ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2019年03月12日 に以下のカテゴリに投稿されました Audio.

この記事のタグ

, , , , , , , ,


『AQUOS サウンドパートナー』<AN-SX7A>を発売 – 迫力の重低音と振動による臨場感

どうなのだろうなぁと、ずっと思っていたのだけれど、そうなのか!

っとこのキャッチコピーで思ったよ。

たしかにね。

低音を感じるには、耳からだけではなくて、体で感じることもできるものね。

で、振動ってことになるわけだ。

『AQUOS サウンドパートナー』<AN-SX7A>を発売
迫力の重低音と振動による臨場感を実現した独自の「ACOUSTIC VIBRATION SYSTEM」を搭載
シャープ

サウンドパートナー AQUOS サウンドパートナー<AN-SX7A>

サウンドパートナー AQUOS サウンドパートナー<AN-SX7A>

シャープは、迫力の重低音と振動により、映画や音楽などを臨場感あふれる高音質で長時間楽しめる、ウェアラブルネックスピーカー『AQUOS サウンドパートナー』<AN-SX7A>を発売します。

ウェアラブルネックスピーカーは、首に掛けて装着し、周囲の音を遮ることなくワイヤレスでテレビの音声などを楽しめるオーディオ機器として市場が拡大しています。

本機は、迫力の重低音を実現する独自の「ACOUSTIC VIBRATION SYSTEM」により、低音域から中高音域の音声までバランスよく再生、低音に振動が加わることで臨場感あふれるサウンドが楽しめます。また、3種類(標準/ダイナミック/ボイス)のサウンドモードを搭載しているので、ジャンルやソースに合わせて好みのモードを選び、楽しめます。

さらに、くつろいだ姿勢に適した本体設計で、長時間の使用でも疲労感の少ない快適性を実現したほか、映像と音声のズレを少なくする「Qualcomm aptX Low Latency」に対応※1しているので、テレビとBluetoothで接続すればストレスなく番組などのコンテンツを楽しめます。長時間バッテリーを搭載し、連続約13.5時間※2の再生も可能です。

なお、本機の発売に合わせ、約88gの軽量設計で好評なモデル<AN-SS1>についても、新たにローズゴールドとミントグリーンの2色を追加し、4月に発売します。

品名: サウンドパートナー
愛称: AQUOS サウンドパートナー
形名: AN-SX7A
希望小売価格: オープン
発売日: 2019年3月16日
月産台数: 3,000台

■ 主な特長
1.迫力の重低音と振動による臨場感を実現した独自の「ACOUSTIC VIBRATION SYSTEM」を搭載
2.長時間の使用でも疲労感の少ない快適な装着感を実現
3.音声の遅延が少ない「Qualcomm aptX Low Latency」に対応
4.連続再生約13.5時間の長時間バッテリーを搭載

※1   同梱のBluetooth送信機を使用した場合。
※2   周囲の温度や使用される状態により、時間が異なる場合があります。

本製品に関する情報は、 以下のウェブサイトでもご覧いただけます。
http://www.sharp.co.jp/soundpartner/

※ ニュースリリースに記載されている内容は、 報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、 内容が変更になっている可能性がありますので、 あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/190227-a.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/190227-a.pdf

以上

仕事してるときは、座っていることが多いものの、結構動いてもいるんだよなぁ。

そのあたりで、違和感(邪魔にならないか)とかもどうなのかなぁと。

音を感じることがこういった機器ならできるということは、よくわかりました。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ