ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年09月18日 に以下のカテゴリに投稿されました IoT.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


ぷらっとホームが国内高圧スマート電力量メータへのアクセス認証取得! – スマートシティ・スマートビル向けIoT市場への対応を強化

これは良いニュース

ビルの中には、結構な高圧電気が引き込まれているのね。

これは、普通は触っちゃいけない!事になっているのだけれど、これにさわれないと、ビル全体の電力消費がわからないってことになるので、IoT するのなら、不可欠なわけだ。

その認証をぷらっとホームが取得しましたよってお話。

ぷらっとホーム、国内高圧スマート電力量メータへのアクセス認証取得によりスマートシティ・スマートビル向けIoT市場への対応を強化
多数の導入実績をもつIoTゲートウェイ「OpenBlocks® IoT Family」で「ECHONET Lite™・ECHONET Lite AIF™」認証を取得
ぷらっとホーム株式会社

2018年9月11日、ぷらっとホーム株式会社(証券コード:東証二部6836、本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木友康、以下ぷらっとホーム)は、自社の汎用IoTゲートウェイ製品「OpenBlocks® IoT VX2」と「OpenBlocks® IoT EX1」が国内の高圧スマート電力量メータとの接続のため、「ECHONET Lite™」「ECHONET Lite AIF™」認証を取得したことを発表しました。
ぷらっとホームはIoTのリーディングカンパニーとして、都市IoT分野において、以前より「都市」「ビルディング」「ホーム」等のユースケースに製品を多数ご採用頂いております。今回、高圧スマート電力量メータ接続認証の取得によって、以前よりご要望の高かったスマートシティ・スマートビルディングなどの都市型IoTの市場分野への製品対応の強化を行いました。ぷらっとホームは今後、本認証取得により、さらに強力に本番利用での都市IoT需要への対応を強化してまいります。

IoTゲートウェイ「OpenBlocks® IoT Family」について
今回認証を取得したOpenBlocks® IoT VX2やOpenBlocks® IoT EX1などを含む製品シリーズOpenBlocks® IoT Family(以下、OpenBlocks® IoT)は、IoTに必要となる様々な機能をサポートした汎用IoTゲートウェイです。OpenBlocks®シリーズの累計10万台を超える出荷実績に裏付けされた高い信頼性をそのままに、IoTに必要とされるエッジコンピューティングの機能や、有線・無線による多様なインターフェイスを備え、さらに各種IoTクラウドシステムとの通信プロトコルを標準サポートし、お客様のIoTシステムの実現を強力にサポートします。

OpenBlocks® IoT VX2製品外観

OpenBlocks® IoT VX2製品外観

OpenBlocks® IoT ユーザーインターフェイス画面例

OpenBlocks® IoT ユーザーインターフェイス画面例

規格/仕様について
・ECHONET Lite™
エコーネットコンソーシアムにより策定された、ECHONET Lite™機器間接続のための通信規格です。

・ECHONET Lite AIF™
エコーネットコンソーシアムにより策定された、スマート電力量メータなどの重点機器において、より高い相互接続のために機器ごとのアプリケーションレベルでの仕様を定義したアプリケーション通信インターフェイス仕様です。高圧スマート電力量メータ・EMSコントローラ間の認証取得により、都市IoTやビルIoTに必要な高圧スマート電力量メータとの接続を可能とします。

認証取得の背景について
国内のIoT(モノのインターネット)市場規模は6兆円を超え、2022年には12兆円※1を超える市場規模に達すると予測されています。
IoT市場は2014~2017年の初期の立ち上がり市場を超えて、2018年から2020年にかけて本番使用でのユースケースを積み重ね、今後、本格的に社会や産業の各種インフラストラクチャとしてその位置付けが固まりつつあります。
当社製品は以前より社会のIoT分野において、「都市」「ビルディング」「ホーム」等のユースケースで多数のご採用事例を頂いております。当社は本分野でのお客様ニーズにさらに対応するべく、以前よりご要望の高かった認証規格面での電力IoTの市場分野での製品対応を強化するものです。
ぷらっとホームは、今後大きく拡大すると思われるIoTの各分野において、導入実績豊富なIoTゲートウェイ「OpenBlocks® IoT」とともに、リモート管理ソリューション「AirManage™ for IoT 」、各種センサー・デバイス・クラウド接続エッジソフトウェア「Plat’Home IoT Gateway Software “FW3.x”」、IoTデータマネジメントアプライアンス「OpenBlocks® IDM アプライアンス」を含む強力なIoTソリューションを、お客様やパートナー様へご提供してまいります。
※1 IDC Japan 2018年3月14日「国内IoT市場 ユースケース(用途)別/産業分野別予測を発表」より

取得規格等詳細
・認証取得機器
Product Name      OpenBlocks IoT Family
Product Number  OBSVX2, OBSEX1G

・認証規格/仕様
ECHONET Lite Product (フルECHONET Lite機器)
ECHONET Lite AIF Product(高圧スマート電力量メータ・EMSコントローラ間)

・認証取得日
Date of Registration          2018-08-31
Date of Issue                     2018-09-05

関連URL
OpenBlocks® IoT VX2 製品情報
https://openblocks.plathome.co.jp/products/obs_iot/vx2/

OpenBlocks® IoT EX1 製品情報
https://openblocks.plathome.co.jp/products/obs_iot/ex1/

ぷらっとホームについて
ぷらっとホームはマイクロサーバーの開発製造大手です。1993年の創業よりLinuxサーバーのパイオニアとして、通信やネットワーク分野に自社製コンピュータを供給してきました。手のひらサイズの超小型Linuxサーバー「OpenBlocks®」は、大手通信事業者をはじめ、物流、輸送、金融、エネルギー産業、官公庁など日本の社会インフラを支える様々な領域で採用されており、今後大きく成長すると見込まれるM2MやIoT(Internet of Things: モノのインターネット)でも大きな注目を集めています。

本発表に関するお問合せ先
報道機関からのお問合せ先:
・ぷらっとホーム株式会社 製品マーケティング部 星 賢志(ほし けんじ)
pr@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4373 / Fax 03-3221-0882

ユーザー向けのお問合せ先:
・ぷらっとホーム株式会社 営業部 竹内 敬呂(たけうち よしろ)
sales@plathome.co.jp
Tel 03-5213-4370 / Fax 03-3221-3766

* 外観・仕様・価格等は予告なく変更する場合があります。
* ぷらっとホームおよびPlat’Homeの名称・ロゴは、日本国及びその他の国における、ぷらっとホーム株式会社の登録商標または商標です。
* その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

以上

これで OpenBlocks も利用の幅が広がって、たくさん使われるようになる(かも)。

他でもおそらくできるようにななってくると思うけど。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ