ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年11月26日 に以下のカテゴリに投稿されました Tablet.

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


『HUAWEI MediaPad M5 lite』 11月30 日(金)より発売開始 – スタイラスペン「HUAWEI M-Pen lite」に対応!

最近のタブレットは、スタイラスペンが付いているのね。

どうなんだろう。

便利になのかな?

確かに絵を書いたりするのには、良いだろうね。

HUAWEI の新しい 10.1イチタブレット、MediaPad M5 lite が 2048 段階のスタイラスペンに対応して、11月30日から販売開始となるそうです。

スタイラスペン「HUAWEI M-Pen lite」に対応!『HUAWEI MediaPad M5 lite』 11月30 日(金)より発売
華為技術日本株式会社

『HUAWEI MediaPad M5 lite』 11月30 日(金)より発売開始

『HUAWEI MediaPad M5 lite』 11月30 日(金)より発売開始

ファーウェイ・ジャパンは、ハイエンドタブレット“HUAWEI MediaPad M”シリーズより、2,048段階の筆圧感知を備えた『M-Pen lite(別売り)』に対応した、大画面 約10.1インチ高解像度ディスプレイとHarman Kardonがサウンドチューニングを施した4スピーカー搭載の最新モデル、『HUAWEI MediaPad M5 lite』を11 月30日 (金) より発売します。市場想定売価は、Wi-Fiモデルが29,880 円 (税抜) 、LTEモデルが37,880 円 (税抜)、また、Wi-Fi 64GBモデル(M-Pen lite、オリジナルスマートカバー同梱)が37,880円(税抜)となります。

『HUAWEI MediaPad M5 lite』は、エンターテインメント性能に徹底的にこだわった、フラグシップモデル タブレット『HUAWEI MediaPad M5』シリーズのハイエンドの性能を引き継ぎながらも、価格をおさえたミッドレンジのタブレットです。パワフルな8コアCPUを搭載し、Mシリーズの特徴であるHarman Kardonがチューニングした高音質はもちろん、ダイナミックで臨場感のあるサウンドを奏でる高出力4スピーカー、約7500mAhの大容量バッテリーを3時間未満でフル充電できる急速充電(9V/2A)対応など、ハイエンドモデルさながらの充実機能が搭載されています。さらに、2,048段階の筆圧感知を備えた「HUAWEI M-Pen lite*1」を使用すれば、手軽にメモやイラストを楽しむことができ、エンターテインメントからクリエイティブ作業まで、幅広く活躍するタブレットとなっております。さらに、お子様の指紋認証にも対応した進化したキッズモードでは、ウェブサイトや指定したアプリへのアクセスを制限することができ、小さなお子様がいる家庭でも安心して使用できます。

*1 『HUAWEI M-Pen lite』は別売。(12月10日発売。Wi-Fi 64GBモデルにはオリジナルスマートカバー、HUAWEI M-Pen liteが同梱)

『HUAWEI MediaPad M5 lite』の主な特長
■高出力4スピーカーと高精細大型10.1インチディスプレイ

高出力4スピーカーと高精細大型10.1インチディスプレイ

高出力4スピーカーと高精細大型10.1インチディスプレイ

世界的なオーディオブランドHarman Kardonによる音響チューニングとHUAWEI独自の3Dサラウンド技術 Histenが臨場感のある美しい音を生み出し、上下に配置された高出力4スピーカーが大迫力のサウンドを再生。また、フルHDを超えるWUXGA(1920 x 1200)の約10.1インチ大画面高精細ディスプレイは、コンテンツや視聴環境に応じて、色味や明るさを自動で最適化するClariVuに対応。動画・音楽視聴やゲームなど、あらゆるエンターテイメントコンテンツをヘッドホンなしでも臨場感のある音で楽しむことができます。

■パワフルパフォーマンスと大容量バッテリー

パワフルパフォーマンスと大容量バッテリー

パワフルパフォーマンスと大容量バッテリー

 

■パワフルパフォーマンスと大容量バッテリー
高性能オクタコアCPUとAndroid 8.0 + HUAWEI EMUI 8.0 が合わさり、流れるようなパワフルな高速処理を実現。また、大容量7200mAhのバッテリーは、動画再生なら約13時間※、音楽再生なら約56時間※の使用が可能です。また、9V/2Aの急速充電に対応し、約3時間でフル充電することができます。
※ファーウェイラボでの試験データによる数値。実際の使用状況によって異なります

■美しさと使いやすさを融合したプレミアムデザイン

美しさと使いやすさを融合したプレミアムデザイン

美しさと使いやすさを融合したプレミアムデザイン

高級感のあるメタルユニボディは、2.5Dのガラスエッジ加工が施され、美しさと使いやすさを兼ね備えたエレガントなプレミアムデザイン。手にフィットする美しいカーブはスリムで持ちやすい仕上がりになっています。

■スタイラスペンで利便性がさらに向上

スタイラスペンで利便性がさらに向上

スタイラスペンで利便性がさらに向上

スタイラスペン『HUAWEI M-Pen lite*3』(単6乾電池式)対応により、さらに利便性が向上。2048段階の筆圧を検知し、高レスポンスと自然な書き味で、手書きのメモはもちろん、イラスト描画など様々な用途で使用できます。

*3 『HUAWEI M-Pen lite』は別売。(12月10日発売。Wi-Fi 64GBモデルにはオリジナルスマートカバー、HUAWEI M-Pen liteが同梱)

■進化した便利機能で更に使いやすく
お子様のご使用時に安心なキッズモードがさらに進化し、ウェブサイトや、指定したアプリへのアクセス、お子様のタブレット使用時間の設定など、タブレット使用の管理ができるだけでなく、お子様の指紋でキッズモードが立ち上がる指紋認証にも対応。ブルーライトのカットだけでなく、画面に顔が25cm 以内まで近づくと、画面から離れるようお知らせする近接お知らせ機能や、視力低下の懸念となる寝ながら視聴を検出すると、アラートが出る機能が追加されました。長時間の使用でもより安心です。

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデント 呉波(Wu Bo)

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデント 呉波(Wu Bo)

ファーウェイ デバイス 日本・韓国リージョン プレジデント 呉波(Wu Bo)よりコメント:
「ファーウェイは、スマートフォンからタブレット、そしてPCの領域まで、常にユーザーの方からのフィードバックを実際の製品に反映し、更なる新しい製品体験をお届けできるよう改良を続けています。その結果、沢山のお客様にご好評をいただいており、Android タブレット市場では出荷台数が第1位*4となっております。今回発表する『HUAWEI MediaPad M5 lite』は、MediaPad Mシリーズの最新機種となり、4つのスピーカーや、約10.1インチの高解像度ディスプレイなど、ハイエンドモデルの機能を備えつつ、価格を抑えたミッドレンジモデルとなります。今回のモデルでは、スタイラスペン『HUAWEI M-Pen lite*5』にも対応しており、ユーザーの皆様に、さらに便利で新しいタブレット体験を提供できる製品となっております。今後も継続して技術とデザインの先進に励み、日本のユーザーの皆様へ革新的で更に新しいタブレット体験をお届けできるように努力してまいります。」

*4 IDC Japanプレスリリース「2018年第1四半期 国内タブレット端末市場実績値を発表」 (2018年6月21日)
*5 『HUAWEI M-Pen lite』は別売。(Wi-Fi 64GBモデルにはオリジナルスマートカバー、HUAWEI M-Pen liteが同梱)

『HUAWEI MediaPad M5 lite』の主な仕様

『HUAWEI MediaPad M5 lite』の主な仕様

『HUAWEI MediaPad M5 lite』の主な仕様

※1 商品に付属のACアダプタ使用時。 ※2 LTE規格上の最大速度。実行速度はネットワーク側の規格、使用環境や電波状況、ご契約のSIMのサービス内容により変動します。※3 本端末はKDDIの移動体通信網を利用した音声通話には対応しておりません。※ 画像はすべてイメージです。実物と若干異なる場合がありますのでご了承ください。※ 掲載商品の仕様・性能は予告なしに変更する場合がありますのでご了承ください。※ 本カタログに掲載されている会社名およびサービス・製品の名称は、それぞれ 各社が商標および登録商標として使用している場合があります。※HUAWEIロゴはHUAWEI TECHNOLOGIES Co., Ltd.の商標または登録商標です。※Harman kardonはアメリカ合衆国及びその他の国で登録されているHARMAN International Industries,Incorporated.の登録商標です。※ Bluetooth®は米国Bluetooth SIG,Inc.の登録商標です。 ※microSD™は、SDアソシエーションの商標です。※ Wi-FiはWi-Fi Allianceの登録商標です。※ Androidは、Google LLC.の商標または登録商標です。

製品の詳しい情報は
■『HUAWEI MediaPad M5 lite』 製品ページ:
https://consumer.huawei.com/jp/tablets/mediapad-m5-lite/

MVNO(50音順):
■IIJ mio(株式会社インターネットイニシアティブ)
■イオンモバイル(イオンリテール株式会社)

家電量販店(50音順):
■株式会社エディオン (WEBのみ)
■上新電機株式会社 (WEB/一部店舗でのお取り扱いになります)
■株式会社ノジマ (WEBのみ)
■株式会社ビックカメラ
■株式会社ヤマダ電機 (WEB/一部店舗でのお取り扱いになります)
■株式会社ヨドバシカメラ

ECサイト(50音順):
■アマゾンジャパン合同会社(Amazon.co.jp)
■株式会社NTTレゾナント(NTT-X Store)
■株式会社NTTぷらら (ひかりTVショッピング)
■株式会社企画室ゆう (Caravan Yu)
■株式会社シスキー (E-TREND)
■株式会社ムラウチドットコム
■楽天株式会社(Rakuten, Inc.)(楽天ブックス)
■株式会社 マイナビ(マイナビストア)

以上

2048 段階の筆圧に対応しているとは、これは普通のスタイラスペン対応の機種よりも倍の解像度となっていますね。

凄いと思うけれど、これで何ができるかが、問題なんだな。

実売価格は 32GB のモデルはスタイラスペンが付いていないけれど3万円ぐらいの模様。

LTE モデルや、スタイラスペンが付いたモデルだと4万円ぐらいとなる。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ