ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年04月12日 に以下のカテゴリに投稿されました IoT.

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


アット東京の新サービス「ATBeX ServiceLink for SORACOM」提供開始 – IoT 機器をより安全に運用

安全ではあるとは思うけれど、こういう方向に動いていくのかな?

様々な方法が模索されているようではありますが、IoT 機器を安全に使う方法の一つではある。

「SORACOM Direct」との相互接続によって、安全性を高めて運用する事ができる。

アット東京の新サービス「ATBeX ServiceLink for SORACOM」提供開始
ソラコムの「SORACOM Direct」との相互接続により、IoTビジネスが加速する環境を提供
株式会社 アット東京

株式会社アット東京(代表取締役社長:中村 晃、以下 アット東京)は本日、当社データセンター内相互接続サービス「ATBeX(AT TOKYO Business eXchange、※1)」と、株式会社ソラコム(代表取締役社長: 玉川憲、本社:東京都世田谷区、以下ソラコム)の「SORACOM Direct」との相互接続による新たなサービス「ATBeX ServiceLink for SORACOM」の提供を開始いたします。

「ATBeX ServiceLink for SORACOM」は、「SORACOMプラットフォーム」と、アット東京のデータセンター内にあるお客様システム間のプライベート接続を実現するサービスです。

ソラコムが提供するSIMカードをデバイスに挿すことでデータは認証を要するモバイル通信網を通じて「SORACOMプラットフォーム」に送信されます(下記図A)。そして「SORACOM」が提供する専用線接続サービス「SORACOM Direct」とアット東京のATBeXを相互接続することで、デバイスと既存のシステムやデータセンター間の閉域網接続の利便性が向上し、お客様はデバイスが取得したデータをモバイル通信網を利用し、迅速かつセキュアにシステム連携できるようになります(下記図B)。

「ATBeX ServiceLink for SORACOM」接続イメージ

「ATBeX ServiceLink for SORACOM」接続イメージ

本サービスのメリットは下記の通りです。
・「SORACOM Air SIM(※2)」からお客さまのオンプレミスシステムまで、セキュアで高品質な通信環境を実現
本サービスを利用することで、「SORACOM Air SIM」を搭載した監視カメラやセンサーや通信ゲートウェイ等のIoTデバイスから、お客さまのシステムまで完全閉域の通信環境を構築可能です。
また、業務利用においても、お客さまPCやタブレット、POS端末等の通信に「SORACOM Air SIM」を用いることで、完全閉域のモバイル接続環境を構築することができます。

・アット東京をネットワークプラットフォームとした様々な拡張が可能
お客さまは「SORACOMプラットフォーム」からアット東京に接続することにより、お客さまのオンプレミス設備だけでなく、ATBeXを介して様々なクラウド事業者や通信事業者などのITサービス事業者へ接続することができます。
また、アット東京を中心に、閉域ネットワーク接続をさらに拡げることが可能です。

・IoTビジネスの発展、新たな価値を共創する場に
アット東京は本サービスにより、お客さまが「SORACOMプラットフォーム」を利用することで、迅速にIoTシステムを構築でき、新たなIoTビジネスの創造とビジネスの加速ができる環境を整えました。
当社センターでは引き続きIoTビジネスを展開頂く環境を充実させ、サービス利用者様、提供者様の「共創の場」として、ビジネスの拡大を支援します。

株式会社ソラコムからのエンドースメント : 代表取締役社長 玉川憲様

この度のアット東京様の新サービス「ATBeX ServiceLink for SORACOM」と「SORACOMプラットフォーム」の連携を心より歓迎します。
IoT通信プラットフォーム「SORACOM」は、IoT通信とIoTシステム構築をサポートするサービスを提供します。IoTシステムにおいて、セキュリティは関心が高い項目の一つです。その実現手段として、「SORACOM」ではプライベート接続サービス「SORACOM Direct」を提供しており、お客様はウェブコンソールからそれらの設定を操作・管理できるようにしています。
本サービスが、IoTシステムや、モバイル通信を活用したシステムにおける、モバイル通信活用を加速し、新たなビジネス共創を創出につながると期待しています。

アット東京は、IoT分野においても、ビジネスが加速し新たなビジネスを生む環境を提供します。
そしてデジタルビジネスプラットフォームとして、アット東京のIoT関連事業者のコミュニティを発展させてまいります。

※1: ATBeXとは、アット東京のデータセンター内で各事業者が提供しているサービスの利用や企業システム間の相互連携など、多様化する接続を効率的に提供するプラットフォームサービス。
参考:http://www.attokyo.co.jp/news/20171205.html
※2: SORACOM Air SIMとは、ソラコムが提供するデータ通信用 のSIMカード。
参考: https://soracom.jp/services/air/cellular/

※本文に記載されている会社名及び製品名、会社名およびロゴは該当する各社の商号、商標または登録商標です。
※SORACOM、およびSORACOMのサービス名は、株式会社ソラコムの登録商標または商標です。
※本ニュースリリースに記載された情報は発表日現在のものです。商品の料金、サービス内容や仕様、その他の情報は予告なしに変更されることがありますことを、ご了承ください。

以上

これなら安全って感じもしますが・・費用はどれくらいかかるのかな?

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ