ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2017年10月20日 に以下のカテゴリに投稿されました SNS.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


主要 SNS の「広告配信に不快感を持つ」人が増加 – モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年9月度)ジャストシステム

SNS 上の広告ねぇ。

見てないけど?

最近騒がれていますよねぇ。

フェイクニュースとか。

先日のニュース関連の番組でも、昔から、新聞読んでも信じるなといわれて育ったと、女性(ちょっと年配かな?)のゲストの方が言っていた。

そう。信じなければ良いのよ。

昨年に比べ、主要SNSの「広告配信に不快感を持つ」人が増加
『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年9月度)』
株式会社ジャストシステム

~SNSなどのデータ通信が無料となる「カウントフリースマホ」は、2割が認知~
株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2017年9月度)』の結果を発表します。本調査は、15歳~69歳の男女1,100名を対象にしています。
また、集計データとしてまとめた全70ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページ(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供します。

主要SNSの「広告配信に不快感を持つ」人が増加

主要SNSの「広告配信に不快感を持つ」人が増加

【調査結果の概要】
■主要SNSの「広告配信に不快感を持つ」人が、昨年に比べて増加
スマートフォンを所有する人のうち、主要SNSで表示される広告について、「不快感を抱くことが多い」と回答した人の割合は「Twitter」が29.9%、「Facebook」が  26.1%、「Instagram」が25.0%、「LINE」が23.5%でした。2016年10月度調査では「不快感を抱くことが多い」と回答した人の割合は、「Twitter」が22.5%、「Facebook」が20.3%、「Instagram」が20.7%でした(「LINE」は調査対象外)。昨年に比べ、SNSで表示される広告について不快感を持つ人が増えているようです。

■主要SNSの中で、広告に最も不快感を抱かないSNSは「LINE」
逆に、主要SNSで表示される広告について、「不快感を抱くことはほとんどない」と回答した人の割合は、「LINE」(33.3%)が最も高く、次いで「Instagram」(29.1%)、「Facebook」(25.8%)、「Twitter」(25.4%)でした。

■2割が、SNSなどのデータ通信が無料となる「カウントフリースマホ」を認知
スマートフォンを所有する人に、特定サービスに使ったデータ通信量は使用したデータ量に加えない「カウントフリー」機能が使えるスマートフォンについて、「現在使用している」人は7.2%、「購入を検討している」人は5.4%、「知っているが、する予定はない」人は10.8%でした。「カウントフリー」を設定できるスマートフォンについて、23.4%の人が認知していることがわかりました。

■スマートフォンで視聴するコンテンツは、10代は「ゲームや音楽」、60代は「旅行やレジャー」
スマートフォンで視聴や閲覧をしたコンテンツとして、最も多くの10代が選んだジャンルは、「娯楽(ゲーム・映画・音楽・書籍など)」(56.5%)で、60代は「旅行・レジャー」(41.0%)でした。
※複数回答あり。

■30代の5人に1人は、スマートフォンで証券取引を行う
スマートフォンを所有する人のうち、スマートフォンで株式などの証券の取引を行っている人の割合が最も高かったのは、30代で18.5%でした。

【調査の実施概要】
調査名:『モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査 (2017年9月度)』
調査期間 :2017年9月29日(金)~10月1日(日)
調査対象 :15歳~69歳の男女1,100名
質問項目 :
・プライベートでインターネットにアクセスする際、利用する機器を教えてください。
・現在、利用中のOSとブラウザを教えてください。
・プライベートで利用している携帯電話のキャリア、スマートフォンのキャリアを教えてください。
・利用しているiPhoneの端末を教えてください。
(3G/ 3GS/ 4/ 4S/ 5/ 5c/ 5s/ 6/ 6 Plus/ 6s/ 6s Plus/ SE/ 7/ 7 Plus )
・各種メディアについて、1日あたりの平均的な視聴や閲覧時間を教えてください。
(テレビ /新聞 /雑誌 /ラジオ /パソコン /スマートフォン)
・カウントフリー機能があるスマートフォンの利用状況を教えてください。
・スマートフォン上で視聴・閲覧したコンテンツのジャンルを教えてください。
・スマートフォンでの証券取引の実施状況について教えてください。
・SNSで配信される広告についての考えを教えてください。

以上

フェイクニュースって、かなり多くの人に配信されていると思うのだけれど、これ、500円ぐらい払うと、かなり沢山の人に見てもらえちゃうのね。

広告出すには、普通は検閲みたいのがあったりすることもあるのだけれど、SNS 上の多くは、ほとんどそれらは行われていないのではないのかなぁ?

というか、ほかの調査には、こういった検閲をくぐり抜けるというか、全く関係のない事をきっかけにして、何かしらの目的のために誘導するなんてことが行われていると。

SNS 自体は、だれでも無料で使えるけれども、SNS を運用する会社は、この広告が、収入源となるわけなんだよね。

昔からあるメディア、新聞や雑誌にだって、広告はあったわけだし、どう感じるかはその人次第ではあるけれど、あんまり気にしなければよいのではないの?

広告無くせとかの議論もあるかとは思うけれども、そうすると、こういうメディアはなくなる。

テレビ(一応、民放としておく)も何も全てだよ。

まぁ、何かしらの記事や文章を読んだり、システムを使うっていうのは、無料ではないってことは、わかっておいたほうが良いと思うのだな。

そしてそれには、何かしらの目的があるわけだ。

新聞の折り込み広告だって、街を歩いていたって、広告って目に入るよね。

情報源として、活用している人も多いのではないのかな?

まぁ、不快ってのは、そういった広告を出す主にあるのでしょうね。

でもこの調査に結果って、これだけを見ると、年齢じゃないのって思えたり?

LINE / Instagram は若い人?

Faceboook / twitter は少し年取った人?

要するに若い人は、広告なんて気にしていないってことなのかもね?

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ