ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年08月22日 に以下のカテゴリに投稿されました AI.

この記事のタグ

, , , , , , , ,


かざす AI 図鑑アプリ「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」サービス開始 3ヵ月間はサンシャイン水族館で無料体験キャンペーン実施!!

すごく進化しましたね。

まるでドラえもんの道具みたいだ。

アプリでこんな事ができるなんて、スゴイ。

とはいえ、今は、スマートフォンなどでは、顔認証なんて当たり前だし。

時々間違えちゃうみたいだけれど、どんどん正確に認識できるようになっている感じ。

かざすだけで瞬時に約4,000種の生き物の名前がわかる!かざすAI図鑑アプリ「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」サービス開始 3ヵ月間はサンシャイン水族館で無料体験キャンペーン実施!!
サンシャイン水族館での無料体験期間:8月20日(月)~11月末
株式会社サンシャインシティ

サンシャイン水族館(東京・池袋、館長:丸山克志)では、8月13日(月)にリリースされた世界初のかざすAI図鑑アプリ「LINNÉ LENS(リンネレンズ)」と提携し、8月20日(月)~11月末までの期間、無料体験キャンペーンを実施します。

LINNÉ LENS(リンネレンズ)

LINNÉ LENS(リンネレンズ)

LINNÉ LENSとは、ユーザーがカメラをかざすだけで瞬時に生き物の名前がわかり、撮影した写真が登録され、解説を見ることができ、記録され、世界にひとつだけのオリジナル図鑑を作ることができるアプリです。第一弾は、日本の水族館にいる生き物の9割(約4,000種)に対応しており、魚類を中心に、哺乳類(アシカ)、鳥類(ペンギン)、両生類(カエル)、爬虫類(トカゲ)、甲殻類(エビ・カニ)、軟体動物(イカ・タコ)、刺胞動物(クラゲ)など幅広く認識できます。

今回のキャンペーン期間中は、サンシャイン水族館内で「LINNÉ LENS」の位置情報サービスをONにすることで、通常のお試し無料(1日10種まで)を超えて、認識できるすべての展示種の認識・記録を無料でお楽しみいただけます。また、水族館飼育スタッフだからこそ知る習性や観察ポイントとなる豆知識などが満載のサンシャイン水族館オリジナル解説も主要な展示生物においてご覧いただけます。

サンシャイン水族館には約550種の生き物がおりますので、この機会にぜひ色々な生き物に「LINNÉ LENS」をかざしてみてください。

【LINNÉ LENSの特徴】
1. かざすだけ、4,000種の生きものの名前をAIが瞬時にサーチ。
2. 国内の水族館にいる生きものの9割に対応。
3. あなたの写真と充実の解説で、世界に一つだけの図鑑が作れます。
4. オフラインでもOK。電波の届かない水中や山奥でも使えます。

LINNÉ LENS(リンネレンズ)

LINNÉ LENS(リンネレンズ)

サンシャイン水族館館長 丸山がLINNÉ LENSを使ってみた!
まず、かざすだけで一瞬で生物名が表示されることに大変驚きました。水槽での解説表示の制約を越えて、お客様が生き物についてより詳しく知ることができるのも素晴らしい。水族館や動物園オリジナルの解説表示も可能なので、園館ごとに異なる飼育スタッフ目線の生物情報の提供も可能ですね。

LINNÉ LENS(リンネレンズ)

LINNÉ LENS(リンネレンズ)

【デモ動画】
https://www.youtube.com/watch?v=ke6LuURtovg

【主な特徴】
(1)4,000 種の名前が瞬時に。
カメラをかざすだけで生き物の名前が一瞬で表示されます。名前を一つずつ表示するフォーカスと、複数同時に表示するマルチの2 つのモードがあります。

(2)かざすだけ、自動で記録。
見つけた生き物は、種ごとに自動で、時系列で記録されます。生き物の解説は、その場でも後でもゆっくりご覧いただけます。

(3)種類別にコレクション。
LINNÉ LENS が認識できる生き物を網羅した系統樹です。見つけた生き物が記録され、生き物同士の意外な繋がりを発見できます。

(4)充実の解説。
生き物の知られざる情報やイラストを見ることができます。提携水族館では飼育スタッフの一言解説もご覧いただけます。あなたの写真と充実の解説で世界に一つだけの図鑑が作れます。

※水族館飼育スタッフだからこそ知る習性や観察ポイントとなる豆知識などが満載のサンシャイン水族館オリジナル解説も主要な展示生物においてご覧いただけます!

(5)水中でも山奥でも。
生き物の認識はスマートフォン上でリアルタイムに処理されるため、携帯電波の届かない山奥や水中でも使えます。(スマートフォンの防水と身の回りの安全には十分ご留意の上、各自の責任でご利用ください。)

【サービス仕様】
・アプリ名:LINNÉ LENS(リンネレンズ)
・サービス開始日:2018年8月13日(月)
・利用料:ダウンロード無料、お試し無料(1日10種まで)
LINNÉ LENS PROプラン別利用料(360円/1ヵ月、720円/3ヵ月、1,450円/12ヵ月)
※2018年8月20日~11月末の期間、サンシャイン水族館内で「LINNÉ LENS」の位置情報サービスをONにすることで、通常のお試し無料(1日10種まで)を超えて、認識できるすべての展示種の認識・記録を無料でお楽しみいただけます。

・対応OS/Device:iOS 11.2以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。(Androidは対応準備中)
・URL:https://lens.linne.ai/
・対応言語:日本語、英語
・注意事項:生き物の認識精度には差があり、現時点では認識困難な生き物も一部含まれています。

※画像はすべてイメージです

■サンシャイン水族館 概要
所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
営業時間:9:00~21:00(~9月2日)、10:00~21:00(9月3日~9月24日)、10:00~18:00(9月25日~2019年3月20日)※最終入場は終了1時間前 ※変更の場合あり
入場料金:大人(高校生以上)2,200円、こども(小・中学生)1,200円、幼児(4才以上)700円
問合せ先:サンシャイン水族館  03-3989-3466
URL:http://www.sunshinecity.co.jp

以上

お試しでも、無料で1日に10種類まで教えてくれると書いてありますね。

でも、ここには生物・・いない。

なるほどね。

位置情報を録っていて、そこがサンシャイン水族館だと全機能使える。

もしかして、これ、普通の場所で生物を認識させると、位置情報付きで送られるってことなのか?

まぁ、どんな地域にどんな生物がいるのかわかるってことは、いろいろ役に立つのだろうけれど。

残念なのは、対応はするようだけれど、現時点では iPhone だけなんだね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ