ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年05月31日 に以下のカテゴリに投稿されました IoT.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , ,


ぷらっとホームのIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks® IoT VX2」が日立製作所のJP1 Certifiedを取得

そろそろ IoT を使って各種のセンサーなどから得たデータを、集めて使うだけではなくて、それらを統合して管理下に置くようなことが進んできているようですね。

こんな発表を聞くと、改めてそのように感じます。

ぷらっとホームが以前から販売している IoT ゲートウエイの OpenBlocks IoT VX2 が、広く使われている日立製作所の JP1 の Certified(認定)を受け、同機器がシームレスに統合されることが認定されたそうです。

ぷらっとホームのIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks® IoT VX2」が日立製作所のJP1 Certifiedを取得
ぷらっとホーム株式会社

2018年5月29日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証二部6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、同社のIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks® IoT VX2」が株式会社日立製作所(証券コード:東証一部6501、本社:東京都千代田区、代表執行役 執行役社長兼CEO:東原敏昭、以下日立製作所)の提供する統合システム運用管理ソフトウェア「JP1」と連携し、JP1 Certifiedを取得した事を発表します。本連携により、お客様はOpenBlocks® IoT VX2とJP1を連携した、最適化されたIoTシステムの統合運用環境が実現できます。
JP1およびJP1連携製品認定制度について
日立製作所が提供するJP1は、1994年より日立製作所が提供している国内トップクラスの実績を誇る統合システム運用管理ソフトウェアです。現在の運用管理に求められる多様な要件に合わせて進化を続け、オートメーション、モニタリング、コンプライアンスの3つのカテゴリでシステム運用の最適化を通してお客さまのビジネスの継続的な発展を支援します。
また、JP1の連携製品認定制度である「JP1 Certified」とは、JP1が提供する製品群とシームレスに連携できるハードウェア/ソフトウェアを認定し、お客様に提供できる運用管理ソリューションの強化を図る制度です。

OpenBlocks® IoT VX2について
ぷらっとホームが提供するOpenBlocks® IoT VX2は、IoTエッジコンピューティングを実現する高性能IoTゲートウェイです。センサーなどのIoTデバイスからの情報を解析して、データの収集・見える化や、異常検知に活用できます。また、JP1と連携することで、OpenBlocks® IoT VX2で検知した異常をJP1の統合コンソールに表示できます。この連携により、ITシステムとIoTシステムの両方の情報をJP1の運用管理画面で一元的に把握することが可能となります。さらに、JP1からOpenBlocks® IoT VX2の統合遠隔管理サービスであるAirManage for IoTをリンク&ラウンチで起動することで、OpenBlocks® IoT VX2を遠隔操作し、詳細を確認することも可能となります。

ぷらっとホームのIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks® IoT VX2」が日立製作所のJP1 Certifiedを取得

ぷらっとホームのIoTゲートウェイ製品「OpenBlocks® IoT VX2」が日立製作所のJP1 Certifiedを取得

関連URL
・日立製作所
JP1連携プロダクト – OpenBlocks IoT VX2
http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/soft1/partner/details/dev_jp1_openblocks_iot_vx2.html

・ぷらっとホーム
OpenBlocks® IoT VX2 製品概要
https://openblocks.plathome.co.jp/products/obs_iot/vx2/

ぷらっとホームについて
ぷらっとホームはマイクロサーバーの開発製造大手です。1993年の創業よりLinuxサーバーのパイオニアとして、通信やネットワーク分野に自社製コンピュータを供給してきました。手のひらサイズの超小型Linuxサーバー「OpenBlocks®」は、大手通信事業者をはじめ、物流、輸送、金融、エネルギー産業、官公庁など日本の社会インフラを支える様々な領域で採用されており、今後大きく成長すると見込まれるM2MやIoT(Internet of Things: モノのインターネット)でも大きな注目を集めています。

本発表に関するお問合せ先
・報道機関からのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 製品マーケティング部 星 賢志(ほし けんじ)
pr@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4373/Fax 03-3221-0882

・ユーザー向けのお問合せ先:
ぷらっとホーム株式会社 営業部 竹内 敬呂(たけうち よしろ)
sales@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4370 / Fax 03-3221-3766

* 外観・仕様・価格等は予告なく変更する場合があります。
* ぷらっとホームおよびPlat’Homeの名称・ロゴは、日本国及びその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

以上

おそらくは、今後はこのような動きがどんどん進んでくるように思います。

やっぱり、つなげて使うだけでは済まないと思うし、今度はそれを管理しやすくすると考えるんのは、当たり前のことですよね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ