ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年10月04日 に以下のカテゴリに投稿されました 仮想通貨.

この記事のタグ

, , , , , , , ,


テックビューロ(Zaif)の仮想通貨流出問題 – お客様流出資産の補償に関して

金融支援を受ける方向で、顧客の資産を補償しますという発表ですね。

これ、使われている字が問題だよね。(ほしょうって字)

やっぱりそうなのかって感じ。

お客様流出資産の補償に関して
ー両社で具体的な対応策を継続検討中ー
テックビューロ株式会社

弊社が運営する仮想通貨取引所Zaifで発生いたしました仮想通貨流出事件に関して、お客様の流出資産に関する状況を以下の通りご報告いたします。

Zaif (テックビューロー)

Zaif (テックビューロー)

この度の仮想通貨流出事件に関しまして、平成30年9月20日付け「仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について」でご報告いたしましたとおり、弊社は、JASDAQ上場企業である株式会社フィスコのグループ企業である株式会社フィスコデジタルアセットグループの子会社を通じた金融支援の正式合意を目指す検討を開始する基本合意を締結しております。

同基本契約の締結後は、正式契約締結に向けて協議・交渉を進めており、顧客資産の補償に万全を期す方針に変更はなく、具体的な対応の詳細について現在も検討を続けております。内容が確定次第、速やかにご報告いたします。

この度は、お客様および関係者の皆様には、多大なるご迷惑とご心配をおかけしておりますことを謹んでお詫び申し上げます。

<関係プレスリリース>
「仮想通貨の入出金停止に関するご報告、及び弊社対応について」(9月20日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000093.000012906.html

「仮想通貨の流出事件における現在の状況について」(9月21日)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000094.000012906.html

<本件に関するお問い合わせ先>
テックビューロ株式会社 広報担当
メールアドレス:pr@techbureau.jp
電話番号:03-6705-8653(専用電話)※受付時間:平日10時から17時半

以上

では、基本合意には達したが、それができなかったら、どうなっちゃうのかなぁって、被害に合われた方たちも、心配でしょうね。

大変だとは思いますが、もう少し時間が必要なようですね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ