ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2017年03月28日 に以下のカテゴリに投稿されました SIM Blog.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , , , , , ,


U-mobile S についてちょっと考えてみたけれど・・ – ソフトバンクの回線を使った MVNO SIM サービス

手元にソフトバンクの iPhone があるのでね。

これは iPhone 5 かな?

既にメインでは使わなくなったもので、いまは Wi-Fi でしか使っていない・・

U-mobile S ‐ ソフトバンクの回線を使った MVNO SIM

U-mobile S ‐ ソフトバンクの回線を使った MVNO SIM

先日 U-mobile が U-mobile S という、例のガタガタもめてた、ソフトバンクの回線を使った MVNO SIM サービスが開始されたので、どんなものだか少し考えてみた。

まずは、何をそんなにもめてたかということだが、これは今回サービスを開始した U-mobile に回線を(さらに)卸している日本通信がソフトバンクとガタガタしていて、というか、ソフトバンクがちゃんと対応していなかったようで、双方で考えに対して相違が生じていたということなのですね。

その相違は、想像の範囲であるけれども、おそらくは、ソフトバンクを経由した iPhone をはじめとしたスマートフォンに対し、SIM ロックがかかっている状態では使用できない SIM をソフトバンクが提供するということに関して、日本通信は当然ロックがかかっていてもドコモのスマートフォンと同様に使えるのが当然と主張したことの模様。

まぁ、先例(ドコモ)もあることだし、大体 SIM ロックがかかった状態で使用できない SIM を提供されたとしても、一般の人はソフトバンクに SIM ロックの解除をお願いして使用しなければならない不便さが残るわけで、これ、おかしいだろってのが日本通信の主張。

日本通信からは、大抗議がおこり、とうとう総務省までもがお出ましになり、ガイドラインを変更し、この SIM ロックに関しては禁止されることで決着ということなのです。

まぁ、これも、最初は au の VoLTE を MVNO SIM で使う時に SIM ロックを解除しなければ使えないようにしたという、au が最初にやりやがったことなんだけどね。

簡単に言うと、今後はすべて今までのドコモと同じように、端末提供者と親回線の提供者が同じであれば、MVNO SIM でも端末の SIM ロックは解除する必要はなく、使えるようになる見込み。

こういう意味では、今回のガタガタは、あまり良いイメージではないけれど、それを遂行した日本通信はえらいなぁと思うのです。(たかがソフトバンクの回線でね)

ソフトバンクとしては、MVNO への顧客の流出を最小限に抑えたいという意図が見え見えで、少なくともサブブランドである Y!mobile への移行を促すということだったのでしょうけれど。この考えはもしかしたら泡と消えるかもなのだけど、どうせまた意地悪するんだろうな。

ただし、別の記事でも書いたけれども、3社あるメガキャリアから MVNO 各社は回線を借りているわけで、この月額費用というのも、今年から少し平均化されるとのことなのだが、現時点では、大きな差があることも確か。

そこでまず、U-mobile S の現状での問題点は、他社の月額費用と比べると、お高くなってる点。

およそではありますが、平均的な使用料と思われる、月間 3GB のサービスを例に挙げると、大体他社は 900円程度。

それに比べ U-mobile S は、1,580円という、月額費用。

これはもろに貸し出す回線の費用が高いことが反映されてしまっている模様。

このことは、先の産経ニュースが伝えている記事によると、その差は(少しだけど)改善される模様なので、今後値下げとなる公算(勝手にだけどさ)。

加えて、サービスの内容も、現時点ではデータ通信専用で、驚くことに SMS も使えないという。

結局のところ、メインの回線で使うということは現状では考えられないなぁという、残念なことになっているのです。

さて、では、どんな端末で使うのかなぁと考えてみると、該当するのは iPhone5 以降の端末となるのだろうけれども、iPhone 6s ですら、すでに2年も前の端末なのですよね。

そうすると、えっ iPhone SE ってのがあったよねぇとなるのだけれども、悲しいかなこれ位しか思いつかない・・・

か、我慢して iPhone5s 等の古い端末(悪くはないけど)を使うか?

または、そんなに数は多くないと思うけど、ソフトバンクが出した、LTE モデルの iPad か?

今後の展開次第では、今回のサービスが開始されて、素晴らしい!ってことになるのだろうけれど、とっても残念ながら、今はダメって感じ(か?)。

他にも、

  • AP のプロファイルは、Wi-Fi 環境でダウンロードする必要あり(変だろこれって)
  • テザリングはできない
  • データ通信量を使い切ってしまうと、締め日まで 200Kbps の速度規制を食らう。(データ容量の追加ができない)

1年ぐらいたつとよくなっている。(と思うけど)

現状ではかなりきつそうな感じと言わざる負えないなぁ。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ