ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2017年01月09日 に以下のカテゴリに投稿されました Others (その他).

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


「日本経済新聞 電子版」有料会員50万人に到達 – 創刊6年10ヶ月、20代読者がけん引

特に新聞の一般紙って購読者が減っているのですってね。

当たり前だと思う。

特に夕刊なんて、読むところ、ろくにないし。

広告?

まぁ面白いとは思うけれど、今は Web から見ることもできるしね。

テレビ番組表?

テレビで見られるものね。

困らないから、いらないという構図。

でもさすがに日経新聞は、読んどかないとお外に出た時、知らないじゃねぇ。まずいからかな?

創刊7年弱で有料会員が50万人に達したと、先日発表がありました。

なんと20代の読者が会員数をけん引していると。

スミマセンでした。ゲームばかりやってるわけじゃないんだよねぇ。

それにしても1月分の費用は結構な値段となっているし、印刷する必要はないし、日本経済新聞社としてもまずまずといったところなのかな?

無料会員だとあと10本読むことができますなんて出てくるけれど、あれでホントに短くてほしい内容でなかった時にはムカッとくるよねぇ。あのやり方もうまくいっているということなのか?

まぁ、時々お世話にはなっているので、というわけでもありませんが、おめでとうございます。

「日本経済新聞 電子版」有料会員50万人に 創刊6年10ヶ月、20代読者がけん引
株式会社 日本経済新聞社

日本経済新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡田直敏)が提供する「日本経済新聞 電子版」の有料会員数が50万人を超えました。2010年3月の創刊から6年10ヶ月。国内の新聞社の有料報道サイトで初の大台到達になります。日経電子版は今後も読者のニーズを吸い上げ、仕事や投資に役立つ情報サービスとして進化を続けていきます。

「日本経済新聞 電子版」有料会員50万人に到達

「日本経済新聞 電子版」有料会員50万人に到達

世界の新聞社の有料報道サイトでは、米ニューヨーク・タイムズの電子版の有料会員数が155万人(2016年9月時点)とトップで、2位は米ウォール・ストリート・ジャーナルの電子版が96万人(同)。3位は日経グループの英フィナンシャル・タイムズ(FT)の64万人で、日経電子版はそれに次ぐ規模です。日経・FTグループでみると電子版有料会員数は合わせて114万人となり、2位グループに浮上します。

日経電子版の有料会員の属性をみると、20代の若い読者が電子版の成長を支えていることが分かります。年間の新規有料会員数では2014年から20代が世代別でトップになり、2016年は全体の3分の1を占めました。就職活動中の学生の企業研究や、社会人になってからの情報収集に日経電子版を購読するケースが増えています。女性の比率も年々上昇しており、2016年の新規有料会員に占める比率が22%と、創刊当初と比べてほぼ倍増しました。社会における女性の活躍が追い風になっていて、キャリアアップに役立つ記事がよく読まれています。

「日本経済新聞 電子版」有料会員50万人に到達

「日本経済新聞 電子版」有料会員50万人に到達

日経電子版は2010年3月の創刊から、新しいコンテンツ表現やモバイル時代に合った機能・サービスを磨いてきました。コンテンツ面では「ビジュアルデータ」で、グラフや画像を読者が画面上で動かしながらニュースを読む手法に挑戦。米大統領選など注目ニュースは刻々と変わる情勢を交流サイト(SNS)で配信し、マーケットに影響の大きい日銀総裁会見をライブ中継するなど速報性も強化しています。

サービス面ではスマートフォンやタブレットで読みやすい「日経電子版アプリ」や「紙面ビューアーアプリ」の改良を続けています。2016年末には非上場を含めた企業・業界のニュースや財務情報を網羅した「日経会社情報デジタル」をスタートしました。日経電子版は今後もジャーナリズムとサービスの両面から読者に新たな体験を提供していきます。

■「日経電子版 有料会員50万人の軌跡」特設ページはこちら
http://s.nikkei.com/nk50

■日経電子版
http://www.nikkei.com/

■「初割」キャンペーン実施中
日経電子版は2017年1月25日(水)までの申し込みで、日経電子版が2月末まで無料になる「初割」キャンペーンを実施中です。通常は申し込み月のみ無料ですが、日経電子版なら2月分の料金4200円、新聞と電子版がセットの日経Wプランなら電子版部分の料金1000円が割引になります。さらに、日経産業新聞ビューアー、日経MJビューアー、日経ビジネスDigitalなど有料会員向けの各種オプションサービスも新規申し込みで2月末まで無料になります。

■初割の申し込み・詳細はこちら
http://s.nikkei.com/17hwp

【日本経済新聞社について】
日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。主力媒体である『日本経済新聞』の発行部数は現在約273万部で、約1300人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。2010年3月に創刊した『日本経済新聞 電子版』の有料会員数は現在50万人、有料・無料登録を合わせて約330万人になっています。

以上

混んでいる電車の中で、今どき新聞紙広げて新聞読んでたら、若い人にどやされるなんてこともあるのかも・・ね。

気お付けましょう。

しかし、ニューヨークタイムズの電子版の読者の数って、案外少ないのに驚いた。

そういう意味では日経の50万人っていうのは、すごい数字なのかもしれないですね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ