ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年11月24日 に以下のカテゴリに投稿されました Smart Phone.

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売 – インカメラも、アウトカメラも、ダブルレンズAIカメラ搭載!

先日発表された HUAWEI Mate 20 lite が、11月30日~販売開始となるそうです。

同社の P20 lite は、とても良く売れている機種だと思うのだけれど、実は見送って Mate 10 lite を使ってる。

どちらも良い機種だと思うのだが、決め手はやっぱりメモリーの容量だった。

2年使う事を想定すると、多いほうが安心できるものね。

販売開始となる HUAWEI Mate 20 lite は、Mate 10 lite よりも、一回り大きいディスプレイを採用している。

インカメラも、アウトカメラも、ダブルレンズAIカメラ搭載!スマホの新しいスタンダード『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売
華為技術日本株式会社

ファーウェイ・ジャパンは、メインカメラとインカメラにそれぞれ、高解像度のダブルレンズAIカメラを搭載し、簡単にクオリティが高い写真が撮影できるハイエンドモデル並みのカメラ機能を搭載しつつ、急速充電対応の大容量バッテリーや、オクタコアCPUなど基本性能も充実したスマートフォン『HUAWEI Mate 20 lite』を39,800円(市場想定価格/税別)にて、ビックカメラグループ限定モデルとして11月30日より発売します。

『HUAWEI Mate 20 lite』は、スマートフォンの利用頻度が高く、インターネットや動画・音楽視聴、また、ゲームにSNSなど、様々なコンテンツをスマートフォンで楽しみつつ、カメラ機能も使用頻度の高い、価格に敏感な若年層や、ビジネスマンを中心に、様々なユーザーのニーズにお応えする、充実スペックのスマートフォンです。アウトカメラに約2000万画素+200万画素のダブルレンズAIカメラ、インカメラにも約2400万画素+200万画素のダブルレンズAIカメラを搭載しており、難しい設定いらずでクオリティの高い写真を楽しく簡単に撮影することが可能です。また、フルHD+高精細 約6.3インチの大画面フルビューディスプレイとHUAWEI独自のサラウンド効果による迫力の音が、イヤホン利用のコンテンツ体験をさらに充実させます。そして、9V,2Aの急速充電対応*1の3,750mAhの大容量バッテリーや、便利な顔認証機能などの基本性能も充実しているだけでなく、パワフルな8(オクタ)コアCPU 「HUAWEI Kirin 710」の搭載などパフォーマンス面でも妥協のない仕様となっており、まさにオールマイティなスマートフォンになっています。
*1付属の充電器を使用時のみ

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

ファーウェイ・ジャパンは、メインカメラとインカメラにそれぞれ、高解像度のダブルレンズAIカメラを搭載し、簡単にクオリティが高い写真が撮影できるハイエンドモデル並みのカメラ機能を搭載しつつ、急速充電対応の大容量バッテリーや、オクタコアCPUなど基本性能も充実したスマートフォン『HUAWEI Mate 20 lite』を39,800円(市場想定価格/税別)にて、ビックカメラグループ限定モデルとして11月30日より発売します。

『HUAWEI Mate 20 lite』は、スマートフォンの利用頻度が高く、インターネットや動画・音楽視聴、また、ゲームにSNSなど、様々なコンテンツをスマートフォンで楽しみつつ、カメラ機能も使用頻度の高い、価格に敏感な若年層や、ビジネスマンを中心に、様々なユーザーのニーズにお応えする、充実スペックのスマートフォンです。アウトカメラに約2000万画素+200万画素のダブルレンズAIカメラ、インカメラにも約2400万画素+200万画素のダブルレンズAIカメラを搭載しており、難しい設定いらずでクオリティの高い写真を楽しく簡単に撮影することが可能です。また、フルHD+高精細 約6.3インチの大画面フルビューディスプレイとHUAWEI独自のサラウンド効果による迫力の音が、イヤホン利用のコンテンツ体験をさらに充実させます。そして、9V,2Aの急速充電対応*1の3,750mAhの大容量バッテリーや、便利な顔認証機能などの基本性能も充実しているだけでなく、パワフルな8(オクタ)コアCPU 「HUAWEI Kirin 710」の搭載などパフォーマンス面でも妥協のない仕様となっており、まさにオールマイティなスマートフォンになっています。
*1付属の充電器を使用時のみ

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

『HUAWEI Mate 20 lite』 の主な特長

■スリムボディに搭載された約6.3インチのFHD+ フルビューディスプレイアスペクト比19.5: 9の縦長の大画面フルビューディスプレイは、インターネットも動画も見やすく、迫力の映像を楽しめる約6.3インチFHD+。また、背面のなめらかな曲線は、手にしっかりとフィットするエッジのない背面カーブガラス仕様。カラーバリエーションはサファイアブルーとブラックの2色展開です。

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

■アウトカメラも、インカメラも、ダブルレンズAIカメラ
アウトカメラは約2000万画素+約200万画素のダブルレンズカメラ。AI機能がフード、植物、猫など22種類の被写体やシーンを認識し適切な撮影方法を自動で設定。難しい設定なしでも、誰でも簡単に一眼レフで撮影したような、キレイな写真が撮影可能です。また、AIが地表や海の水平線を認識し、構図をアシストするなど、いつでもどこでもシャッターチャンスを逃すことなく、気軽にクオリティの高い撮影を楽しめます。

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

インカメラにも約2400万画素+約200万画素のAIカメラを搭載。セルフィー撮影でも、人物を美しく撮影するだけでなく、青空、花、植物、夜景など、背景も8つのシーンを認識し、キレイに描写します。また、HDR Pro機能を使用すれば、逆光などの顔が暗くなりがちなシーンでも、背景も人物も美しく撮影できます。さらに、スタジオで撮影したかのような立体的な陰影効果でポートレート撮影ができる、3Dライティング機能も搭載。インカメラの撮影がさらに楽しくなります。

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

■スマートフォンカメラを楽しくする便利なAI機能
写真を沢山撮影すると、ギャラリーの中からお目当ての写真を探すのも一苦労です。しかし『HUAWEI Mate 20 lite』のAI Smart GalleryならAIが撮影画像を識別して、カテゴリーや人物ごとに自動で仕分けしてくれるので、探している画像をすぐに見つけることができます。検索機能もあるので、キーワードを入れれば、欲しい画像をすぐに検索可能です。

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

また、ARレンズ機能を使えば、動物の耳などのアニメーションエフェクトや背景を変更した楽しい動画や画像を撮影することができます。さらに、3D Qmoji機能では、あなたの表情を細かく認識し、あなたの表情と声を持った3Dキャラクターの絵文字を作成可能。撮影した動画や画像、また、3Dキャラクターは、すぐに友人やSNSにシェアすることが可能です。

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

■快適なパフォーマンスと充実の基本性能
マルチタスクに強いパワフルな8(オクタ)コアCPU「HUAWEI Kirin710」とRAM 4GM /ROM 64GBの大容量メモリを搭載。複数アプリを同時に立ち上げても、ストレスなく快適な使用感が長続きします。また、バッテリーも9V, 2Aの急速充電*1に対応した、大容量3750mAhバッテリーを搭載しているので、ヘビーユーザーの方も安心して使うことができます。
*1付属の充電器を使用時のみ

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

『HUAWEI Mate 20 lite』11月30日より発売

そして、指紋認証に加え、便利な顔認証にも対応することで画面ロック解除がスムーズに行えるようになりました。さらに、イヤホンを使用した音楽試聴でのHUAWEI独自のサラウンド効果(HWA)の体験や、同じネットワーク上のPCと無線でファイルを簡単共有できる、HUAWEI Share 2.0にも対応しており、まさに、充実スペックのスマートフォンとなっています。

『HUAWEI Mate 20 lite』 の主な仕様

『HUAWEI Mate 20 lite』- 主な仕様

『HUAWEI Mate 20 lite』- 主な仕様

*2 ソフトウエアアップデートにより対応
※本端末はFOMA SIMカード(3G通信のみのSIM)には対応しておりません。 ※画像はすべてイメージです。実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。

●HUAWEIロゴはHUAWEI TECHNOLOGIES CO., LTD. の登録商標または商標です。●Bluetooth®とそのロゴマークは、 Bluetooth SIG, INCの登録商標です。●Androidは、Google LCCの登録商標です。●Wi-FiはWi-Fi Allianceの登録商標です。● microSD™は、SDアソシエーションの商標です。●その他掲載されている会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。

■製品の詳しい情報
『HUAWEI Mate 20 lite』 製品ページ
https://consumer.huawei.com/jp/phones/mate20-lite/ 

『HUAWEI Mate 20 lite』取り扱い店
下記ビックカメラグループにて販売いたします。

■株式会社ビックカメラ
■株式会社ソフマップ
■株式会社コジマ

以上

普段使いなら、非常に使いやすいスマートフォンだと思いますが、どうなんだろう?

Mate 10 lite でも、十分にディスプレイはでかいんだよね~

アメリカが同盟国に対して、HUAWEI の通信機器を使用することをヤメロと言ったらしいけれど、どうなるんだろうねぇ。

まぁ、貿易摩擦などでの対立は、普通の人でも問題だと感じるレベルに達していると思うし、もしものときにそんなもん使ってて、情報筒抜けになったら、困るだろ!

ってことなのだろうが・・・

この機種から USB-C コネクタが採用されましたね。(これは羨ましい)

一応価格は 39800円ほどのようです。

これは次世代のコスパ最高モデルとして、頑張れる機種かも。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ