ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2019年04月25日 に以下のカテゴリに投稿されました Robot.

この記事のタグ

, , , , , , , , , ,


+Style が本物の魚のように泳ぐロボット「MIRO-5」を発売

よくできている。

テレビで、見たことがあるけれど、これが販売されるように、しかもスマートフォンでコントロールできるようになって出てくるとは、思わなかった。

20センチぐらいの大きさだけれど、少し大きい水槽が必要だね。

+Style、本物の魚のように泳ぐロボット「MIRO-5」を発売
プラススタイル株式会社

見たことのない”ミライ”の商品が集まるIoTショールーム「+Style(プラススタイル)」は、本物の魚のように体を動かして泳ぐロボット「MIRO-5」(出品者:JBS、メーカー:AIRO Inc.)を、2019年5月20日に発売します。販売開始に先立ち、予約受け付けを本日より開始します。なお、一般消費者向けとして初めて、+Styleが日本国内向けに販売します。

MIRO-5

MIRO-5

MIRO-5(https://plusstyle.jp/shopping/item?id=369)は、手のひらサイズのロボットフィッシュです。体が複数のパーツで構成されており、スクリューではなく関節を動かして遊泳するほか、浮き袋の制御により上下方向にも遊泳可能です。遊泳時の動きについては、下記動画をご確認ください。

レーザーセンサー4個と自動遊泳アルゴリズムを搭載し、前方と左右、下方の4方向の障害物を感知・回避します。なお、アルゴリズムによる自動遊泳に加えて、Androidアプリで泳ぐ方向を手動で操作可能です※。

※iOSアプリは2019年5月以降に公開予定

2,000mAhのバッテリーを搭載することで、連続8時間の動作を実現。関節を動かすモーターには、メタル製ギアを採用することで、高い耐久性を備えました。なお、万が一の故障に備えて関節ブロックの交換パーツも付属しており、安心して長期間ご利用いただけます。AIRO Inc.は、MIRO-5のほかに、より大きなMIRO-7やMIRO-9、MIRO-21を開発しており、今後の販売を検討しています。

「MIRO-5」製品画像

MIRO-5

MIRO-5

MIRO-5

MIRO-5

MIRO-5

MIRO-5

MIRO-5

MIRO-5

MIRO-5」主な仕様

MIRO-5

MIRO-5

+Style販売価格(税込み)
MIRO-5 (6万4800円)
https://plusstyle.jp/shopping/item?id=369&utm_source=pr&utm_medium=shop&utm_campaign=20190412

+Styleについて
+Styleは、見たことのない”ミライ”の商品が集まるIoTショールームです。大量生産されていない、まだ生まれたてのプロダクトから、今注目のスマート家電やロボット、ドローン、スマートウォッチまで、さまざまなスマート製品を取り揃えています。また、人々の生活を豊かにする想いを込めて誕生した+Styleのオリジナル製品も続々登場。「はじめよう!ミライ生活」をコンセプトに、ユーザーにとって”安くて便利”なミライ生活の実現を目指していきます。

・+Styleは、プラススタイル株式会社の登録商標です。
・このプレスリリースに記載されている会社名および製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

以上

一度の充電で、8時間も泳ぐのなら、立派だと思うけけれど、充電するときには、やっぱり水から上げる必要があるみたい。

ご飯あげるみたいに充電できると良いのにね。

大きいのも出れ来るみたいで、何匹か入れてあげると、水族館ができるかも。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ