ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年01月21日 に以下のカテゴリに投稿されました Smart Phone.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


ZTE のあの2画面スマホが中国で販売開始 – ZTE 『AXON M』、ドコモモデルだと『M』Z-01K だね

へぇ~。

日本ではドコモから、中国では SIM ロックフリー機が普通だから、SIM ロックフリー機は中国から、手に入るんだねぇ。

さて、お値段はいかほどなのか?

1月20日から、ZTE が中国国内で、あのドコモの2画面スマホ M Z-01K 、中国名では AXON M を販売開始するそうです。

2画面スマートフォン『AXON M』を中国で1月20日より発売
~2018年欧州での発売も予定し、全世界での販売を目指す~
ZTEジャパン株式会社

ZTEモバイルデバイス(以下、ZTE)は1月16日、ユーザー体験の革新を目的とした『AXON M』が中国国内で発売となることを、北京中心部のオリンピックタワーにて正式に発表しました。『AXON M』は今までにない革新的な折りたたみ式2画面スマートフォンで、マルチタスクとコンテンツをより快適に楽しめる、画期的なスマートフォン体験をユーザーにお届けします。『AXON M』は1月20日より、オンラインチャネルではJD.comとMyZTE.com、オフラインチャネルでは中国電信にて販売を開始します。

2画面スマートフォン『AXON M』を中国で1月20日より発売

2画面スマートフォン『AXON M』を中国で1月20日より発売

『AXON M』は2017年10月17日、ニューヨーク市にてAT&Tと共同で発表されました。その翌日、東京ではNTTドコモが開催した2017-2018年 冬春新商品発表会にて『M』Z-01Kとして発表されました。そして今回、『AXON M』は中国で発売となりますが、TIM やVodafoneなどの欧州の主要キャリアからも2018年の第一四半期に発売される予定です。『AXON M』は中国および欧州での発売によって世界展開を拡大し、世界中の消費者に無限の可能性を体験していただけるようになります。

ZTEモバイルデバイスの最高経営責任者(CEO)リシン・チェン(Lixin Cheng)は次のように話しています。
「消費者はインスピレーションを求めています。より多くの選択肢を希望するのと同時に、さらに十分に、かつ多様な方法で周囲の世界を体験したいと考えているのです。『AXON M』は、それに対する答えであり、世界中の市場で消費者に歓迎される可能性があります。これからも、消費者に有意義なイノベーションをお届けするために、折りたたみ式スマートフォン分野の開発を続け、業界をけん引していきたいと考えています。」

『AXON M』はCES 2018イノベーションアワードを受賞しました。CESイノベーションアワードは、コンシューマ向け技術製品の傑出したデザインと技術を表彰する年に一度の世界的なコンペティションです。
https://www.ces.tech/Events-Experiences/CES-Innovation-Awards-Program/CES-Innovation-Awards.aspx#inline_content11275
Category: Wireless Handsets and Accessories

2画面スマートフォン『AXON M』を中国で1月20日より発売

2画面スマートフォン『AXON M』を中国で1月20日より発売

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

【ZTEコーポレーションについて ~Leading 5G Innovations~】
ZTEコーポレーションは通信機器、ネットワークソリューションを提供する世界的なリーディングカンパニーです。業界大手としての包括的な製品群とソリューションにより、民間企業や政府機関向けのICTソリューションをはじめ、最先端のワイヤレス、アクセス&ベアラー、付加価値サービス、マネージドサービスなどを提供しています。ZTEコーポレーションの先進技術は、世界160ヶ国以上の500を超える主要通信事業者に、ビジネスの目標達成、競争力強化の面で貢献しています。さらに、スマートフォン、携帯電話、タブレット、Wi-Fiルーターなどのモバイル機器は、世界中のエンドユーザーから人気と信頼を集めています。ZTEコーポレーションは世界知的所有権機関(WIPO)発表の特許国際出願件数で2010年から7年連続でトップ3に入っています。2016年は特許を4,123件出願し、世界1位にランクされました。
ZTEコーポレーションは5G技術の開発においても、業界をリードしています。2017年9月に中国北京で開催された「第2期 5Gイノベーション開発フォーラム」では5Gトライアルテストにおける第二段階での技術試験証明書を、IMT-2020 (5G) Promotion Groupより受領しており、「Leading 5G」企業として中国の5G戦略事業を全面的に支援し、5G技術研究及び産業発展を促進しています。

以上

ちょっと気になるのは、欧州での販売も予定していて、全世界での販売も目指すとされているところですねぇ。

日本はドコモモデルだけってことになるのかな?

まぁ、SIM ロックフリー機が手に入るのなら、良いけど・・

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ