ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年07月20日 に以下のカテゴリに投稿されました Others (その他).

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , ,


最新版・自動運転業界マップをリリース! – 全138企業・大学・ファンドを掲載 – 自動運転専門ニュースメディア「自動運転ラボ」

カオスマップですね。

自動車の自動運転に関するカオスマップ。

センサー技術を始め、技術の集大成と言っても良いと思う。

実現するのは、考えるだけでもなかなか大変そうですが、人命に関わることもあるので・・

素人には無理だけどね。

最新版・自動運転業界マップをリリース! 全138企業・大学・ファンドを掲載 – 自動運転専門ニュースメディア「自動運転ラボ」
世界・日本の大手企業からスタートアップまで、膨脹・発展を続ける自動運転・ライドシェア業界の勢力図をカテゴリー別に可視化
株式会社ストロボ

株式会社ストロボ(以下、当社/東京都・港区 代表取締役 下山哲平)が運営する日本唯一の自動運転専門ニュースメディア『自動運転ラボ』(https://jidounten-lab.com)は、膨脹・発展を続ける自動運転・ライドシェア業界の勢力図をカテゴリー別に可視化した「自動運転業界マップ〜2018年夏 最新版」(掲載:全138企業・大学・ファンド)を発表致しましたので、お知らせ致します。

●全138企業・大学・ファンドを掲載した「自動運転業界マップ〜2018年夏 最新版」

自動運転ラボは、業界を牽引する大手メーカーからIT・技術分野で革新の一翼を担うスタートアップまで、モビリティ業界の最前線についての情報を発信しています。このほど発表した自動運転業界マップでは、日本を含む世界の全138企業・大学・ファンドを7カテゴリーに分類して掲載しました。自動運転車の製造に取り組む完成車メーカーから自動運転システムやコアセンサーの研究開発を進めるスタートアップ企業まで、所在国や企業規模も添えてロゴを掲載しています。

自動運転業界マップ

自動運転業界マップ

■自動運転業界マップ PDF版:ダウンロード
https://jidounten-lab.com/wp/wp-content/uploads/2018/07/jidounten_map_2018_summer.pdf
■自動運転業界マップJPG版:ダウンロード
https://jidounten-lab.com/wp/wp-content/uploads/2018/07/jidounten_map_2018_summer.jpg

●開発競争が激化する自動運転業界の「今」を可視化

自動運転ラボ

自動運転ラボ

完成車メーカーとしては、日本ではトヨタやホンダ、日産が先行して開発に乗り出しています。一方で、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)やBMW、ダイムラー、スウェーデンのボルボ、アメリカのゼネラルモーターズ(GM)や電気自動車(EV)大手テスラ、フォードなど、欧米勢との開発競争は激しさを増すばかりです。

半導体業界ではトヨタグループのデンソーと独ボッシュが自動運転業界での覇権争いを繰り広げているほか、自動運転の「目」とも言われるLiDAR市場では米スタートアップのLuminarが台頭しつつあり、大手企業が先進技術の獲得に向けて盛んにベンチャー企業の買収や出資施策を実施しています。

米インテルが153億ドル(約1兆7000億円)で買収したイスラエル企業モービルアイはその後、自動運転技術を車両800万台に対して提供する契約を欧州の自動車メーカーと結んでおり、業界における買収成功の好事例となりました。

●世界のIT・通信企業も自動運転ビジネスに熱視線

IT企業も自動運転ビジネスに熱視線を注ぎ、アメリカ勢ではアップルやグーグル(ウェイモ)、中国勢では百度(バイドゥ)やアリババ、日本勢ではDeNAなどがAI(人工知能)を含む自動運転ビジネスに参入しています。

通信業界からの参入組ではソフトバンクグループが一際その存在感を高めています。同グループはソフトバンク・ビジョン・ファンドからの巨額出資によってウーバーなどのライドシェア大手の筆頭株主になり、上場計画も持ち上がっている自動運転開発企業GM系クルーズにも出資をしています。日本国内ではSBドライブ社を設立し、自動運転バス事業などを推進しています。

名古屋大学などの日本国内の大学も、大学発ベンチャーの立ち上げや自動運転車の実証実験を始めとした学内での研究を加速させ、優秀な自動運転系エンジニアの育成に一役買っています。今後、自動運転業界でのエンジニア需要はより一層高まっていくとみられ、自動運転・ライドシェア業界の膨脹が転職市場にも大きな影響を与えています。

ライドシェア業界は米ウーバーが牽引しつつも世界各国で地場系サービスが続々誕生し、既に群雄割拠の様相を呈しています。配送業界や小売業界においてはクロネコヤマトやセブンイレブンなどが本格参入に向けた準備を進め、自動運転車の普及を見込んだ新たな保険商品の開発にも保険大手各社が取り組み始めています。

●業界マップへの掲載企業を募集しています

自動運転ラボ並びに当社は、今後も自動運転業界の最新情報をキャッチアップし、業界全体の振興に資することができるよう、定期的に自動運転業界マップを更新して最新版を読者の皆様にお届け致します。業界マップへのロゴの掲載を希望される企業のご担当者様は「contact@jidounten-lab.com」までご連絡下さい。

【自動運転ラボ メディア概要】

メディア名:自動運転ラボ
URL:https://jidounten-lab.com
Facebook:https://www.facebook.com/jidountenlab/
Twitter: https://twitter.com/jidountenlab
NewsPicks:https://newspicks.com/user/3376152
問い合わせ:contact@jidounten-lab.com

自動運転ラボ

自動運転ラボ

【株式会社ストロボ 会社概要】

株式会社ストロボ

株式会社ストロボ

商号:株式会社ストロボ
代表者:代表取締役社長 下山哲平
所在地:東京都港区麻布十番1-5-10(受付4階)
URL:https://www.strobo-inc.jp/
事業内容:デジタルマーケティング事業
メディア&コンテンツ開発事業
ベンチャー投資育成事業

以上

ざっくりとなのだろうけれど、こんなに沢山の著名な企業や大学がしのぎを削っているわけだ。

果たしていつ、どこまでの自動化が進むのだろうか?

他のアンケートでは、自動運転が実現されたら一番やりたいことは、睡眠とか言うアンケート結果もあったけれど、これ、ほんとに出来るの?(はいつ?)

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ