ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2017年07月12日 に以下のカテゴリに投稿されました AI.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , , ,


医師は「AI」に置きかわってほしくないと思う人は5割、板前は6割 – ジャストシステムの人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年6月度)

そうだろうなぁって思う。

でも、お医者様のお仕事って、それだけではないとは思うけれど、検査結果の分析から、該当する病気を見つけたり、病気になってしまう確率を予測するなんてのは、よいんじゃぁないかなぁって思う。

でも、お医者さんが AI に置き換わり、もしも自分がもうすぐ死んじゃいますよ!なんて言われたら、そんなことねーよ。って必ず言うだろうな。

板前さん・・ねぇ?

ちょっと想像がつかないけれど、スーパーで売られているお寿司のシャリは、機械が握っていたり。AI ってのは違うと思うけどね。(今は)

人間なんだから、なってほしくないものは作らなきゃいいわけなのだが、そりゃなんというか掟を破っちゃうようなことも、沢山起こるんだろうなぁとも思う。

現時点で、そんな思いを調査したと見受けらるる結果をジャストシステムが、定点調査で行い、公開しているので紹介します。

医師は「AI」に置きかわってほしくないと思う人は5割、板前は6割
『人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年6月度)』
株式会社ジャストシステム

~AIを活用した「スマートスピーカー」の認知率は約4割~
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年6月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全84ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年6月度)- ジャストシステム

人工知能(AI)&ロボット 月次定点調査(2017年6月度)- ジャストシステム

【調査結果の概要】

■将来、医師はAIに置きかわってほしくないと思う人は5割、板前は6割
将来、AIやロボットに「置きかわってほしくない」という回答がもっとも多かった医療系の職業は「救急救命士」(52.1%)で、次いで「医師」(48.8%)でした。
飲食系の職業で聞いてみたところ、「置きかわってほしくない」という回答がもっとも多かったのは「和菓子職人」(55.7%)で、次いで「板前」(55.3%)でした。

■AIを活用した「スマートスピーカー」の認知率は約4割
話しかけると、その内容に応じて情報提供や命令を実行してくれる、AIを活用した「Amazon Echo」「Google Home」といった「スマートスピーカー」について、「購入を検討している」人は7.1%、「興味はあるが、購入は検討していない」人は21.9%、「知っているが、興味はない」人は14.5%でした。合計すると43.5%の人が認知していました。

■半数以上が「AIによる暮らしの利便性向上に期待」
AIやロボットの発達により、暮らしの利便性が向上する可能性について、「とても期待している」人は17.4%、「どちらかというと期待している」人は37.1%でした。合わせて54.5%の人が期待をしていると答えました。

■7割近くが、「AIやロボットで、人材不足を解消できる」
AIやロボットの発達で人材不足が解消されるかを聞いたところ、「解消すると思う」と答えた人は20.1%、「ある程度は解消すると思う」人は47.9%でした。68.0%の人が、AIやロボットは人材不足を解決する策の一つとなりえると考えていることがわかりました。

■4割以上が、「将来、AIを悪用した犯罪が起こる」と不安視
AIが発達することによるリスクや不安を聞いたところ、「AIを悪用した犯罪」を挙げた人がもっとも多く(42.7%)、次いで「AIを採用してしまったがための事故」(41.8%)、「AIの誤作動を人間が止められなくなる」(37.6%)でした。
※複数回答あり。

【調査の実施概要】

調査名:『人工知能(AI)&ロボット月次定点調査 (2017年6月度)』
調査期間 :2017年6月23日(金)~6月26日(月)
調査対象 :15歳~69歳の男女1,100名
質問項目 :
・人工知能(AI)という言葉をどの程度、知っていますか。
・人工知能(AI)を活用したサービスについて、利用状況を教えてください。
・人工知能(AI)を活用した自動運転車に期待していますか。
・医療現場への人工知能(AI)活用に対する考えを教えてください。
・人工知能(AI)を活用した音声アシスタントの利用状況を教えてください。
・人工知能(AI)を活用したスマートスピーカーの認知度を教えてください。
・医療関連の各職業が将来人工知能に置きかわるかについて考えを教えてください。
(医師/薬剤師/看護師/救急救命士/歯科医師/歯科技工士/医療事務/歯科助手/MR など)
・飲食関連の各職業が将来人工知能に置きかわるかについて考えを教えてください。
(栄養士/調理師/パティシエ/板前/シェフ/寿司職人/和菓子職人 など)
・人工知能(AI)の発達による暮らしの利便性向上について、期待度合いを教えてください。
・人工知能(AI)の発達によるリスクや不安について考えを教えてください。

以上

まぁねぇ・・

どうなっていくのでしょうね。

運転免許をはじめとして、国家試験ってあるじゃない。

あれって試験が受かればそのお仕事等についても OK ってことなのだから、そういった試験が AI やロボットにも必要なのかもしれません。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。 プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。 実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。 ボチボチ行きますが、お付き合いください。 若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。 愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ