ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年12月02日 に以下のカテゴリに投稿されました 家電.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , ,


ドンキのテレビが一新! – シリーズ第5弾 「4K/HDR対応液晶テレビ(43V型/50V型/58V型)」

なんと言っても低価格なのが人気の秘密なのでしょうね。

どのシリーズも、販売開始されると、すぐに完売となってしまう、ドンキのテレビ。

第5弾で、大きさが変わった3種類が登場です。

シリーズ第5弾 ラインナップを一新!「4K/HDR対応液晶テレビ(43V型/50V型/58V型)」
~11月26日(月)より全国のドン・キホーテで順次発売開始※1~
株式会社ドンキホーテホールディングス

株式会社ドン・キホーテ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:大原孝治)は、2018年11月26日(月)からドン・キホーテプライベートブランド「情熱価格PLUS(ジョウネツカカクプラス)」の新商品『HDR対応 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ(43V型/50V型/58V型)』を全国のドン・キホーテ(一部店舗を除く)で順次発売※1を開始します。

シリーズ第5弾 ラインナップを一新!「4K/HDR対応液晶テレビ(43V型/50V型/58V型)」

シリーズ第5弾 ラインナップを一新!「4K/HDR対応液晶テレビ(43V型/50V型/58V型)」

【販売価格】58V型:59,800円(税抜)/ 50V型:49,800円(税抜)/ 43V型:39,800円(税抜)※2

昨年6月、ドン・キホーテプライベートブランド初の4K液晶テレビとして販売を開始した『50V型 ULTRAHD TV 4K液晶テレビ』は、54,800円(税抜)という圧倒的低価格から、発売後に即完売するなど大きな反響がありました。その年の「第5回ジェネリック家電製品大賞※3」では大賞を受賞し、その後、高画質技術「HDR※4」に対応したスペックアップやサイズのラインナップの拡充など、2017年6月から2018年10月までの期間でシリーズ累計販売台数3万台を突破するヒット商品となりました。

第5弾となる「4K/HDR対応液晶テレビ」は、従来サイズ(50V型/55V型/60V型)を「43V型」「50V型」「58V型」の3つのラインナップに一新します。リビングでのメインテレビや寝室でのセカンドテレビなど、お客さまの用途に合わせたサイズを選択しやすいよう、43V型から58V型までサイズの刻み幅を広げて展開します。また、新たに導入する43V型モデルはHDMI端子を3から4に増設するほか、58V型モデルは前面スピーカーを採用することで迫力ある高音質を実現しました。

なお、従来モデルに引き続き、ダブルチューナーを搭載しており、USBハードディスク(別売)に番組を録画しながら、別の番組も視聴いただけます。

ドン・キホーテグループは、これからもブランドメッセージの“お客さまの「ワクワク・ドキドキ」をカタチに”に基づき、商品開発に努めてまいります。

※1 発売日:43V型(2018年11月26日)、50V型(2018年12月18日)、58V型(2018年12月18日)
※2 価格は店舗により異なる場合がございます。
※3 日本国内で発売される優良な中小家電メーカー製家電製品の品質と安全性の向上、市場拡大を願って2013年10月に一般社団法人ジェネリック家電推進委員会によって設立された賞です。
※4 High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略。対応規格は「HDR10」。

◆商品概要

商品概要

商品概要

※1 待機時消費電力はリモコン電源オフ時
※2 1日4.5Hの動作時間/1日19.5Hの待機時間で算出した、1年間に使用する電力量
※3 地上デジタルVHF(1~12ch)、UHF(13~62ch)、CATV(C13~C63)パススルー対応
※4 HDMI1~4:4K対応およびCEC対応 HDMI2:ARC対応
※5 HDMI1:ARC対応 HDMI2:CEC対応 HDMI3:4K対応
※6 USB2.0×1、USB3.0×1
※7 価格は店舗により異なる場合がございます。

◆商品画像
58V型:LE-5830TS4KH
用途スタイル例:リビング向けメインテレビ

58V型:LE-5830TS4KH

58V型:LE-5830TS4KH

50V型:LE-5002TS4KH
用途スタイル例:一人暮らしのメインテレビ

50V型:LE-5002TS4KH

50V型:LE-5002TS4KH

43V型:LE-4330S4KH
用途スタイル例:寝室などのセカンドテレビ

43V型:LE-4330S4KH

43V型:LE-4330S4KH

『58V型/50V型共通リモコン』
(リモコン部は拡大)

『58V型/50V型共通リモコン』 (リモコン部は拡大)

『58V型/50V型共通リモコン』
(リモコン部は拡大)

『43V型リモコン』
(リモコン部は拡大)

『43V型リモコン』 (リモコン部は拡大)

『43V型リモコン』
(リモコン部は拡大)

以上

各シリーズも、評価を見ていると、だんだん良くなってきていると言う意見が多いように見える。

おそらくは、このシーリーズも大人気となるのでしょうね。

しかしまぁ、58インチで6万円切りですからね。

でもこれだけでは、先日始まった 4K / 8K 放送は受信できません。

専用チューナーが必要ですよ~

今度の製品は、どこのパネルと基盤なのでしょうね?

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ