ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2019年11月16日 に以下のカテゴリに投稿されました Smart Phone.

この記事のタグ

, , , , , , , , , , , ,


世界40カ国、主要OS・機種シェア状況【2019年11月】(モバイルOS)


Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/shiohara/picworld.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/shiohara/picworld.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

Warning: preg_match() expects parameter 2 to be string, array given in /home/shiohara/picworld.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 417

Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in /home/shiohara/picworld.jp/public_html/wp-includes/class-wp-block-parser.php on line 489

日本はちょっとおかしいぐらい、iOS だけれど、海外に目を向けてみると、そうでもない。

まぁ、拮抗しているというよりは、Android の方が、使っている人が多かったりしてる。

まぁ、どちらでも対して変わらないと言えるのは、両方使ってみてからだと思うけれど、製品を選ぶ余地という意味では、Android の方が幅はひろいよね。

ということで、以下は、アウンコンサルティング株式会社が公開している、世界40カ国のモバイル OS のシェア状況です。

世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2019年11月】
~インバウンドWebプロモーションにシェア状況データを活用する~
アウンコンサルティング株式会社

アウンコンサルティング株式会社(東証二部:2459、本社:東京都文京区、代表取締役:信太明、以下、アウンコンサルティング)は、アジア9拠点で、マーケティング(SEM(検索エンジンマーケティングサービス、インターネット広告など)、アセットなどのグローバルコンサルティングを展開しています。また、アジアにおいていち早くSEOを事業化し、2019年6月より22期目を迎えています。
この度、世界40カ国を対象に、モバイルにおける各国主要OS・機種シェアについて調査致しました。
※世界40カ国には国と地域を含みます。
世界40カ国、主要OS・機種シェア状況

スマートフォンの普及率は世界中で増加傾向にあり、国内外でインターネットマーケティングを実施するにあたり、世界の主要モバイルシェア状況を把握することは、重要な軸となっております。アウンコンサルティングではこの度、世界40の国と地域を対象に、2018年9月から2019年9月までのモバイルにおける主要OS、主要機種のシェア状況をまとめました。

■【OSシェア】東アジアのすべての国と地域でシェアが減少
OSシェアにおいて、前回調査と比較して、東アジアに属する全ての国と地域でiOSのシェアが減少していることが分かりました。また、オセアニア・北アメリカ・南アメリカ・ヨーロッパ(スウェーデン・デンマーク以外)の地域でもiOSのシェアが減少しており、特に台湾で-12.5%、香港で-14.8%と大幅に減少しております。

■【機種シェア】Apple、世界的にシェアが減少
iOSのシェア減少に伴い、Appleのシェアも減少傾向にあります。今回調査した40の国と地域のうち、Appleがシェアトップ2位以内にランクインしている29カ国中、減少傾向にあるのは22カ国となりました。

■台湾・香港の変動について
以下は、台湾と香港におけるOSシェアの2018年9月から2019年9月の推移を表したグラフです。2019年5~6月を堺にトップシェアがiOSからAndroidにシフトしています。
背景として、米中貿易戦争や昨年12月にファーウェイの孟晩舟最高財務責任者(CFO)がカナダで拘束されたことが影響していると推測できます。中国の人気ブランドに関する年次報告書(※1)によると、Appleが1年間で11位から24位に後退しており、中国の消費者の間では一部の米国ブランドに対する見方が一段と冷え込んでいることが示されております。

※1 Prophet社:中国の人気ブランドに関する年次報告書

台湾・香港の OS シェア推移

台湾・香港の OS シェア推移

<参考資料>
※赤字(プラス)・青字(マイナス)共に前回調査比

参考資料

参考資料

参考資料

参考資料

参考資料

参考資料

参考資料

参考資料

調査概要
【調査主旨】
世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2019年11月】
【調査要綱】
・対象国: OECD加盟主要国を中心に当社にて抽出
・各国人口参照元:Worldometers.info
http://www.worldometers.info/world-population/population-by-country/
・OS・機種データ参考:StatCounter
http://statcounter.com/
・スマートフォン普及率参考:Consumer Barometer with Google
https://www.consumerbarometer.com/en/trending/
・調査機関:アウンコンサルティング調べ
・調査対象期間:2018年9月 – 2019年9月
・調査日:2019年10月1日 – 10月11日
プレスリリース本文中に出てくる各社サービス名称は、各社の登録商標または商標です。
本プレスリリースをご掲載される場合、『アウンコンサルティング調べ』とご記載の上、弊社までご連絡をお願いいたします。

▼アウンコンサルティングのメールマガジンご登録はこちら
https://www.auncon.co.jp/mailmagazine/

▼Facebook
https://www.facebook.com/glbmaun/

▼Twitter
https://twitter.com/aun_inc

▼Instagram
https://www.instagram.com/aunconsulting/

以上

面白いよね。

アメリカなどは、だいたい半々って感じだし。

これやっぱり、裕福な国の人達は、iOS って感じにも見えるかも。

端末の価格がお高いから?

新しい OS をって言ったって、この状況ではなかなか割り込むのは大変でしょうね。

投稿者のプロフィール

minorus
minorus
電子機器が大好きです。
プログラムを書くのをお仕事としていたこともあるので、両方できる PIC や Arduino を使って、いろいろな(役にあんまり立たない)ものを作っています。
実は UNIX 関連のお仕事も長かったので、Raspberry Pi もお手の物なのですけれど、これから触る機会が多くなるのかなぁ。
ボチボチ行きますが、お付き合いください。
若いころの写真なので、現時点では、まだ髪の毛は黒くてありますが、お髭は真っ白になりました。
愛車の国鉄特急カラーのカスタムしたリトルカブで、時々、秋月電子通商の八潮店に出没します。

コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ