのスマートフォンも、7月下旬ごろから、沢山ある MVNO 各社が取り扱いを開始すると思われますが、現時点では arrows M03 が4万円ぐらい、AQUOS mini がもう少し安いかなという感じ。

で、このスペックだとやっぱり中華製をはじめとした海外勢には価格的には完敗という感じ。

どちらも日本のユーザー向けのスペックを強調しているので、そのあたりのウケがどうなのかってところが、着目点だろうなぁと思います。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ