ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2016年08月22日 に以下のカテゴリに投稿されました 3D Printer.

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


賞金総額 100 万円!国際 3D プリントデザインコンテスト「LEVEL∞ AIR VENT HACK DESIGN CONTEST」が開催されます

PC ケースの空気口のデザインを競うコンテストです。

3D プリンターで出力することを想定していて、賞金総額は100万円にも達するという、国際 3D プリントデザインコンテスト、「LEVEL∞ AIR VENT HACK DESIGN CONTEST」が開催されますよ。

多分ですが、かっこよいのはいくらでも出てくるだろうと思うのですが、空気の流れを考えて、効率を落とさないように設計するのはなかなか難しいでしょうね。

3D CAD もそこそこいじることができるようになってきて、3D プリントしていますけれども、(そこそこ)能力の高いマシンでないと、特に表示や計算を必要とする部分は難しいです。

さてさて、そんなにカッコよいものはできないけど、少し考えてみようかな?って思います。

賞金総額100万円!国際3Dプリントデザインコンテスト「LEVEL∞ AIR VENT HACK DESIGN CONTEST」開催
株式会社カブク

株式会社カブク(本社:東京都新宿区、代表取締役:稲田 雅彦)の運営する、3Dプリントを使ったデジタルものづくりプラットフォーム「Rinkak(リンカク)」と株式会社ユニットコム(代表取締役:髙島 勇二、本社:大阪市浪速区)が開発した、PCゲームライフをとことん楽しむためのハイスペックPCライン「LEVEL∞(レベルインフィニティ)が共催し、国際3Dプリントデザインコンテスト「LEVEL∞ AIR VENT HACK DESIGN CONTEST」を開催致します。

LEVEL∞ AIR VENT HACK DESIGN CONTEST

LEVEL∞ AIR VENT HACK DESIGN CONTEST

【「LEVEL∞ AIR VENT HACK DESIGN CONTEST」概要】

■  特設エントリーサイト(本サイトは8月下旬リリース予定)
国内(日本語):https://www.rinkak.com/jp/contest/level_infinity_airventhack
国外(英語):https://www.rinkak.com/us/contest/level_infinity_airventhack

■  募集内容
3Dプリントでカスタムが可能な小型ゲーミングパソコン「 iiyama PC LEVEL∞」の前面に配置された空気口パーツの公開3Dデータを基に、思い思いにデザインしていただきます。

LEVEL∞ AIR VENT HACK DESIGN CONTEST

LEVEL∞ AIR VENT HACK DESIGN CONTEST

■ 審査基準
・アイデアのオリジナリティ
・アート性/デザイン性が優れていること
・パソコンのカスタムデザインの可能性を拡げるもの
・3Dプリントできること

■ 賞総金
・総額100万円
・主催者による実店舗販売に向けたサポート
・参加賞(応募者全員)

■ 参加資格
・プロ、アマ、国籍問わずどなたでもご応募いただけます。
・コンテストは3部門(アート部門・プロダクト部門・2Dグラフィック部門)あり、複数応募が可能です。
・別のアワード、コンテスト、メディアで発表済のアイデアも応募ができます。

■  参加方法
デザイン案をご準備いただき、上記の特設エントリーサイトからご応募ください。
(参加にはRinkakアカウントが必要になります。)
※本サイトのリリースは8月下旬を予定しています。

■ 株式会社ユニットコムについて
代表者 : 代表取締役 髙島 勇二
本社所在地 :〒556-0005 大阪市浪速区日本橋4-16-1
事業内容  : オリジナルパソコン(iiyama PC)、パソコンパーツ、ソフトウェア、パソコン周辺機器の販売、パソコン・スマートフォンの修理・設定・設置サービス、データ復旧サービス、メモリアーカイブサービス、中古買取・販売

■ Rinkakについて

Rinkak

Rinkak

「Rinkak(リンカク)」( https://www.rinkak.com )は、 3Dプリンターなどのデジタル製造技術を用いた新しいものづくりマーケットプレイスです。 ユーザーはRinkakに3Dデータをアップロードするだけで高性能な製造設備でプロダクトを製造・販売できます。 プロダクトは受注毎にオンデマンドで製造するため、 クリエイターは在庫を持つことなく1つからプロダクトの販売ができます。 また素材に関しても一般的なプラスチックだけでなく、 陶器や金属、 ラバーまで多様な素材で作品を製造することが可能です。 Rinkakは多種多様な分野のクリエイターとユーザーによる創発性の高いコラボレーションが行われ、 消費者が求める斬新で独自性の高いプロダクトが世の中に生まれる受け皿となることを目的としています。

■ 株式会社カブクについて

カブク

カブク

株式会社カブク( http://www.kabuku.co.jp )はデジタル製造技術をコアテクノロジーとした、 ハードウェアとソフトウェアとデザインを融合したプロダクト・サービス開発を行っています。「Rinkak Business(リンカクビジネス)(https://www.rinkak-services.com/ja/business/)」では法人のお客様向けに3Dプリント技術のソリューション提供、デジタルクリエイターが世界で活躍するにあたってのサポート、 産官学連携による先端技術研究等に携わっています。2014年には電通との業務提携を行い、 トヨタ、 ロフト、 コンランショップ、 カルピス、 フジテレビ、 TBS、 博報堂との協業実績があります。 また、「Rinkak Factory(リンカクファクトリー)(https://www.rinkak-services.com/ja/factory/)」では、3Dプリンターで製造する工場向けのクラウド基幹業務クラウドサービス「Rinkak 3D Printing Manufacturing Management Service(Rinkak 3D Printing  MMS)(https://www.3dprinting-mms.com/ja/)」、世界中のお客様から3Dプリンター出力の製造受託できるパートナープログラムを提供しています。さらに、オープンイノベーション型マーケティングインフラとなる唯一の3Dプリントサービス「Rinkak Marketplace(リンカクマーケットプレイス)(https://www.rinkak.com/jp/)」を提供しています。「Rinkak Marketplace(リンカクマーケットプレイス)」は、 アジアで最大の3Dプリント製品のマーケットプレイスにまで成長しています。

━━ 会社概要 ━━
【社 名】 :株式会社カブク(Kabuku Inc.)
【所在地】 :東京都新宿区
【URL】  : http://www.kabuku.co.jp
【代表者】 :稲田 雅彦
【設立年月】:2013年1月
【事業内容】:インターネット関連サービス、 コミュニティ運営、 3DCAD・CG系ソフトウェアプロダクトの研究開発、 プロダクトデザイン・開発、 先端テクノロジーの研究
【問い合わせ先】Email : contact@kabuku.co.jp

う~ん。結構難しそう・・

 

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ