ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2019年09月10日 に以下のカテゴリに投稿されました Robot.

この記事のタグ

, , , , , , , ,


追手門学院大手前中・高 G20「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」に挑む海洋ゴミ回収ロボットで6年連続ロボコン世界大会出場!

すごいなぁ。

6年連続で、海洋を漂うゴミを回収するロボットのコンテストで最優秀賞を獲得して、世界大会に出場するんだって。スゴイ!

スポーツの世界では、6年連続って言ったら、スポーツ紙の1面を飾るほどの快挙なのだろうけれどなぁ。

ちなみにこの大会は、2050年までに、海洋ゴミをなくす!ってことを目標に掲げて開催されているのだけれど・・

追手門学院大手前中・高 G20「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」に挑む海洋ゴミ回収ロボットで6年連続ロボコン世界大会出場!
学校法人追手門学院

本年6月に大阪で開催されたG20大阪サミット。サミットの成果の一つである、プラスチックごみの流出による海洋汚染を2050年までにゼロにする「大阪ブルー・オーシャン・ビジョン」に地元大阪の追手門学院大手前中・高等学校(大阪市中央区、校長:濵田賢治)の高校生たちが挑み、「海洋ゴミ回収ロボット」を完成させました。

海洋ゴミ回収ロボット - 追手門学院大手前中・高等学校

海洋ゴミ回収ロボット – 追手門学院大手前中・高等学校

8月に開催されたロボットコンテストWRO Japan(全国大会)のオープンカテゴリーにおいて最優秀賞に選ばれ、11月にハンガリーで開かれる世界大会に日本代表として出場します。

海洋ゴミ回収ロボットを開発したのは追手門学院大手前中・高等学校の高校1・2年生の4人です。大会ミッションは「Smart Cities」。国内大会を勝ちあがり、8月25日に兵庫県・西宮市で開かれた決勝大会では15チームの中で1位となる最優秀賞を獲得し、11月にハンガリーで開かれる世界大会に出場します。

追手門学院大手前中・高の生徒たちが世界大会に出場するのは6年連続で、生徒達は世界大会に向けてロボットの調整や、ロボットの説明に必要な英語でのプレゼンテーションの練習に励んでいます。

海洋ゴミ回収ロボット
海洋ゴミはG20の議題になる世界レベルの課題である。とはいえ、海には生物も存在するため、根こそぎとることはできないことが、難しい点である。そこで、高校生たちは、海上に浮かぶゴミをカメラで撮影し、その画像データをサーバーに送信。予め学習させたビックデータからゴミの種別を認識し、海洋ゴミのみを回収するロボットを開発した。ビックデータを用いた学習・認識のシステムならびにロボットーサーバー間をデータ通信するシステムが評価され、今回の受賞につながった。

WRO(World Robot Olympiad)とは
市販のロボットキットを利用してロボットを製作し、プログラムで自動制御する技術を競う国際的なコンテスト。科学技術振興機構が認定する国際科学コンテストの1つで、毎年開催される。
2004年、シンガポール国立サイエンス・センターの発案により、13ヶ国が参加して第1回WROが開催。2017年には60の国と地域から22,000以上のチームが参加。日本は第1回から参加し、世界大会への参加者を選抜する国内大会は、各県での予選会を経て、決勝(全国)大会が開催される。現在は、参加チーム数が2000をこえる国内最大規模のロボコン。WROの世界大会「WRO 2019 ハンガリー国際大会」は、2019年11月8日~10日に開催。

以上

この大会の趣旨については、もちろん同意するし、微力ながら、協力もするけれど、もっともっと、こういった活動を広めないと難しいようにも思う。

まずは、1日1つでもよいから、ゴミを減らすことから、始めてみませんか?

結構減らせるものですよ~

このように回収もしなければならないけれど、これは今までみんなでばらまいたからなんだよね。

元から少しでも減らさないといけないよなぁ。って思うけど?

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ