ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2019年10月27日 に以下のカテゴリに投稿されました Audio.

この記事のタグ

, , , , , , , , ,


USB サウンドクオリティアップグレーダー「DRESSING」にラインアップを追加


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/shiohara/picworld.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/shiohara/picworld.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/shiohara/picworld.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/shiohara/picworld.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

未だに謎であるのだが、これ、効果があるのか?

USB に指すだけで、音が良くなるという製品。

パイオニアが、以前から出していて、気にはなるが、どうも信じることが出来なくて、未だに、詳しくも調べていないし、試してもいないもの。

ただ、USB 端子を持っている、そういった音質を追求するような装置が手元にないのも原因ではある。

しかしながら、次々と新しい製品が出てくると言うことは、それなりに信じている方もいるのでしょうな・・

お安いのは、これぐらいからあるのだが、効果は不明(しらないもん)ではあるが、グレードアップ版は、5万5千円もするんだよ。

アンプ買える値段だよね。

USBサウンドクオリティアップグレーダー「DRESSING」にラインアップを追加
~USB端子に接続するだけでPCオーディオの高音質化を実現~
パイオニア株式会社

USBサウンドクオリティアップグレーダー「DRESSING」

USBサウンドクオリティアップグレーダー「DRESSING」

■商品名 USBサウンドクオリティアップグレーダー「DRESSING」
■型番 APS-DR012
■カラー ブラック
■希望小売価格(税別) 55,000円
■発売時期 12月

【市場背景】
近年、CDなどの記録メディアが減少し、配信データやストリーミング音楽をPCなどのIT機器で楽しむ方が増えています。しかしIT機器は手軽に音楽を楽しめる反面、その構造上数多くのノイズが存在し、音楽を本来の音質で楽しみにくい環境でした。そうした背景から、当社は、USB端子に接続するだけでIT機器の電源ノイズや信号ノイズを低減し、高音質な音楽を楽しめるUSBサウンドクオリティアップグレーダー「DRESSING」を発売しています。
このたび、ノイズの原因となる振動を抑制したモデル「APS-DR012」を新たにラインアップに追加します。

■「APS-DR012」
厳選したパーツと独自の振動抑制方式を新たに取り入れることで、IT機器のUSB端子に接続して電源ノイズを低減し、音のディテールを細密に再現。高級感のあるアルミ削り出しボディを採用し、中低域の広がりや奥行きのある音を楽しめます。また、USB出力端子も搭載することで、IT機器とUSB接続する機器の間に接続し、電源ノイズとともに接続機器への信号ノイズも低減することができます。

*「DRESSING」の詳細は当社商品ページをご覧ください。
https://jpn.pioneer/ja/pcperipherals/bonnesnotes/

サラダの「ドレッシング」や着衣の「ドレス」のように、“新しい何か”ではなく、それを使うことで既存のものを良くするアイテムであることから「DRESSING」とネーミングしました。当社は、PCオーディオの音質を高める製品を「BonnesNotes」シリーズとして展開しています。

「BonnesNotes」シリーズ

「BonnesNotes」シリーズ

以上

書かれていることはわかる。

でも、これ、既存の製品にくわえることでよくなる製品というのは、非常に難しいとも言えるのではないか?

じゃ、なんで最初からやらない?

普通に考えて、こういったやり方で、画期的に良くなるものというのは、あまり見かけないと思うんだけどな?

まぁ、サブミナル効果のようなものを狙っているのなら、そうかけばよいと思うのだが、そうではないのだろうなぁ。

オーディオってのは、そんな側面もあるからね。

超大容量のキャパシタで、ノイズを平滑化してって話にしても、大容量のキャパシタは、大きさも大きくなるから、それではないのだろうけどね。

電源関係は、やると大きく変わることもあるけど。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ