ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年01月07日 に以下のカテゴリに投稿されました Others (その他).

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


トラセンドの microSD カードが壊れたので RMS (補償請求)してみたよ!

新しいの買ってもよいのだけどさぁ。

Amazon で購入した トラセンドの microSD カード。
32GB の製品。
いいのかなぁと思いながら、無期限保証という言葉も魅力的に感じて購入した品。

トラセンドの microSD カードが壊れたので RMS (補償請求)してみたよ!

トラセンドの microSD カードが壊れたので RMS (補償請求)してみたよ!

約2年、スマートフォンの中に入れっぱなしで、アプリや画像・動画を入れて使っていたのです。

Android な訳だけれど、設定画面でデフォルトの保存先を SD カード取しておけば、ほぼ容量を気にせずに使うことが出来ますね。

PC等とは Dropbox 等のクラウドストレージでやりとりしていたので、一度入れたきりで、取り外す事もしていなかったのですが、先日いきなり壊れた。

現象は。ファイルは読むことは問題なくできるが、書き込みはいっさい出来ない。

PC にアダプター経由で接続して、まずは読み込むことの出来るファイルをすべてコピー。(問題なし)

次に普通にフォーマットをかけてやろうとすると、書き込み禁止となっていますとのメッセージがでる。

SD カードなら書き込み禁止のスイッチがあるけれど microSD には、そんなのナイ!

ではと思い、アダプタを使ってスイッチを切り替えながら、何度か試したが、これもだめ。

ふ~む。

ここで Google 先生に聞いてみると・・・

  • 専用のフォーマッタなるツールがあるのでますは適用してみる

と書いてある、トラセンドのサイトを巡回しているとすぐに見つかったので、インストールして実行。
このアプリは、フォーマットの他に、削除してしまったファイルを修復する機能も搭載されているので、今読み込みできる物が最新とは限らないかもなな状態なので、まずはこちらを実行すると、確かにファイルは修復されるが、時間はすごくかかるので、しばらく放っておいた。修復できるだけして無事終了。
さてお次はいよいよフォーマットな訳だが、こちらは速攻で完了。
とは言っても、結果は同じで、未だに書き込み保護されてますとのメッセージ。
対処はこれでお手上げなので、今度は原因を調べてみることに。

SD カードはデータに欠損エラー等があると、それを補完するための機能が実装されていて、エラーが頻繁に発生すると、それを保管するための領域がいっぱいになってしまい、そうなると書き込みする事はせずに、書き込み禁止(ライトプロテクト)がかかった状態となる模様。

はぁこれなんだなと、一応は理解したことにして、さてどうするか?

もちろん購入する方向で最初は Amazon を徘徊していたわけだが、商品説明に、無期限保証なる言葉を発見。
記憶がひもとけ、これ確かそうだったよなということで、過去の購入履歴を探したら、見つかった。
ここで重要なのは、購入した日時と領収書が出せること。(後述するけどアマゾンってこういうところも良いところだと思う)

まずは Amazon にチャットで問い合わせ。
さて、なんと言ってくるかと思ったら、一発で終わり。
「トラセンド」に問い合わせてください。だと。ご親切に電話番号も教えてくれた。
良いのかねぇ?これで?販売店としての役目ってのは、これだけな訳だ。
店舗ならもしかしたら即、代変え品が出てくるかもしれないし、品物も店舗においてくるだけで、送料もいらないと思う。

仕方がないので、トラセンドのホームページに行く。

見やすいページではあるが、どうやらテクニカルサポートへの問い合わせを最初にやるみたいだ。

早速必要事項を入力し、問い合わせフォームから問い合わせると、チャットほどではないが約1時間程度で早々にお返事をいただけた。
のだが、入力したデータに誤りがあると・・それはシリアルナンバー。
これがねぇ、読めないんだよ。
文字が極小な事に加え、目立たないような色で印刷されている。(堂々と目立つように買けばよいじゃないか!)
実はルーペを使っても読みとれなくて、仕方がないから、スマートフォンに接写レンズを取り付けて、画面からやっと読んだシリアルナンバーを使って、再度フォームを送る。

まぁ、老眼なだけだけど、こういうのお年寄りにはやさしくないね。

このフォームには、発生している現象と、それに対する行った対処を克明に書いてあげた。
今度はあってたみたいで、再度の案内をもらう。
シリアル番号の誤りは、ユーザー登録した後に行う、製品登録でチェックされるので、こちらを最初の問い合わせを行う前に行った方が良いみたいだ。

いくつかの書類が必要で、以下の通り
1、購入日時のわかる領収書(アマゾンだから印刷するだけ)
2、RMA リクエスト(印刷するだけ)
3、RMA 宛先(印刷するだけ)

2と3については、RMA リクエストを行うと、印刷するだけで OK な用紙が、ブラウザに表示される。
案内に従い、まずはユーザー登録、製品登録を行い、製品を選択し、RMA なる申告を行い、荷物を作って発送した。
荷物は追跡出来るような安全な方法を使えと書いてあるので、クリックポストを利用した。

※RMA = Return Merchandise Authorization – 返品保証、返品承認、返品許可、返品確認って意味

さて、年末年始も挟まるから、少し時間が必要だろうけれど、代変え品は届くのかなぁ?

というのが現時点でのステータス。

結構手間がかかりますな。

SDカードについて調べていると、いろいろとあるんだね~
高耐久の物とか。
高いけど、効果あるのかな?

おそらくだけれど、スマートフォンのカメラで連写を多用・削除を繰り返すとか、動画の撮影・削除とかを多用するとかだと、もっと寿命が短くなるのだろうね。

もっと心配なのは、これらを使っている、Raspberry Pi とかは、問題が発生することが多いだろうなぁ・・1年ぐらいで起きそうな気がするけど、プログラムの書き方にもよるとは思うが、大丈夫なのかな?って年に1度ぐらいの間隔で、メンテナンスとか言って、入れ替えておけばよいだけか・・

たぶん時間がかかるのだろうけれど、予備があるならそれを使っておいて、常に無期限保証を使って交換ってのも、ありだろうね。

その後の、対応(返答)はまだだけれど、何か動きがあったら、追記しますね~

ちなみに

12月26日 RMA リクエスト完了
12月26日 破損した microSD カードをクリックポストで投函

ですね。

追記 2018年1月10日 トラセンドから交換品が届く!

2018年1月10日 トラセンドから交換品が届く!

2018年1月10日 トラセンドから交換品が届く!

早いですね。
早くて9日受付とのことだったのですが、速攻で交換品を発送してくれたようです。
ネコポスで届きました。

2018年1月10日 トラセンドから交換品が届く!

2018年1月10日 トラセンドから交換品が届く!

早速元のスマートフォンに挿入し使っています。
全く問題はないし、いつもと変わらなく使えるようになりましたよ。
これなら安心、トラセンドさんありがとうございました!
次回もトラセンドにしちゃっかな!っと。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ