ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2016年12月16日 に以下のカテゴリに投稿されました IoT.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , , , ,


接続するだけで既存機器をIoT化する「IoT コネクター」 – TLS による通信でセキュリティも考えられている

単純ではあるのだけれど、使いやすそうな「IoT コネクター」という製品が発表されました。

単純に接点出力が2つ、接点入力が2つ、そしてシリアル通信はオプション。

こういう機器が LAN 環境につながり、ホストと TLS を使って通信する。

TLS により、「IoT コネクター」で収集したデータをサーバーに集めたり、サーバーから「IoT コネクター」に指示を出して、接続された機器をコントロールするという構想。

これだけでも工夫次第でなかなか使えるコネクターだと思いますね。

バニーホップ、接続するだけで既存機器をIoT化する「IoTコネクター」を発表
〜VPN設定が不要で安全なリモート接続が可能に〜
株式会社バニーホップ

株式会社バニーホップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:澤 規仁、以下 バニーホップ)は、接続するだけで機器をIoT製品化するLANコネクター製品「IoTコネクター」の提供を開始したことを発表します。
IoTコネクターを接続した機器は、PCやスマートフォンからインターネット経由での遠隔操作が可能になります。IoTコネクター自身がクラウドとの暗号化通信を確立するので、VPNやファイアウォールなどの設定は不要です。すでに設置済みの機器にも取り付けが可能です。

これにより、様々な業界・分野で簡単に製品のセキュリティを確保した遠隔操作、IoT化が可能になります。

IoTコネクターで可能な遠隔操作の例

IoTコネクターは、接点(入出力)および、シリアル通信が可能な機器に接続し、遠隔操作が可能です。例えば住宅設備関連では、自動ドア、電気錠、警報装置、漏電や水位などの建設設備センサー、電動バルブなどへの接続が可能で、遠隔から以下のような操作が可能です。

・カレンダーや時刻設定によるタイマー起動
・一度にたくさんの機器を制御
・動作状況の確認や通知
・スマートフォンからの遠隔操作

セキュリティを確保した通信の仕組み

IoTコネクター自体が、クラウドとの暗号化トンネル通信(TLS)を確立するため、VPNやファイアウォールなどのネットワーク工事は不要です。

機器の制御プログラムを、クラウド上に設置することで、PCやスマートフォンからの遠隔操作が可能になります。クラウドはアマゾン ウェブ サービス (以下、AWS)IoTプラットフォーム(※)に対応しています。今後、バニーホップでは、以下のような制御プログラムのライブラリも提供予定です。

・死活監視
・動作ログ管理
・メール、チャット通知
・グラフ表示
・データストレージ機能

IoTコネクター - 構成図

IoTコネクター – 構成図

※  Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、Amazon Workspaces、およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。(https://aws.amazon.com/jp/iot/

IoTコネクターの製品仕様

・インタフェース:接点出力×2、接点入力×2、シリアル通信×2(※シリアル通信はオプション)
・電源:5V
・動作保証温度:-40℃〜85℃
・消費電流:typ 180mA
・サイズ:縦77mm、横36mm、高さ28mm

IoTコネクター - 製品外観

IoTコネクター – 製品外観

IoTコネクター - 内部基板

IoTコネクター – 内部基板

IoTコネクター - 管理画面

IoTコネクター – 管理画面

■株式会社バニーホップについて

株式会社バニーホップはIoT製品の企画、開発を行っています。
六本木ヒルズけやき坂イルミネーションのスマートフォン操作や、戸田建設のIoT地震センサー「ユレかんち」(http://www.toda.co.jp/tech/earthquake/earthquake_13.html)
など、様々なIoT製品を提供しています。

■本リリースに関するお問い合わせ

株式会社バニーホップ 担当:石川
【TEL】 03-6407-1866 【E-mail】 info@bunnyhop.jp
【住所】 〒151-0053 東京都渋谷区代々木5-67-1 Jビル B2
【公式サイト】 http://www.bunnyhop.jp/

以上

まだ発表の段階で、価格が明記されていませんが、ハードウエア自体はそれほど効果ということはないのではないでしょうか?

ただし、サービスと組み合わせるた月額費用がどれほどになるのかは不明なところではあります。

機能に加えて安価であれば、利用する機会もありそうに思います。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ