ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年10月31日 に以下のカテゴリに投稿されました Others (その他).

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , , ,


『未来IT図解』シリーズ3冊が一挙発売! ブロックチェーン、IoT、AIをテーマに、ビジネスパーソンが知っておくべきポイントを総ざらい

未来 IT 図鑑となっているけれど、既にもう足元まで来ていると思うんだ。

お仕事としている人は、どんな感じで説明するとわかってもらえるのかが理解できると思うし、そうでない方も、そろそろ一読しておく必要があるように感じる。

同じ感じの本であれば、書かれていることも、同じ感じで理解できると思うので、向き不向きはあるだろうけれど、お勧めであると思います。

『未来IT図解』シリーズ3冊が一挙発売! ブロックチェーン、IoT、AIをテーマに、ビジネスパーソンが知っておくべきポイントを総ざらい
株式会社インプレスホールディングス

インプレスグループでデザイン分野のメディア事業を手がける株式会社エムディエヌコーポレーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山口康夫、略称:MdN)は、『未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス』『未来IT図解 これからのIoTビジネス』『未来IT図解 これからのAIビジネス』の3冊を発売しました。

『未来IT図解』シリーズ3冊が一挙発売! ブロックチェーン、IoT、AIをテーマに、ビジネスパーソンが知っておくべきポイントを総ざらい

『未来IT図解』シリーズ3冊が一挙発売! ブロックチェーン、IoT、AIをテーマに、ビジネスパーソンが知っておくべきポイントを総ざらい

『未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス』
https://books.mdn.co.jp/books/3218203010/

未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス

未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス

未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス

未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス

未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス

未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス

仮想通貨だけでなく、多くの分野での有効な応用が可能な新しい技術として、言葉自体はとても有名になった「ブロックチェーン」。しかしその内容は、いまひとつよく分かりにくいものです。

本書は「ブロックチェーンの直感的イメージ」を共有していくことで、分かりやすく紹介していきます。PART1で技術全体の進化と変遷をたどりながら、PART2で具体的な事例をもとに、金融業界、不動産業界、動産業界、製造・小売・物流業界、メディア・広告業界、音楽・コンテンツ業界、娯楽・ゲーム業界、医療・福祉業界、エネルギー業界、官公庁、派遣業界などでのユースケースを解説。そしてPART3では、AIや生体認証、VR、ドローン、IoTなどの新しい技術を絡めながら、ブロックチェーンで変化する個人の行動や組織、経済圏、価値観、社会と人々の関係性など、今後の未来を予測していきます。

近い未来にはほぼすべての業界とかかわりを持つことになる「ブロックチェーン」の、その「本当のところ」を掴んでください。

【仕様】
森川夢佑斗 著
定価(本体1,500円+税)/A5判/160ページ/オールカラー/ISBN978-4-8443-6822-9

『未来IT図解 これからのIoTビジネス』
https://books.mdn.co.jp/books/3218203012/

未来IT図解 これからのIoTビジネス

未来IT図解 これからのIoTビジネス

未来IT図解 これからのIoTビジネス

未来IT図解 これからのIoTビジネス

未来IT図解 これからのIoTビジネス

未来IT図解 これからのIoTビジネス

IoTは「モノのインターネット」と呼ばれる技術です。テレビやエアコン、時計など、身の周りのあらゆるモノがインターネットにつながることで、モノを遠隔から操作したり、リアルタイムの状態を確認できたり、人間が介在せずともモノ同士が相互に制御したりできるようになります。

このIoTは、コストダウンや業務の効率化とスピードアップに大きく寄与することから、実証実験も進み、現在では実用段階に至っている製品やサービスも多く出始めてきています。本書では、いよいよ本格的に始まったIoT時代を勝ち抜くために、知っておきたい基本的な技術と各領域で見込まれている実際のビジネス活用例をふんだんに図を用いてわかりやすく解説しています。

さらに、これからのビジネスの方針を先取りするインダストリー4.0やConnected Industriesといった未来の産業像も詳しく紹介しました。IoTにこれから取り組む方にまず押さえておいてほしいナレッジを凝縮した一冊です。

【仕様】
IoT産業技術研究会 著、株式会社デリバリーコンサルティング 監修
定価(本体1,500円+税)/A5判/160ページ/オールカラー/ISBN978-4-8443-6824-3

『未来IT図解 これからのAIビジネス』
https://books.mdn.co.jp/books/3218203011/

未来IT図解 これからのAIビジネス

未来IT図解 これからのAIビジネス

未来IT図解 これからのAIビジネス

未来IT図解 これからのAIビジネス

未来IT図解 これからのAIビジネス

未来IT図解 これからのAIビジネス

現在は第3次人工知能ブームと言われていますが、これまでの第1次、第2次ブームとは違い、現実のビジネスにも利用できるようになってきています。そして、まさに今から本格的なAIビジネスが始まろうとしています。

ところが日本企業の大半はAIビジネスの特性を知らず、その方法論も確立できていません。このため従来からあるソフトウェアを利用したビジネスと同様な取り組みをしてしまい、失敗が多発しているのが実情です。このような行き詰まりを避けるには、実際にAIには何ができるのか、その開発にはどのような準備が必要になるのかといった実務面をきちんと踏まえておく必要があります。

本書では、ディープラーニングやニューラルネットワークといった現在のAIブームを支える基本的な技術やビジネス活用の最新情報に加え、AIの開発工程の実際、PoC(実証実験)の課題、クライアントとベンダーの役割分担なども図をふんだんに用いてわかりやすく解説しています。さらに近未来の産業像を描いたSociety 5.0や求められる人材像なども紹介。本気でAI時代に備えたいビジネスパーソン必携の一冊です。

【仕様】
谷田部 卓 著
定価(本体1,500円+税)/A5判/160ページ/オールカラー/ISBN978-4-8443-6823-6

【株式会社エムディエヌコーポレーション】
株式会社エムディエヌコーポレーションは、雑誌・書籍・イベントを通して、グラフィックデザイン、およびWebデザインのノウハウと可能性を伝える事業を展開しています。デザインとグラフィックの総合情報誌『MdN』をはじめ、多数のデザイン関連書籍を発行しています。
URL:https://books.mdn.co.jp/

【インプレスグループ】
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:唐島夏生、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「旅・鉄道」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメデイア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。
URL:https://www.impressholdings.com/

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社エムディエヌコーポレーション
E-mail:info@MdN.co.jp
URL:https://books.mdn.co.jp/

以上

こういった技術的な事柄にも、ブームってのがあるんだけど・・

これらの3つは、どうやらそのブームではなく、(その当分の間は)それが去ることはないだろうと思う。

専門でなければ、時間のあるときに読めば良いと思うし、現役の方たちには、この3冊は、役に立つんじゃぁ無いかなぁ?

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ