ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年06月01日 に以下のカテゴリに投稿されました カメラ.

この記事のタグ

, , , , , , , ,


3 つの接続方法が選択可能なウェアラブルカメラ「EW-1」- エルモが 7 月~販売開始

そのうちに(時間が少し経てばという意味)何かの方法に統一(までもいかなくても)何かしら、方法が策定されるとは思うのだけれど、もしかしたら、それもないのかも?

カメラを使い・・っというのは、最近は案件としてもすごく多くなってきていると思うのですね。

そうなると、接続方法も、様々なんて事が起き、その都度いろいろなメーカーの製品を使ってなんてことも起こったり。

こんなカメラを使うと、3つの接続方法が選択できるので、便利かも。

クリップ一つでハンズフリー 新ウェアラブルカメラ発売のお知らせ EW-1 (イー ダブリュー ワン)
2018年7月発売 オープン価格
株式会社 エルモ社

テクノホライゾングループ(JASDAQ証券コード:6629)の株式会社エルモ社(本社:名古屋市南区塩屋町1-3-4 代表取締役社長:野村宏伸)は、3タイプ仕様選択可能なウェアラブルカメラ「EW-1」を7月に発売いたします。

3タイプ仕様選択可能なウェアラブルカメラ「EW-1」

3タイプ仕様選択可能なウェアラブルカメラ「EW-1」

3タイプ仕様選択可能なウェアラブルカメラ「EW-1」

3タイプ仕様選択可能なウェアラブルカメラ「EW-1」

エルモ社では、小型カメラとして2006年にSUV-Cam、2013年にQBiC-S、2014年にQBiC MS-1をリリースし、セキュリティ用途からアクションカメラ用途まで幅広い小型カメラの開発・製造・販売を行ってまいりました。また一方で「カメラとスマホのホームセキュリティ」としてクラウド型カメラを発売し、IoT市場にも2015年から携わってまいりました。

そうした中、警備会社や設備メンテナンス会社などでは、ウェアラブル端末やIoTを活用した作業支援や作業効率化を求めるニーズが高まっており、実用化もされています。この度リリースするEW-1を新たな可能性を生むウェアラブル端末として市場に投入し、エルモ社ではEW-1を生かしたシステム開発を担いながら、これまでも、これからも新たな市場を切り開くお手伝いをいたします。

【 EW-1の特長 】

ハンズフリーで遠隔作業支援可能
WiFi接続対応で遠方からも作業者に適切な指示が可能です。
本体付属のクリップで胸ポケットなどに装着可能です。胸部に装着することで安定した映像撮影を期待することができます。また、専用アタッチメントで三脚ネジにも装着可能です。

対角150度の広角レンズ
水平126度、対角150度の広角レンズを採用し、1台のカメラで広範囲をカバー。
画面揺れにも強い映像を実現します。
高感度CMOSセンサーを採用低照度環境でも白黒に切り替わることなくカラーで撮影することができます。

高感度CMOSセンサーを採用
低照度環境でも白黒に切り替わることなくカラーで撮影することができます。

EW-1画像

EW-1画像

他社カメラ画像

他社カメラ画像

用途で選べる3タイプ

QBiC CLOUDモード
クラウドに接続し、本部にいながら遠隔にある現場の作業支援を行うことができるモードです。弊社クラウドサーバ「ELMO QBiC CLOUD」に対応しています。
*クラウドサービスを利用する場合は別途クラウド利用料が発生いたします。
**クラウドカメラモードに関しては今秋にソフトアップデートにて対応予定です。

QBiC CLOUDモード

QBiC CLOUDモード

簡易IPモード
ネットワークカメラとして機能し、ネットワーク経由でカメラにアクセスできるモードです。

簡易IPモード

簡易IPモード

USBカメラモード
パソコンと接続しウェブカメラとして機能します。
また、microSDカードスロット搭載で簡易IPカメラモード、USBカメラモード利用時にはローカル撮影にも対応します。

USBカメラモード

USBカメラモード

■ 設計・製造ソリューション展 出展について
2018年6月20日(水)から22日(金)まで、東京ビッグサイトにおいて「設計・製造ソリューション展」が開催されます。機械要素や加工技術を一堂に集めた専門技術展でEW-1を出展いたします。テクノホライゾングループ企業 (株)タイテックブースにて展示いたします。

【 EW-1の主な製品仕様 】 外形(W×H×D)      :カメラ本体:44×78×27.6mm(突起部を除く)、 ケーブル:800mm

画角          :水平126°、垂直65°、対角150°
F値           :F2.2
有効画素数       :1/2.8″ 2.0M (1,945×1,097)
最低被写体照度               :0.05 lux
マイク         :○
スピーカー       :×
USB
USB規格        :USB2.0
UVC解像度                 :320×240 / 640×480 / 1280×720 /1920×1080
UVCフレームレート         :~25fps (1920×1080) ~30fps(1920×1080以外)
WiFi
無線LAN規格      :IEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
セキュリティ      :WEP (128bit), WPA/WPA2-PSK (TKIP/AES)
TCP/IPプロトコル     :RTSP / HTTP
解像度                           :320×240 / 640×480 / 1280×720
フレームレート      :~15fps
microSDカード      :microSD/microSDHC class6以上
消費電力         :2.5W
電源(ケーブル)      :DC5V (USB Type-A)
内蔵バッテリー      :×
防塵/防水性能      :IP65(ケーブル端子部を除く)
動作周囲温度      :-10~40℃
質量          :カメラ本体:約105g(USBケーブル含む)
*クリップアタッチメント:約20g
*三脚ねじアタッチメント:約8g
*アングルアタッチメント:約11.5g
付属品         :クリップアタッチメント、三脚ねじアタッチメント、アングルアタッチメント、
皿ねじ
*解像度、フレームレートは使用するI/F、サービスによって異なります。
SDカード及びモバイルバッテリーは別売です。

-ELMOロゴは㈱エルモ社の登録商標または商標です。
-その他の名称や製品名は各社の登録商標または商標です。
-本プレスリリースの内容は発表日現在の情報です。予告なしに変更される可能性がある旨予めご了承ください。

以上

なかなか使いやすそうですが、お値段次第ってところもありますね。

中華製はお安いから。

関連して、USB ケーブルをその規格以上に延長するケーブルとかも、他社から出てきていたりします。

 

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ