ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2018年12月11日 に以下のカテゴリに投稿されました Robot.

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


プログラミングで自由自在に命令可能。無限の可能性を秘めた6足歩行ロボット

6 足歩行ロボットが、クラウドファンディング(kibidango)に登場!

どちらかというと 4 足よりも制御は楽だとおもう。

なぜなら、重心が動いても、他の足で踏ん張れるから。

6 足ということは、4足でもプログラムできるはずだから、そんな事を試してみるのにも、良いかもね。

プログラミングで自由自在に命令可能。無限の可能性を秘めた6足歩行ロボット「HEXA」が登場!
Kibidangoで、11月27日(火)より日本上陸プロジェクト開始!
きびだんご株式会社

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

中国の北京に拠点を置く会社Vincrossが開発した「HEXA」は、技術者でなくてもプラグラミングが可能でスマートフォンでも遠隔操作可能な6足歩行ロボットです。HEXAには光学センサーや空間センサーが備わっており、また初心者でも専用ソフトから比較的簡単にプログラミングができるようになっているため、プログラム次第であらゆる命令をこなすことができます。
この「HEXA」の日本上陸に向けたプロジェクトを、11月27日(火)17時から2019年1月20日(日)まで、クラウドファンディングサイト「Kibidango」にて開催します。目標金額520万円達成で、日本上陸が決定します。価格は、プロジェクト期間限定で97,000円(税・送料込)より提供します。
【商品詳細URL】https://kibi.co/hexa

■HEXAとは
HEXAは、あなたの好きなようにプログラミングして躾(しつけ)をできる、いわばペットのようなロボットです。個性溢れる動作で、まるで感情を持っているかのような動きを見せてくれます。
さらに、HEXAは非常に高性能。操縦性にも優れています。開発チームによって行われたテストでは、HEXAは高い段差や階段を6本の脚を器用に使って登ったり、不安定な道も難なく進んで行ったりと性能の高さを存分に発揮。足の速さの測定では、最大時速12kmを記録しました。

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

■プログラミングであらゆる命令をこなします

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

HEXAはロボットに最適化されたプログラミング言語「MIND」を使用しており、ハードウェアとネットワークを容易にコントロールできるので、比較的簡単にプログラミングができます。専用ホームページにはスキルストアが用意されており、プログラミングが苦手な方は欲しいプログラムを購入することができ、プログラミングに自信がある方は自分が作った行動プログラムをどんどん公開していくことができます。

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

HEXAのプログラミング例:
『手のひらの位置を感知し、手の動きに対応して動くような手のひらコントロールのアプリケーションを作った』
『ドローンを使って建物を上空から調べるのと同じように、建物の隙間や地下などの近づきにくい場所でHEXAを目と耳がわりにしています』

植物の日光浴をさせるプログラミング例:
HEXAに鉢植えをセットして「太陽を求めて歩き回る」をプラグラミングすることにより、日差しを追いかけて自動で移動させることも可能です。頭部は360度回転するため植物にまんべんなく日光浴さえることができます。
また日光浴させると同時に、暑すぎれば日陰に避難させるなども設定できます。
※こちらのスキル(プログラミング)は開発用デモのため公開されておりません。​

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

■専用アプリで遠隔操作
スマートフォンに専用アプリをインストールすればHEXAを遠隔操作でき、HEXAの視点から見た映像を映し出すこともできます。遠隔操作の範囲は、通信環境にもよりますが最大約70メートルです。
アプリから他の人が作ったスキルを購入することも可能です。

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

■6足歩行と内臓センサーでどこでもサクサク
無数の反復テストから独自開発した脚用関節モーターによって、HEXAはあらゆる場所での歩行を可能としています。また、HEXAには3軸加速度計・距離測定センサー・赤外線送信機が内臓されており、これにより障害物や地形など周囲の空間を把握して的確に歩行することが可能です。
空間センサーによって悪路や人間が入れないような狭いところであってもHEXAならラクラクです。

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

6足歩行ロボット「HEXA」

製品仕様
・サイズ: 高さ12cm × 直径50.8cm
・重さ :約1.5kg
・耐荷重:約1.5kg
・最高速度:秒速1.2cm
・可動部分:3つ関節がある6本の脚 / 360度回る頭部
・OS:VinrossMIND(Linuxカーネルベース)
・プロセッサー:デュアルコアARMCortexA9@1GHz、マルチプルコープロセッサー
・ストレージ:8GB
・インターフェース:USB2.0、3.5mmオーディオ入出力、I2C、ADC、GPIO、5V電源、3.3V 電源
・接続:Wi-Fi 802.11 b/g/n(アクセスポイントとしても利用可能)
・カメラ:720pビデオ撮影、ハードウェアエンコーディング、ナイトビジョン
・センサー:三軸加速度計、赤外線、距離計測センサ
・バッテリー:駆動時間45分〜180分、リチウムイオンバッテリー6900mAh
・フル充電にかかる時間: 2.5時間(ケーブル使用)、4.5時間(ワイヤレスドック使用)

価格
<有線充電タイプ>
・Kibidango特別価格(超早割):97,000円【5台個限定】
・Kibidango特別価格(早割):105,000円【20台個限定】
・Kibidango特別価格       :110,000円
・一般販売予定価格     :129,000円
<ワイヤレス充電タイプ>
・Kibidango特別価格(超早割):100,000円【3台限定】
・Kibidango特別価格(早割):112,000円【20台限定】
・Kibidango特別価格       :118,000円
・一般販売予定価格     :139,000円
※すべて「税・送料込」の価格です。

以上

画像を見る限りでは、なかなか立派な大きさのようですね。

だからお値段もそれなりにするということなのか。

他の人が作ったスキルを購入することもできると書いてあるけれど、このロボットってそんなにたくさんの人が使ってプログラムを開発しているの?

でも凄いのは ARM のプロセッサが載ってるし、I/F やセンサー類も完璧ですよね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ