ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年11月27日 に以下のカテゴリに投稿されました STEM.

この記事のタグ

, , , , , , , ,


エレキットの新しい学びシリーズに、新コンセプトのロボットキット『ファブウォーカー』が登場!

なかなか良い感じですね。

足は、鉛筆などのペンでOK。

部材はレーザーカットされたベニア板に見える。

イーケイジャパンの新製品の学習用ロボットキット「ファブウォーカー」という製品。

エレキットの新しい学びシリーズに、新コンセプトのロボットキット『ファブウォーカー』が登場!
上手に「歩く」方法を試行錯誤しながら考えるプログラミングロボットキット
株式会社イーケイジャパン

電子工作キット「エレキット」の企画・開発・製造を行う、株式会社イーケイジャパン(本社:福岡県太宰府市、代表取締役社長:小澤 慶太郎)は、4足歩行のプログラミングロボットキット『ファブウォーカー』を発売します。2018年12月下旬の発売を予定しています。

エレキットの新しい学びシリーズに、新コンセプトのロボットキット『ファブウォーカー』が登場!

エレキットの新しい学びシリーズに、新コンセプトのロボットキット『ファブウォーカー』が登場!

<ファブウォーカーとは>
小学校でのプログラミング教育必修化をはじめ、国内外において、新しい教育の模索が始まっています。
そこで注目されているのが、「STEAM」というキーワード。変化が激しく将来の予測が困難な時代を担う力を育成するために、Science(科学)、Technology(技術)、Engineering(工学)、Art(芸術)、Mathematics(数学)の各分野を横断的・統合的に学ぶ新しい教育モデルです。
ファブウォーカーは、上手に「歩く」方法を試行錯誤しながら考える4足歩行ロボットで、STEAM教育において教材に求められる多様な要素が盛り込まれています。

<デジタルファブリケーション※による新しいものづくりを体験できる>
ファブウォーカーの骨格は、レーザーカッターで加工された1枚の板。その組み立てを通じて、ねじ止め、接着、結束など、いろいろな工作テクニックを体験できるようになっています。
※デジタルファブリケーション: デジタルデータをもとに、3Dプリンターやレーザーカッターなどのデジタル工作機械を使って目的物を制作する、新しいものづくりの方法。

ファブウォーカー組立例

ファブウォーカー組立例

パーツ一覧

パーツ一覧

<工夫・試行錯誤のための「余白」があります>

ファブウォーカーは4本の足で歩行するロボットですが、その4本の足はあえてキットには含まれていません。
ペンや歯ブラシ、小枝など、身の回りから足になりそうなものを自由に選んで取り付けるようになっています。
足に何を取り付けるかによって、ファブウォーカーの歩き方はさまざまに変化します。
自分が意図したとおりに歩くよう試行錯誤を重ねることにより、プログラミング的思考を経験することができます。

<ロボットプログラミングを体験できる>

ファブウォーカーはパソコンと接続したプログラミングに対応。専用ソフトウェア「Palette IDE(パレット・アイディーイー)」を使って、前後左右、歩き方を自由自在にプログラミングできます。

Palette IDE(パレット・アイディーイー)

Palette IDE(パレット・アイディーイー)

プログラミングは、カードを並べるようにカラフルなアイコンを並べるだけ。
あとは、自分の意図する歩かせ方に合わせて、命令文を考え条件設定を行います。
ソフトウェアの操作もドラッグ&ドロップで簡単にできる上、タッチパネルを使用したタブレット環境でも使用することができます。
プログラミング初心者でも、ロボット制御のプログラムを無理なく作れます。

Palette IDEプログラミング画面

Palette IDEプログラミング画面

パソコン上で動作するソフトウェアやUSB接続に使われるデバイスドライバーのインストールは一切不要!
学校や公共施設など、使用者が管理者権限を持つことが難しい環境でも簡単に導入していただくことができます。

ソフトウェア仕様
入手方法:当社ウェブサイトよりダウンロード(無償)
対応OS:Windows 7 / 8 / 8.1 / 10
ディスプレイ:1280×720以上の解像度
転送方法:USB2.0(パソコンにUSBポートが必要。転送用ケーブルは付属しています。)

<プログラミング教育のワークショップにお勧め>
この度の一般発売に先立ち、ファブウォーカーを体験するワークショップが各所で実施され、ロボット歩行について試行錯誤しながらプログラミングをご体験頂きました。

プログラミング教育のワークショップにお勧め

プログラミング教育のワークショップにお勧め

ワークショップに参加されたお子様や保護者様、主催者様を対象にしたアンケートでは非常に高い評価を頂きました。

【参加者の声】
▼お子様
・自分でロボットを動かせてうれしかったです。はじめて動かせてみたので感動しました。(小学3年生/男児)
・めちゃくちゃおもしれぇ~(小学5年生/男児)
・いろいろな事を想像しないといけないというところがおもしろかった。(小学5年生/男児)

▼保護者様
・物をつくることが楽しかったようで良かった。操作方法が分かりやすかった。(小学6年生保護者)
・子供たちがプログラミングに関心を持つ良いきっかけになりました。ありがとうございました。(小学3年生保護者)
・ものづくりから簡単なプログラミングまで一連の内容がとてもよかったです。楽しめましたし、いい勉強になりました。(小学5年生保護者)

【ワークショップ主催者様の声】
▼北九州イノベーションギャラリー(KIGS) 教育普及推進室次長 藤武 孝 様
組立工作とプログラミングが同時に楽しめるロボットプログラミングキットです。組立ては説明書や説明を聞きながら1時間弱で完成。工作が得意な小学校高学年のお子様なら一人でも組み立てられる作業量です。自分で組み立てるので動く仕組みも理解できます。
プログラミングは専用のソフトを使用して、ブロック型のアイコンを並べて作るので、導入のプログラミング教材として最適です。脚は身近にある鉛筆やペンなどをクリップに挟むので、素材や長さなどで動きが変わります。簡単な前後の動きから、目標の場所で静止したり、障害物を避けて進む動きなどステップを追って難しい課題に、みんなで楽しく競争しながら挑戦できます。

[北九州イノベーションギャラリー] https://www.kigs.jp/

▼IT×ものづくり教室 LITALICOワンダー 教室長 鈴木 大空 様
LITLAICOワンダーは年長から高校生を対象としたプログラミングやロボット制作を学べる教室です。テクノロジーツールを使いこなす技術面だけではなく、自ら考え、試行錯誤することを通じて、新しいことへ挑戦するきっかけをつくることを目指しています。ファブウォーカーは、自身の手で組み立てる中で、歩行の方法を考え、足をどのようにするかなど、想像力を働かし、考え挑戦することができるものだったため起用しました。
実際使ってみると三者三様の学びが出てきました。「足の長さをバラバラにしたらどうなるか」「ペン以外の素材で挑戦してみたらどうなるか」「ブロック玩具で30cm弱まで足を延長したら速く動くのか」等、百人百様の考え方と挑戦の機会を提供することができました。
子どもたちは、普段当たり前に実施している「歩く」と言うことが難しいことを知り、失敗を失敗と思わず試行錯誤を繰り返していました。ミッションをゴールしたときには「歩くのすげー!」と歓喜の声を上げるほどです。さらに、歩く速さを考えるだけではなく、動きから「ダンスができないか」と発想を広げ、プログラミングの試行錯誤している子もいました。

[LITALICOワンダー]https://wonder.litalico.jp/

▼テクノロジーと遊ぶアフタースクール TECH PARK(テックパーク)
テックパークは、子どもたちが、それぞれの個性に合わせてテクノロジーを楽しむ場です。また、学童保育として生活の基礎習慣づくりをする場でもあります。ファブウォーカーは、自分が作ったものをプログラミングをして動かすことができることで、工作とプログラミング両方の楽しさを子供たちに経験してもらえると思い採用しました。
実際使ってみると、「動きが変だけど面白い」「まっすぐ進ませるのが難しい」と、動かす事を楽しみながら試行錯誤し、「自分のプログラムで動いていると思うと嬉しい」とプログラミングの楽しさも実感することができました。ファブウォーカーを使うことで、足の動きを試行錯誤し、トライアンドエラーを繰り返し、プログラミングを学ぶことができます。また、ファブウォーカーはただのロボットというだけでなく、プログラミング、電子工作、機械工作等の様々な学びがあります。
[TECH PARK]https://www.techpark.jp/

ワークショップ実施例のブログ記事URL(製品版ではなく、プロトタイプを使用)
https://voice.elekit.co.jp/archives/4156

共同開発者 山岡氏によるファブウォーカーへの寄稿文掲載ページURL
https://voice.elekit.co.jp/archives/4414

製品情報
商品名 : ファブウォーカー
型番 : FW-05
価格 : 6,804円(税込) (本体価格:6,300円)
JANコード : 4952682107286
メーカー出荷開始日 : 2018年12月19日(予定)

製品仕様
動力 : サーボモーター×2個
電源 : アルカリ乾電池 単3×2本(別売)
プログラム転送方法 : USB2.0(転送用ケーブル付属)
サイズ : W160mm × H56mm × D170mm (足含まず)
重量 : 約100g(足・乾電池含まず)

製品情報ページURL
https://www.elekit.co.jp/product/FW-05

エレキット

エレキット

エレキットについて
エレキットとは、ものづくりを通じた新しい「教育」をモットーに、楽しみながら学べる工作キットです。作る喜びや完成したときの達成感等、既製品では決して味わうことのできない要素をキットに込めました。
詳しいイラストや分かりやすい説明文がついた組立説明書が付属しており、図を読み解く力や正しい工具の扱い方を学べます。そして、自分で作るからこそモノの動く仕組みがわかり、科学や工作への興味・関心が刺激されます。
「自分で組み立てる」「動く仕組みを考える」「プログラムする」ことができるエレキットのロボットは、これからの時代に必要とされるSTEAM(科学・技術・工学・芸術・数学)の要素にあふれています。
公式サイト:https://www.elekit.co.jp/
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/ekjapan2008
Facebook:https://www.facebook.com/EkJapan
Twitter:https://twitter.com/elekit_official/

お問い合わせ先
株式会社イーケイジャパン 営業部
〒818-0105 福岡県太宰府市都府楼南2-19-30
TEL:092-923-8235  FAX:092-923-8237
メールアドレス: info@elekit.co.jp

以上

お値段もそこそこだし、冬休みにお子様と遊んでも良いかも。

ゆっくりと動くけれど、ライントレースもできるようですね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ