ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年08月08日 に以下のカテゴリに投稿されました STEM.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , ,


AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ 工作でわかるモノのしくみ – 「STEM教育」体験ブックの第3段です

これ、タイトルが良い感じで、「工作でわかるモノのしくみ」と書いてある。

そう、作ってみるとわかることってたくさんあるんですよね。

世界で注目の”理数系教育”!!国内初の科学絵本シリーズ第3弾★
国内初の「STEM教育」体験ブックでモノづくりの創造力を育てよう!
株式会社誠文堂新光社

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2018年8月2日(木)に、『AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ 工作でわかるモノのしくみ』を刊行いたします。

AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ 工作でわかるモノのしくみ

AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ 工作でわかるモノのしくみ

「学んでから応用する時代ではなく、応用しながら学ぶ時代。
身のまわりの課題や不思議に向き合いながら手を動かす。
STEMは、デジタルネイチャー時代に必要なスキルだ。」

筑波大学デジタルネイチャー研究室主宰
メディアアーティスト
落合陽一氏推薦!!

STEMとは、
Science(科学)
Technology(技術)
Engineering(工学)
Mathematics(算数・数学)
の4分野の頭文字を集めた言葉で、これからやってくる”AI時代”に欠かせない「知識・技能」と考えられています。

AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ 工作でわかるモノのしくみ

AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ 工作でわかるモノのしくみ

人工知能の活用が普及していくと、人間は、自分にしかできないこと、得意なことを新しく見つけ、自分で育てていかなければならない時代がやってきます。

未来を生きる子供たちが、人工知能を「使う」人材になれるか、
それとも人工知能に「使われる」人材になってしまうのか、
この2つを分けるのは「STEM」の力だといわれています。

この4つの知識・技能の習得にとって大切なことは、
「早くから興味を持つこと」といわれますが、それはなぜなのか?

アメリカで行われたある研究では、高校生のSTEM教育が成功するかどうかは、
「初等教育の段階で興味を持てたかどうか」に左右されるという結果も報告されています。

このシリーズは、これら4つの知識・技能を1巻ごとに紹介する、国内初のSTEM教育体験ブックシリーズです。

AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ 工作でわかるモノのしくみ

AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ 工作でわかるモノのしくみ

子供たちが自然に興味を伸ばしていけるよう、シンプルな説明とわかりやすいイラストで構成し、各巻ごとに豊富なテーマを収録しました。

また、各テーマには、家庭でできるかんたんな実験や工作を豊富に収録し、歴史上偉大な発見を成し遂げた科学者たちも紹介。

子供たちが楽しく学ぶための工夫やしかけがいっぱいです!

AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ 工作でわかるモノのしくみ

AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ 工作でわかるモノのしくみ

第3巻は、「Engineering(工学)」を紹介。

身の回りの便利な機械を動かしている力と、その力を活用して問題解決をする発明品を紹介します。

重力とエネルギーにはじまり、丈夫な建物をつくるための形、橋やトンネルがどうなっているか、潜水艦やホバークラフト、ヘリコプター、車などの乗り物や、列車や蒸気機関が動くしくみ、部品の動きを組み合わせるギアや歯車、農業に役立つ機械、人工呼吸器のしくみ、原子力と放射線など、さまざまな発明品とその力について、やさしく解説します。

AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ 工作でわかるモノのしくみ

AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ 工作でわかるモノのしくみ

本書は全4冊で編成されるシリーズで、好評発売中の第1弾『実験でわかる科学のなぜ?』・第2弾『ためしてわかる身のまわりのテクノロジー』、8月同時刊行の第3弾『工作でわかるモノのしくみ』・第4弾『クイズ&パズルでわかる 数と図形のナゾ』と続きます。

大人にもご満足頂ける充実した構成・内容になっていますので、夏休み、ぜひお子さんと一緒に親子で読んで、体験してほしいシリーズです。

STEM教育体験ブックシリーズ

STEM教育体験ブックシリーズ

★発売中の書籍の詳細はこちら★
・第1弾『実験でわかる科学のなぜ?』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000500.000012109.html
・第2弾『ためしてわかる身のまわりのテクノロジー』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000501.000012109.html

【著者プロフィール】
著:ニック・アーノルド
1996年より執筆活動を開始。英国で「ハリー・ポッター」に次ぐ人気を持ち、40か国累計で400万部を突破した「Horrible Science(ゾクゾクするほどおもしろい科学)」シリーズの著者。「Explosive Experiments」、「Chemical Chaos」、「Ugly Bugs」をはじめ多数の著作を持つ。執筆活動以外では、書店や学校、図書館などで講演も行う。

監修:ガリレオ工房
「科学の楽しさをすべての人に」伝えるためのさまざまな取り組みを行う創造集団。メンバーは、教師、ジャーナリスト、研究者などで構成され、科学実験の研究・開発を行う。書籍、雑誌、新聞、テレビ番組、全国各地での実験教室やサイエンスショーを行うなど、その活動は多岐にわたり、各界から高い評価を受けている。2002年に吉川英治文化賞受賞。

【書籍概要】
書 名:工作でわかるモノのしくみ
―AI時代を生きぬくモノづくりの創造力が育つ
著 者:ニック・アーノルド(著)/ガリレオ工房(監修)
仕 様:A4変判、上製本、80ページ
定 価:本体2,000円+税
配本日:2018年8月2日(木)
ISBN:978-4-416-61826-4

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416618264
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/15511567/
ヨドバシ.com:https://www.yodobashi.com/product/100000009002981893/
Amazon:

honto:https://honto.jp/netstore/pd-book_29101147.html
オムニ7:https://7net.omni7.jp/detail/1106900684

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 誠文堂新光社
〒113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

以上

このシリーズは、第4弾で完結するとのことなのですが、後一冊も、早々に出てくるみたいですよ。

またお知らせしようと思います。

夏休みだから、読んでほしい!って思いなのかな?

大人が読んでもなかなか面白いと思います。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ