ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年01月15日 に以下のカテゴリに投稿されました IoT.

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


PoE 給電ネットワークを簡単に構築できる PoE インジェクターをサンワサプライが発売開始

最近パラパラと、こういった Power over Ethernet(PoE) 対応を謳った製品が出てきていますね。

昔からある規格だけれど、やっぱり監視カメラとか、用途が出てきたかな?

確かに、電源がイーサネットケーブルで供給できるので、便利とだとは思うけれど、こちらの製品を使うということは、低速のネットワークと高速にネットワークを分ける必要が、あるよってことなのか?

PoE給電ネットワークを簡単に構築できるPoEインジェクターを発売。
サンワサプライ株式会社

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、従来のネットワーク環境に導入するだけで、PoE給電ネットワークを簡単に構築できるPoEインジェクター「LAN-GIHINJ2」を発売しました。

PoEインジェクター「LAN-GIHINJ2」- サンワサプライ

PoEインジェクター「LAN-GIHINJ2」- サンワサプライ

■PoEインジェクター
品番:LAN-GIHINJ2
標準価格:¥11,880(税抜き ¥11,000)
商品ページ:http://sanwa.jp/pr/LAN-GIHINJ2

PoEインジェクター「LAN-GIHINJ2」- サンワサプライ

PoEインジェクター「LAN-GIHINJ2」- サンワサプライ

「LAN-GIHINJ2」は、PoE給電ネットワークを簡単に構築できるPoEインジェクターです。
本製品をスイッチングハブとPoEに対応するLAN接続機器との間に設置することで、PoE給電ネットワークを構築できます。新たにPoE給電対応のスイッチングハブを導入・再設定する必要がなく、接続機器への給電がLANケーブル1本で行えるようになります。ギガビット通信が可能で、IPカメラなどでの動画転送にも対応しています。

そのため、天井などのAC電源を設置しにくい場所や、集合住宅・オフィスのような手軽にAC電源を増やすことができない施設などで、IPカメラ・IP電話などのネットワーク機器を使用したい場合に最適です。

放熱性に優れたメタル筐体を採用しており、高熱による動作異常を予防します。また、電源内蔵タイプでACアダプタは不要なため、電源コードを取り回すだけで使用できます。AUTO-MDIX対応で、ストレート・クロスケーブルのどちらでも使用可能です。

本製品を使用することで、PoE電源ネットワーク環境が簡単に構築できます。そのため、面倒な電源コードの配線、電源工事などが不要で、環境構築の費用が抑えられます。また、電源コードのタコ足配線を解消し、安全・安心な環境を整備できます。

※PoEとはPower over Ethernetの略称で、有線LANの配線に使うイーサネット通信ケーブルを利用して電力を供給する技術のことです。PoEを使用することで、LANケーブルのみで電力供給ができ、天井や屋外のコンセントが無い場所でも、ネットワーク機器を設置できるようになります。

★サンワサプライHP
https://www.sanwa.co.jp/
★youtubeチャンネル
http://sanwa.jp/youtube
★facebookファンページ
https://www.facebook.com/SanwaSupplyJP
★twitter @sanwainfo
https://twitter.com/sanwainfo
★サンワサプライ公式アプリ「サンワガチャ」
http://www.sanwa.co.jp/apps/gacha/index.html

※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。

以上

PoE も2種類あって、使われていないイーサネットのケーブル(線)を、使ってしまうものがあるけれど、高速ネットワークを使うと、実はこれらのケーブル(線)も使っているんだよなぁ。

だから、高速ネットワークと分ける必要が出てくる?

PoEインジェクター(LAN-GIHINJ2)- 仕様

PoEインジェクター(LAN-GIHINJ2)- 仕様

なるほど、仕様書を見ると、ギガビットまでだね。

って、そんなにぶっ飛ばさないで、安全運転で我慢すればよいのかもねぇ。

IP カメラ等の接続を想定しているようだけれど、こちらの製品おそらくは 48V 出力(規格上)だろうから、中国製などの 12V で駆動する IP カメラに接続して、大丈夫なのかぃ?

IPカメラにもよると思うけれど、PoE 対応と書かれていながら、良く調べると、12V を給電する必要があるって書いてある製品も存在するみたい。(規格外なんだけどね)

ちょっと注意が必要ですね。(IPカメラの側で)

IP カメラなどは、12V で動作する機器が多いと思うので、規格外ってことにはなるけれど、供給する電圧を切り替えることができるとよいのにね。

ってことは、そんな機器に PoE 給電するんだったら、自分で作らないとダメってことになっちゃうね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ