ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2016年07月16日 に以下のカテゴリに投稿されました Robot.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , ,


「鉄腕アトム」の世界を通して いつかくるであろう「ロボットと暮らす未来」を 空想と現実の両面から紹介(横浜人形の家)

横浜市からのお知らせです。

横浜人形の家で「ロボットと暮らす未来」という特別展が開催されます。

開催期間は7月16日~9月25日までとなっていますから、夏休みのお子様と一緒にお出かけになってもよいかと思いますよ。

内容は、鉄腕アトムの世界を例に空想と現実の両端から垣間見る将来来るであろう「ロボットと暮らす未来」がどのようなものなのかを説明したものとなっているとのことです。

「鉄腕アトム」の世界を通して いつかくるであろう「ロボットと暮らす未来」を 空想と現実の両面から紹介(横浜人形の家)
鉄腕アトム ロボットと暮らす未来展
横浜市

横浜人形の家は、7月16日(土)より特別展「鉄腕アトム ロボットと暮らす未来展」を9月25日(日)まで開催いたします。

鉄腕アトム ロボットと暮らす未来展 - 横浜人形の家

鉄腕アトム ロボットと暮らす未来展 – 横浜人形の家

横浜人形の家は、7月16日(土)より特別展「鉄腕アトム ロボットと暮らす未来展」を開催します。
人形は古来より子どもたちの良き友人であったり、祭事などで人の身代わりになるなど、様々な場面で人々のしあわせを支えてきました。
そして、近年、人形のひとつとも考えられるロボットが注目を浴びはじめ、人の手では困難な作業を行ったり、人の話し相手になるなど、人々の暮らしを支え始めています。 このままロボット技術の研究がさらに進めば、マンガ「鉄腕アトム」に描かれた未来のように、ロボットが人と同じ小学校に通い、友だちになることや、同じ職場で肩を並べて働くようになる時代も、いつかやってくるかもしれません。
本展では、「鉄腕アトム」の作中に描かれるロボットと人が共存する暮らしをご紹介します。 また、現在、生活支援ロボットの実用化・普及を進める取り組みとして、神奈川県を中心に行われている「さがみロボット産業特区」についてもご紹介し、いつかくるであろう「ロボットと暮らす未来」を空想と現実の両面から垣間見ることができる展覧会といたします。
http://www.doll-museum.jp/html/event/atom.html

鉄腕アトム -お休み中

鉄腕アトム -お休み中

【会場】横浜人形の家3階 企画展示室
【期間】平成28年7月16日(土)〜9月25日(日)
【内容】
■第1章「鉄腕アトム」に見る ロボットと暮らす未来
「鉄腕アトム」に描かれたロボットや人々の暮らしを、作品解説と複製原稿によりご紹介します。また、手塚治虫の直筆原稿の展示や、アトムとの記念撮影コーナーもございます。
■第2章 ロボットと暮らす未来は、すぐそこに
現実の世界における、ロボットに関する大きな取り組みの一つとして、「さがみロボット産業特区」をご紹介すると共に、実際に「さがみ」から生まれ、活躍中のロボット「PALRO(パルロ)」と「火山対応ロボット」も展示いたします。
【連動イベント】
(1)アトムのスタンプラリー開催
横浜人形の家に隠されたすべてのスタンプを集めて、イベント限定ポストカードをもらおう
期間:平成28年7月16日(土)〜9月25日(日)
定員:各日100名限定
参加費:無料
(2)人を助けるロボットの未来
火山の調査を行い、災害の軽減化をはかることを目的に作られた「火山対応ロボット」の役割を学び、実際に動く姿を見ることができるイベントです。
期間:平成28年8月21日(日)
時間:11:00/13:00
協力:株式会社移動ロボット研究所
(3)人と話すロボットの未来

人型コミュニケーションロボット「PALRO(パルロ)」

人型コミュニケーションロボット「PALRO(パルロ)」

人と会話し、人の生活をより豊かにすることを目的に作られた人型コミュニケーションロボット「PALRO(パルロ)」と、実際に会話をして友だちになろう。
期間:平成28年9月18日(日)・19日(祝)
時間:11:00/13:00/15:00
参加方法:各日程当日9:30より整理券配布
協力:富士ソフト株式会社
【料金】大人(高校生以上)800円、小人(中学生・小学生)500円
※上記観覧料で常設展もご覧いただけます
【協力】手塚プロダクション、さがみロボット産業特区協議会
【コピーライト】© Tezuka Productions

【お問合せ先】
横浜人形の家 山田
電話:045-671-9361
メールアドレス:info@doll-museum.jp
FAX:045-671-9022

開催期間も長いし、日によって催しも開催される模様ですね。

横浜人形の家のページはこちらにあります。

マリンタワーの近くですから、お昼は中華街かな?

周りには観光スポットがたくさんあります~

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。 プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。 実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。 ボチボチ行きますが、お付き合いください。 若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。 愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ