ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2017年04月11日 に以下のカテゴリに投稿されました VR.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , , ,


折り紙を応用して作られた VR ゴークルが登場 – 世界最小級のスマホ VR ゴーグル「Micro VR Kit」

折り紙の構造って、注目されていますね。

宇宙船のソーラーパネルを畳んでおいて、きれいに開いて見せたり、コンパクトにしておいて、大きく開かせるなんて、なかなかできることではないですよね。

なんとそんな折り紙を応用して作られたという、VR ゴークルが登場するそうです。

電通、DLX、WHITE の3社が開発し、今後ノベルティなどに使われるとのことです。

使わないときには、もちろん畳んで小さくなるようですよ。

欲しいよなぁ~これ。

DLX、WHITE、電通が共同で、世界最小級のスマホVRゴーグル「Micro VR Kit」を開発。
~ノベルティグッズなど、販促施策で活用~
株式会社 DLX

株式会社DLX(本社:東京都港区、以下、DLX)は、スマホVRゴーグルの製造、販売を行う株式会社WHITE(本社:東京都港区)、株式会社電通(本社:東京都港区)と共同で、世界最小級(※1)のスマホVRゴーグル「Micro VR Kit」を開発しましたので、お知らせします。
今後は、軽量・小型の「Micro VR Kit」をノベルティグッズとして活用することで、飲料や食品メーカーほか幅広くさまざまな企業の販促施策を支援していきたいと考えております。
【Micro VR Kit公式URL】URL:http://milbox.tokyo/microvrkit/
※本製品を販売する際には、仕様が異なる可能性があります。

■市場背景
「VR元年」と言われた昨年来、企業が生活者に新たなブランド体験を提供する手法として、VRコンテンツを活用するケースが増えています。その背景には、生活者が所有するスマートフォンと簡易型(スマホ)VRゴーグルを組み合わせるだけで、気軽にVRコンテンツが体験できる環境が整ってきたことが挙げられます。特に、今回開発した「Micro VR Kit」は、現在一般的に普及しているスマホVRゴーグルと比べて、格段の軽量・小型化に成功しており、一般への販売のほか、今後企業の販促施策やVRを活用した企業の新たなコミュニケーション開発に活かしていきたいと考えております。

Micro VR Kit

Micro VR Kit

■「Micro VR Kit」について
「Micro VR Kit」の開発コンセプトは「ORIGAMI」です。日本独自の文化である折り紙の「折り構造」を活用した紙製スマホVRゴーグルで、折り畳むことで世界最小級の手のひらサイズ(約7×2×6cm)まで縮小させることが可能です。本体の「蛇腹折り」部分を手で引き伸ばすことで、通常のスマホVRゴーグルと同等サイズに広がり、スマートフォンを装着するだけで手軽にVR体験が可能となります。また、「Micro VR Kit」には、「Works With Google Cardboard(WWGC)認証」(※2)取得のMilboxと同じレンズを採用しており、小型ながら一般的なスマホVRゴーグルと遜色ないレベルの没入感のある映像を楽しむことができます。

【コンセプト】
「ORIGAMI」。日本独自の文化である折り紙の「折り構造」を用い、世界最小級のゴーグルを開発。

【特徴】
・折り畳むと手のひらサイズに。製品の厚みはわずか2cm。
・小型、軽量であるため、持ち運びがしやすい。
・ノベルティグッズなどへの応用が可能。

Micro VR Kit

Micro VR Kit

【スペック】
本体サイズ:幅157mm×高さ121mm×奥行114mm
パッケージサイズ(収納時):幅71mm×高さ20mm×奥行63mm
材質:本体/紙、 レンズ/アクリル樹脂
※対象年齢:12歳以上推奨

(※1) 紙製のスマートフォン装着型VRゴーグルとして。2017年4月時点。WHITE調べ。
(※2)「安全性」「機能性」「操作性」など、米国Google社が独自に定めた品質基準を満たす簡易型VRゴーグルに発行される認証(参考URL: http://www.spicebox.co.jp/news/group/2016/09/milboxtouch-3/

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。 プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。 実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。 ボチボチ行きますが、お付き合いください。 若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。 愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ