ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2017年08月15日 に以下のカテゴリに投稿されました 電池.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , , ,


これは面白い、新しい電池! – 次世代バッテリー技術「Power Leaf」の第1弾として安全で軽量なセラミック素材を使用した製品を開発

少し前に発表された新しい電池のお話です。

ソフトバンク コマース&サービスが、7月の下旬に発表した電池ですが、今よく使われている、リチウムイオンバッテリーよりも、高い安全性を確保したうえで、自在に曲がり、薄く、自己放電もほとんど起こさないという素晴らしい電池。

まさに次世代のという感じもします。

「Power Leaf(パワーリーフ)」という名前も付けられて、さて今後、どのような分野に使われていくのかな?

次世代バッテリー技術「Power Leaf」の第1弾として安全で軽量なセラミック素材を使用した製品を開発
~ネームタグ型バッテリー「Tag」を「SoftBank World 2017」で展示~
ソフトバンク コマース&サービス株式会社

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(以下「ソフトバンクC&S」)は、従来のリチウムイオンバッテリーに比べ安全性に優れた、薄型・軽量が特長の次世代バッテリーである「セラミックバッテリー」を内蔵したモバイルバッテリーを開発しました。ソフトバンクC&Sは、セラミックバッテリーをはじめとした次世代バッテリー技術を「Power Leaf(パワーリーフ)」と命名し、今後、安全性と快適な携帯性を実現したさまざまな製品を展開します。

従来のリチウムイオンバッテリーは、使用環境や故障、経年劣化により、発火や発熱などが起こる可能性がありましたが、「セラミックバッテリー」は曲げや衝撃に強く、切断しても発火や液漏れが発生しない特性を持つ安全性に優れたバッテリーです。また、非常に薄型・軽量で、自由な形に加工可能なフレキシブルさを持っているため、従来のモバイルバッテリーの「重い」「かさばる」といった弱点を解消できるとともに、あらゆる形状の製品を開発できるメリットがあります。

ソフトバンクC&Sは「Power Leaf(パワーリーフ)」の第1弾商品として、バッグやスーツケースなどに取り付けるネームタグ型のモバイルバッテリー「Tag」を、本日から開催の「SoftBank World 2017」にて展示します。今後も、次世代バッテリーの特性を活かしたさまざまな製品を展開していきます。

Power Leaf(パワーリーフ)

Power Leaf(パワーリーフ)

【Tag】
1.画像

Power Leaf(パワーリーフ)

Power Leaf(パワーリーフ)

2.主な特長
●自然放電が少なく、フル充電してから1年後も約90%の電池残量
●安全で、切断しても発火や液漏れが発生しない
●わずか5mmの極薄サイズと、53gの軽量を実現

3.主な仕様

Power Leaf(パワーリーフ)- 主な仕様

Power Leaf(パワーリーフ)- 主な仕様

※詳細は「Power Leaf」の特設ページ(https://powerleaf.jp)をご覧ください。

・SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。
・その他、このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。

以上

確かに薄くて、フレキシブルな点は、すごいですね。

もう少し大容量の製品は出てこないのかな?

 

投稿者のプロフィール

minorus
minorus

電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きまが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ