ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2017年08月06日 に以下のカテゴリに投稿されました 家電.

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


なんと6万円も値下げです! – DMM.make の 65インチディスプレイが 99,800円の 10万円切り!

お見事!

テレビとして使うのなら、チューナーはついていないので、録画機器などのチューナーと併用するか、CATV などで使われるセットトップボックスと組み合わせる必要があるけどね。

65インチのテレビ・ディスプレイが10万円ぐらいだと、買う気になるよと書いて、しばらくしたら、なんとそれが実現しました!

買うか・・ってこの間、ソファーを新調してお届け待ちなのですよ。

同じぐらいの値段だけどさ、少し待ってください・・

しかしまぁ、いきなり 6万円も下がるってどういうこと?

最初の値付けが、おかしく見えるよねぇ。

【DMM.make DISPLAY】65インチ 4Kディスプレイ希望小売価格改定(値下げ)のお知らせ
株式会社DMM.com

株式会社DMM.com(本社:東京都港区、代表取締役社長 片桐考憲 http://www.dmm.com/ 以下DMM )は、2016年11月15日より販売しご好評を頂いております「65インチ4Kディスプレイ(DME-4K65D)」の希望小売価格を改定いたします。
このたびの大幅な値下げにより、更にお求めになりやすい価格となりました。

【DMM.make DISPLAY】65インチ 4Kディスプレイ希望小売価格改定(値下げ)のお知らせ

【DMM.make DISPLAY】65インチ 4Kディスプレイ希望小売価格改定(値下げ)のお知らせ

【対象製品】
65インチ4Kディスプレイ(製品型番:DME-4K65D)
※50インチ製品は価格改定いたしません。

【改定後 希望小売価格】
新価格:99,800円(税抜)
旧価格:159,900円(税抜)

【価格改定実施日】
2017年7月31日

【取り扱い店舗】
アマゾンジャパン合同会社、株式会社ビックカメラ、二子玉川蔦屋家電、株式会社ユニットコム、株式会社ヨドバシカメラ
※販売店によっては、お取り扱いがない場合や、お取り寄せ対応のみの場合もございます

【商品紹介ページ】
DMM.make DISPLAY
製品URL: http://make.dmm.com/product/display/
4Kパネルを採用した高解像度の大画面ディスプレイ。50インチ、65インチの2サイズをラインアップします。

■DMM.make AKIBA について
ハードウェア開発・試作に必要な最新の機材を取り揃えた「Studio」、シェアオフィスやイベントスペースなどビジネスの拠点として利用できる「Base」で構成された、ハードウェア開発をトータルでサポートする総合型のモノづくり施設です。
https://akiba.dmm-make.com

【企業情報】
名称 :株式会社 DMM.com 代表取締役 片桐考憲
本社 :東京都港区六本木三丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー DMMグループ総合受付24階
URL:http://corp.dmm.com/

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社DMM.com 広報部
東京都港区六本木三丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー DMMグループ総合受付24階
TEL:03-5789-7031(連絡可能時間帯:平日10:00~18:00)
E-MAIL:release-dmm@dmm.com

以上

何度も書いているけれども、今販売されている、大手のものも含めて 4K テレビ問製品は、映像として 4K クオリティの映像を映す能力は備えているのですが、チューナー等は一部のものを除き、4K 放送を受信することができないのですねぇ。

だから、今 4K 対応のテレビを買ったとしても、4K 放送が開始され時にすぐにそれを見ることができるかというと、できないのですよ・・。

だから今、こういった製品が、良いのじゃないのっという話になってきていて、4K で見るときにはそれ対応のチューナーをその時に買えば・・ってことになっている。

あと3年を切った東京オリンピックで放送が開始されるとか言っているけれど、4K 対応のチューナーの値段は、50万円ほどとも言われている。(販売開始当初はね)

簡単に言えば、手に届く値段ではないので、東京オリンピックを 4K 放送で見ることのできる家庭は、ごく一部なんだろうなぁと思う。

量産されれば、チューナーの価格も下がるだろうけれど、しばらくの時間が必要でしょうね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ