ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2017年09月04日 に以下のカテゴリに投稿されました AI.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , ,


オンキヨーが Google Assistant 搭載 AI 対応スマートスピーカーを欧米で販売 – でも日本では出さないみたい

日本でも出せばよいのに。

先日、オンキョーのこれらの製品に組み込むためのスピーカー単体の OEM 販売と、スピーカーボックスのことを紹介しました。

やっぱりスピーカーを置くとなると、音楽も流すだろうし、Google Assistant (ではなくても)をはじめとした、音声認識 AI スピーカーに求められる機能の一つなのだろうなと思う。

そんな製品をオンキョーが欧米で、販売を開始すると・・でも日本では?

日本語の Web ページもちゃんとできていて、すでに公開されているのにね。

音声コントロールで高音質な音楽をGoogle Assistant搭載AI対応スマートスピーカー、欧米で発売
オンキヨー株式会社

オンキヨーグループは、Google 社の開発したAIアシスタント「Google Assistant」及びGoogle社の「Chromecast」を搭載し、当社グループならではの高音質を実現するAI対応スマートスピーカーG3(VC-GX30)を、2017年10月より欧米で発売開始します。

本製品は、Google社以外がGoogle Assistantを活用した、オンキヨー初のスピーカーであり、ハンズフリーでのスマートホーム対応に加え、良質な音楽体験を実現します。

スマートスピーカーG3(VC-GX30)- オンキョー

スマートスピーカーG3(VC-GX30)- オンキョー

【スマートスピーカーG3の主な機能】

(1) 音声によるさまざまな操作

各質問への応答、天気予報や交通情報などの入手、レシピの読み上げ、リマインダーなどカレンダー設定、オンラインショッピングなど、音声コントロールによるさまざまな操作ができます。

(2) スマートホーム対応

Google Assistantが、スマートホームのアプリケーションにも対応しており、音声により空調機器や照明機器を制御することができます。

(3) Chromecast搭載製品との連携

Google Playミュージック、TuneInなどのサービスから、複数の部屋のオンキヨー・パイオニアブランドのワイヤレススピーカー、サウンドバー、AVレシーバー、ハイファイシステムなどChromecast搭載の製品へストリーミング再生を可能とします。ボリュームのコントロールや曲の選択などの操作は、「Ok Google」と呼びかけてリクエストするだけで、本製品を介して音声で行うことが可能です。

(4) 簡単初期設定

アプリケーションや音声認識の初期設定は、Google Homeアプリケーションにより、簡単かつ短時間で行えます。

【スマートスピーカーG3の主な高音質技術】

AIに対応した製品は、より手軽にAIを利用するため機器自体の小型化が進んでいますが、これまで小型スピーカーはコンパクトサイズを実現する一方で、音質を破綻させないために様々な制限が設けられ、コンパクトサイズ相当の音しか出せないという欠点を抱えていました。スマートスピーカーG3では、小型化の求められるAI時代に適した、新開発の高音質技術を採用することにより、小型ながら大型スピーカーのような豊かな高音質再生を実現しています。

振動解析を元に筐体が生み出す響きまでもコントロール。筐体剛性を徹底的に追及し、スピーカーユニットからのパフォーマンスを低下させる定在波や振動などの干渉を排除し、理想的なエネルギーバランスを実現します。

従来のスピーカーユニットの1.5倍の振幅量と力強い駆動力のマグネットを持つ新設計のカスタムウーファーを強固なフレームで固定することによってサイズを超える豊かな中低音を実現します。また、高品質のバランスドーム型ツィーターと組み合わせることにより、迫力の低域からクリアな高域まで兼ね備えた、バランスのとれたダイナミックなサウンドを作り出します。

高効率なスイッチングアンプを採用し、小型ながら力強いサウンドを実現します。

スピーカーユニット解析技術を元にした最適な重低音、及び中高音専用の独自信号処理技術を採用し、

小型ながら大型スピーカーシステムに迫る、迫力のある音楽再生を実現します。

当社グループは経営理念である「VALUE CREATION」に基づき、これまで培ってきた音に対する技術をさらに磨き、今後も音とAIの融合による、豊かな生活の実現に貢献してまいります。

■製品の詳細については、以下のウェブサイトでもご確認いただけます。

http://www.jp.onkyo.com/ai/

* Google、Google Assistant、Google Home、Google Playミュージック、Chromecastは、Google, Inc.の商標です。
* 他のトレードマークおよび商号は、各所有権者が所有する財産です。
* 記載されているその他の会社名および製品・技術名・役務名等は、各社の登録商標または商標です。

以上

今はまだ、スマートスピーカーが話題の製品ということになっているけれども、今後出てくる家電は、これらの機能が搭載された製品が、多く見られるようになるのでしょうね。

今、でているプレーヤーは、Google / Apple / Microsoft / Amazon だけれども、先日 Microsoft と Amazon が相互乗り入れを可能にすると発表しているし、それぞれに強い分野をうまく利用できるようになると、さらに使い勝手の良いものができてくるのかも。

まだ日本では、持っている人は少ないかもしれないけれど、使わなくなったスマートフォンやタブレットに、外部スピーカー(Bluetooth でもよいけど)つないで置いておけば、それに近いことできちゃうし・・やっぱり表示能力のあるテレビかなぁ?

でもこのオンキョーのスピーカー G3、あんまりかっこよくはないよねぇ~

もうちょい未来性が感じられるスタイルや色とかにできない?

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ