ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2019年10月03日 に以下のカテゴリに投稿されました Smart Phone.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , ,


シャープがスマートフォン AQUOS sense3 と AQUOS sense3 plus を商品化

こちらが、午前中のフラグシップモデルを紹介したときに書いた、他の2つの製品。

  • AQUOS sence3
  • AQUOS sence3 plas

のニュースリリースです。

廉価版というよりは、通常版って言ったほうが良いかもしれないけれど、必要十分なスペックですね。

1週間も電池が持つってスゴイねぇ。

もしものときには助かるかも。

まずは、AQUOS sence3 のご紹介。

スマートフォン AQUOS sense3 を商品化
4,000mAhの大容量バッテリーとIGZO液晶ディスプレイの省エネ性能により1週間(※1)の電池持ちを実現
シャープ

「AQUOS sense3」(左から、ライトカッパー、シルバーホワイト、ブラック)

「AQUOS sense3」(左から、ライトカッパー、シルバーホワイト、ブラック)

シャープは、1週間の電池持ちを実現したスタンダードシリーズのスマートフォン「AQUOS sense3」を2019年冬モデルとして商品化します。

本機は、スマートフォンAQUOS史上最大となる4,000mAhの大容量バッテリーと省エネ性能に優れたIGZO液晶ディスプレイを搭載。1週間の電池持ちを実現しました。動画であれば、20時間以上(※2)の連続再生が可能です。

メインカメラには、臨場感ある景色などが撮影できる121°超広角カメラと、質感あるポートレート撮影も可能な標準カメラのツインカメラを採用。電子式手ブレ補正に加えて、被写体の動きに応じて、AIがシャッタースピードや露光を自動で調整し、走り回る子どもやペットの姿も鮮明に捉えます。また、AIが撮影中の動画の見所を抽出し、約15秒のダイジェストムービーを作成する「AIライブストーリー」機能を搭載しました。家族や友人とSNSなどで動画を手軽に共有いただけます。

さらに、CPUには高性能「Qualcomm ® Snapdragon (TM) 630 mobile platform」を採用し、当社従来機(※3)比でCPU性能を約15%、GPU性能を約60%アップ。アプリの動作や3Dグラフィックの描画速度などを向上させました。防水や耐衝撃(落下)性能やおサイフケータイ、文字やアイコンを大きく表示する「かんたんモード」などの基本機能も充実しています。高いセキュリティレベルと安定したネットワーク通信を実現するsXGP®規格(※4)に対応し、法人用途としても安心してお使いいただけます。

品名:スマートフォン
ブランド名:AQUOS sense3
発売時期:2019年秋以降

■主な特長
1.4,000mAhの大容量バッテリーとIGZO液晶ディスプレイの省エネ性能により、1週間の電池持ちを実現
2.静止画撮影時に、AIがシャッタースピードや露光を自動調整し、被写体ブレを抑制
3.高性能CPU「Snapdragon (TM) 630」により基本性能を向上。防水や耐衝撃(落下)性能、おサイフケータイ、「かんたんモード」などの基本機能も充実

※1 通話やメッセージの送受信を中心に、1日あたり約1時間の利用と約23時間の待機時間を想定した独自基準を設定し、実際に端末を使用して測定したものです(シャープ調べ)。ゲームや動画視聴など、実際の利用状況によって短縮される場合があります。
※2 Wi-Fi接続時に、あらかじめ本体に保存したHDコンテンツを自動再生して測定したものです(シャープ調べ)。再生コンテンツにより、ご利用時間が変動する場合があります。
※3 当社2018年度モデル<AQUOS sense2>との比較。
※4 shared eXtended Global Platform。1.9GHzの周波数帯を用いた通信規格です。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/190925-b.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
https://corporate.jp.sharp/news/190925-b.pdf

【画像ダウンロードサービス】
https://corporate.jp.sharp/press/p190925-b.html

以上

続いて、AQUOS sence3 plus 。

スマートフォン AQUOS sense3 plus を商品化
液晶テレビ「AQUOS」で培った高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」と立体音響技術「Dolby Atmos®」対応ステレオスピーカーにより、迫力のある動画や音楽が楽しめる
シャープ

「AQUOS sense3 plus」(左から、ムーンブルー、ブラック、ホワイト)

「AQUOS sense3 plus」(左から、ムーンブルー、ブラック、ホワイト)

シャープは、迫力のある動画や音楽が楽しめるスマートフォン「AQUOS sense3 plus」を2019年冬モデルとして商品化します。

本機は、約6.0インチ フルHD+(2,220×1,080画素) IGZO液晶ディスプレイを搭載。液晶テレビ「AQUOS」で培った高画質化技術「リッチカラーテクノロジーモバイル」により、明るく色鮮やかな映像を実現しました。さらに、立体音響技術「Dolby Atmos ®(ドルビーアトモス)」に対応したステレオスピーカーを搭載したことで、迫力あるサウンドで動画や音楽をお楽しみいただけます。

省エネ性能に優れたIGZO液晶ディスプレイに加えて、スマートフォンAQUOS史上最大となる4,000mAhの大容量バッテリーを搭載。高性能CPU「Qualcomm ® Snapdragon (TM) 636 mobile platform」や6GB RAMメモリ「LPDDR4x」などを採用し、長時間の電池持ちと快適な動作を両立しました。

メインカメラはツインカメラを採用し、標準カメラにはイメージセンサーの各ピクセル(画素)が、撮影とピント調整の機能を併せ持つデュアルピクセルセンサーを搭載。全画素でピントを合わせるので、素早く精度の高いピント調整が可能です。広角カメラには画角123°(※1)の超広角カメラを搭載し、広大な景色もワンショットに収めます。

品名:スマートフォン
ブランド名:AQUOS sense3 plus
発売時期:2019年冬以降

■主な特長
1.約6.0インチのIGZO液晶ディスプレイと「Dolby Atmos ®」対応ステレオスピーカーを搭載し、迫力のある動画や音楽が楽しめる
2.4,000mAhの大容量バッテリーや高性能CPUの搭載などにより、長時間の電池持ちと快適な動作を両立
3.メインカメラは、素早く精度の高いピント調整が可能なデュアルピクセルセンサーを搭載

※1 35㎜フィルムカメラ換算における焦点距離16mm。手ブレ補正時は画角が狭くなります。

※ ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。
ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。

【プレスリリース全文】
https://corporate.jp.sharp/news/190925-a.html

【プレスリリース全文(PDF版)】
https://corporate.jp.sharp/news/190925-a.pdf

【画像ダウンロードサービス】
https://corporate.jp.sharp/press/p190925-a.html

以上

SoC は同じで、音響的なスペックが違うのかなぁと思っていたら、SoC も違うのね。

Snapdragon 630 を使っているのが、AQUOS sence3 、Snapdragon 636 を使っているのが AQUOS sence3 plus となっていますね。

なかなか順当と思われる、ラインナップです。

これで、お値段が妥当と言うか、あそこの会社の製品に対抗できるのならば、売れないわけがないと思うけど。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ