ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2017年05月04日 に以下のカテゴリに投稿されました Audio.

この記事のタグ

, , , , , , , ,


初回生産分が販売開始4日で完売!耳を塞がない新感覚「ながら」イヤホン「ambie sound earcuffs」の再販が開始されました!

これ良さそうだなぁと考えているうちに、完売となってしまったイヤフォン。

なにが良いんかというと、普通は耳の穴に突っ込んでイヤフォンは使用するけれど、こちらの製品は、耳をふさがない。

どういうことなのかなぁ?

小さな音がするって事?

よくわからないのですが、周りの音が聞こえなくなるのは、不安だし、危険も伴うこともあるので、野外での使用はお勧めできないけれど、この製品ならば大丈夫なのかな?っと。

でも、これを使ったからといって、自転車やバイクに乗っているときに使ってもよいというわけではないと思うので、こういう使い方を考えている方は、ペケかも。

発売4日で初回生産分が完売した、耳を塞がない新感覚「ながら」イヤホン「ambie sound earcuffs」店舗・ECサイトでの販売を再開 イヤピースの販売も開始し、自分の好みに着せ替えも可能に
-新たにBEAMS(ビームス)14店舗での取扱い開始、ロンハーマンは5店舗から8店舗に取扱いを拡大-
ambie株式会社

ambie(アンビー)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:松本真尚)が2017年2月9日(木)より販売開始し、発売4日目で初回生産分が完売した、耳を塞がず音を楽しむイヤホン「ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)」につきまして、製造販売体制が整ったため、予約販売を解除し、店舗・ECサイトにて通常販売を再開した事をお知らせいたします。(発売日は店舗により異なります。)
また、セレクトショップ「BEAMS(ビームス)」14店舗(梅田、恵比寿、大宮、銀座、神戸、渋谷、新宿、横浜、立川、東京スカイツリータウン、原宿、広島、福岡、二子玉川)での取扱いを開始すると共に、ロンハーマンでは新たに3店舗を加え、8店舗(RHC大阪、京都、神戸、千駄ヶ谷、辻堂、福岡、二子玉川、RHCみなとみらい)に拡大。より多くのお客様に製品を手に取って頂ける環境を整えました。

さらに、ECサイトでは、取り外しが可能な先端のイヤピースだけの販売を開始いたします。好みの色のイヤピースに着せ替えることで、自分だけのオリジナルなambie sound earcuffsを楽しむことができるようになります。イヤピースの販売開始は5月1日から、配送は5月8日以降を予定しています。

聞き逃せない音や声もしっかりキャッチしながら、安全に、快適に、お気に入りの音楽を楽しみたいあなたへ。耳を塞がない「ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)」で新しい音楽体験をお楽しみ下さい。

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)

■ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)」とは
“聴きながら、コミュニケーション”をコンセプトに開発された、全く新しいオーディオデバイスです。従来のイヤホンや ヘッドホンでは、車の接近や駅のアナウンス、デスクワーク中の電話着信や同僚からの呼びかけなど、「聞き逃せない音や声が聞こえない」という不安や不便を感じることがあります。しかし当製品なら、耳を塞ぐことなくお気に入りの音楽を聴くことができるため、周囲の危険や呼びかけに気づいたり、会話をすることもできます。また、アクティビティシーンでは、周囲の危険や呼びかけに気づけるのはもちろん、自然の音や空気に音楽を重ねることで、より深く楽しむこともできます。

全6色の個性豊かなカラーバリエーションを取り揃えており、ケーブルにはマイク付きリモコン機能も搭載しております。 スタイリッシュなイヤカフ構造で、日常からアクティビティまで幅広いライフスタイルに馴染むデザインに仕上がっています。

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)

ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)

【商品情報】
ブランド名:ambie(アンビー)
商品名:ambie sound earcuffs(アンビー サウンドイヤカフ)
価格:5,500円(税抜き)
カラー:全6色
発売日:2017年2月9日(木)
販売場所:自社WEBサイト、ロンハーマン、蔦屋家電、la kagu、チャーリーバイス、BEAMS
WEBサイト: https://ambie.co.jp
その他:ケーブルは約1.2m、Y型
リモコン/マイク付き
リモコンは音楽再生・停止、通話開始・終了の操作
約5.2g(ケーブル含まず)

【主な特徴】
・耳を塞がないため周りの音や声を聞き取れ、会話もできる
・鼓膜への負担が少なく長時間使用しても疲れにくい
・汗がたまりにくく耳穴が蒸れにくい
・コードが擦れることで起こるタッチノイズや、自分の呼吸がこもって聞こえる不快感を防ぐことができる
・ソニーの音響技術を活かした高感度ドライバーユニットによる音響性能
・日常からアクティビティまで、あらゆるシーンに溶け込むデザイン
・全6色の個性豊かなカラーバリエーション

【会社概要】
代表者:松本 真尚
所在地:東京都港区六本木1-6-1
設立年月日:2017年1月11日
資本⾦:3 億円
出資⽐率:WiL Fund I, L.P.:67%、ソニービデオ&サウンドプロダクツ株式会社:33%
事業内容:音声に関する製品の設計、製造、販売及びリース
デジタルコンテンツの企画、販売、運営及び管理、並びにレンタル及びリース
会社URL :https://ambie.co.jp

ambie 株式会社は「⼈と⾳の、関わり⽅を変えていく。」を企業理念に掲げ、ベンチャーキャピタル WiLとソニービデオ& サウンドプロダクツとの共同出資により設⽴された合弁会社です。WiL が持つオープンイノベーションノウハウと、ソニーの⾳響技術を掛け合わせた⾃由な発想で、ユーザーの⽅々の⽣活をより良いものに変えるオーディオ製品・デジタルコンテンツを世の中に提案して参ります。

以上

骨伝道型のこういった製品も出てきてはいますが、こちらの製品はさらにお手軽に使うことができそうですね。

BEAMS も販売開始ということなので、時間のある時に製品を見てこようかなっと。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ