ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年07月09日 に以下のカテゴリに投稿されました Others (その他).

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


新型!+Style、電子回路が印刷された紙を筒のように丸めることで点灯する懐中電灯「PAPER TORCH」を7月4日に販売開始

以前にもこちらの記事で紹介した +Style の紙のようなものを丸めると、懐中電灯になるという製品。

回路を新しくした新型が登場するそうです。

+Style、電子回路が印刷された紙を筒のように丸めることで点灯する懐中電灯「PAPER TORCH」を7月4日に販売開始
ソフトバンク コマース&サービス株式会社

+Styleは、デザインオフィスnendo(ネンド)と共同で取り組む、デザイン特化型のIoT商品開発プラットフォーム「DoT.(Design of Things)」から、電子回路が印刷された紙を筒のように丸めることで点灯する懐中電灯「PAPER TORCH(ペーパートーチ)」を「DoT.」(http://designofthings.jp/)で、2018年7月4日に販売開始します。「PAPER TORCH」は、「DoT.」発の製品第1弾として、2017年に数量限定で販売し、好評のため完売しました。今回の「PAPER TORCH」は、新しい電子回路のデザインを採用して販売するものです。

■PAPER TORCH(https://plusstyle.jp/dot/project/papertouch.html

PAPER TORCH(ペーパートーチ)

PAPER TORCH(ペーパートーチ)

「PAPER TORCH」は、紙などに電子回路を印刷するエレファンテック株式会社の技術を活用して作られており、電子回路が印刷された紙を筒のように丸めることで点灯する懐中電灯です。電子回路は、銀粒子を使った導電性インクを用いて、紙全体に市松模様のデザインで印刷されています。紙の片面にボタン電池2個とLEDライト7個を導電性のある接着剤で接着しています。紙を巻くことで、印刷された電子回路がつながりLEDライトが点灯します。紙を緩く巻くと光が弱くなり、きつく巻くと光が強くなるなど、紙の巻き方の加減により光の強さを調整できます。販売価格は、1万800円(税込み)です。

「PAPER TORCH」は、先端のデザインを生み出し続けているデザインオフィスnendoと、100年を超える紙の老舗企業である株式会社竹尾、東京大学発のベンチャー企業で紙やフィルム、布などに銀粒子を使ったインクを印刷することで電子基板を作る技術を持つエレファンテック株式会社の3社による共同プロダクトです。

●+Styleは、ソフトバンク株式会社の商標です。
●その他、このお知らせに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。
●このお知らせに記載されている内容、製品、仕様、問い合わせ先およびその他の情報は、発表日時点のものです。これらの情報は予告なしに変更される場合があります。

以上

ちょっとお値段も高くなったみたいですね。

その分性能も向上しているのか?

でも・・懐中電灯にこのお値段はちょっと出せないかも。

面白い製品だとは思うのですけれどね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ