ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2021年12月09日 に以下のカテゴリに投稿されました AWS.

この記事のタグ

, , , , , , ,


AWS、AWS IoT FleetWiseを発表

AWS から、車両データを取得して活用する AWS for Automotive の一環として使える目的別ツールのアナウンスが有りました。

使いやすそうなツールですね。

AWS、AWS IoT FleetWiseを発表
アマゾンジャパン合同会社

AWS

AWS

自動車メーカーによる車両データ収集と、ニアリアルタイムのクラウド転送を高いコスト効率で実現。車両品質、安全性、自律性の向上を目的とした、アナリティクスと機械学習を活用するアプリケーションの構築を可能に。
AWS for Automotive の一環として、コネクテッドモビリティ、自律走行開発、デジタル顧客エンゲージメント、製品設計・エンジニアリング、製造、サプライチェーンなどの目的別ツールとして自動車業界に提供。
NXP、WirelessCar、Otonomo などの企業やパートナー各社が AWS IoT FleetWise を活用。

※本プレスリリースは、2021年11月30日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

(ラスベガス – 2021年11月30日発表) Amazon.com, Inc.の関連会社であるAmazon Web Services, Inc.は本日、AWS re:Inventにおいて、自動車メーカーの円滑な車両データ収集とニアリアルタイムのクラウド転送を高いコスト効率で可能にする新サービス AWS IoT FleetWise を発表しました。AWS IoT FleetWise の活用により、自動車メーカーは車両に蓄積される(製造元、モデル、オプションの有無を問わず)あらゆるフォーマットのデータをスムーズに収集・一元管理し、データ形式を標準化することで、クラウドでのデータ分析を容易にします。また開発者は、このサービスのインテリジェントフィルタリング機能を利用し、気象条件、位置情報、車両タイプなどのパラメーターに基づき、転送するデータの選別と転送タイミングのルール定義が可能になり、ネットワークのトラフィック削減につながることから、データがニアリアルタイムで効率的にクラウドへ転送されます。クラウドに転送されたデータは、各種アプリケーションで利用され、個々の車両で発生した不具合をリモートで診断したり、車両フリートの状態を分析してリコールの可能性や安全性の問題を回避するほか、自動運転、先進運転支援システムといった、分析と機械学習を用いる最先端技術の精度向上に役立てることができます。なお、AWS IoT FleetWise を利用するための事前作業や費用は必要なく、利用するサービス費用のみを支払うことになります。AWS IoT FleetWise の詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。aws.amazon.com/iot/fleetwise

自動車メーカーはこの 10 年ほどの間、標準的な車両センサーからデータを収集し、エンジンの温度や車両の安定性といった運転状況や安全性に関わる指標を計測してきました。現在は、レーダーやカメラを含め、車両の安全性を向上させると同時に、指数関数的に増大するデータを生成する、これまでにないレベルの高度なセンサーを搭載した車両を製造しています。たとえば、車両当たり 1 時間に最大 2 テラバイトものデータを生成する高度な車両センサーもその 1 つですが、このタイプのデータをクラウドへ転送するコストは莫大なものとなります。自動車メーカーは、より優れたコスト効率でこうしたデータの収集、標準化、クラウドへの転送を可能にしつつ、これらのデータから車両の品質、安全性、自律性を向上させるためのインサイトを引き出したいと考えています。一方、さまざまなメーカーで多様な車両モデルが製造され、搭載オプションがこれまで以上に増えるとともに、異なる独自フォーマットで生成されるため、データは増え続け、路上を走る自動車全体でデータが複雑に入り組んでいる状態です。この車両データのすべてを収集・転送し、クラウドで分析できるようにするには、幅広いフォーマットをまたぎデータを標準化できるカスタムのデータ収集システムの構築が望まれますが、難易度が高く、時間も必要です。自動車メーカーはその代わりに、固有のユースケースに合わせて収集するデータを選択し、ニアリアルタイムでクラウドへ転送したいと考えていますが、このタイプのインテリジェントなデータフィルタリング機能はまだ存在しません。そうした理由で、個々の車両のパフォーマンスに関わる不具合の診断やフリート全体における重大化する前での問題の特定、車の性能と自律性の向上に向けたデータの活用といった、発生頻度の高い問題の解決にデータを投入できずにいます。

AWS IoT FleetWise は、円滑かつ高いコスト効率で数百万台の車両からデータを収集してニアリアルタイムでクラウドへ転送するマネージドサービスを自動車メーカーに提供します。AWS IoT FleetWise は、車両ごとに固有のデータフォーマットへアクセスし、そのデータを構造化・標準化することもできるため、自動車メーカーは独自のデータ収集システムをカスタムで構築する必要がありません。自動車メーカーは、まず アマゾン ウェブ サービス(AWS)のマネジメントコンソール上で、車両タイプごと、またはフリート全体で複数の車種について、車両の属性(例: 2 ドアのクーペ)、センサーとメーカー名、車種、搭載オプション(例: エンジン温度、フロント衝突警告、駐車アシスト機能など)を定義してモデル化を行います。車両のモデリングが完了した後は、AWS IoT FleetWise アプリケーションを車両ゲートウェイ(データの監視と収集を実行する車載の通信ハブ)にインストールすれば、AWS と相互に情報の読み込み、デコード、送信ができるようになります。AWS IoT FleetWise のインテリジェントフィルタリング制御によって、収集・分析対象のデータをフィルタリングする条件付きルール(緊急ブレーキの作動イベントを検出したセンサーデータと車両メーカー/モデルと関連付けるなど)を設定し、ユースケースに合わせて必要なデータを選択できるため、クラウドへ転送するデータ容量が制限され、コスト削減にもつながります。AWS IoT FleetWise を介してデータがクラウドへ転送されれば、AWS の広範で豊富なサービスを利用して、車両データからあらゆる価値を引き出せます。たとえば、自動運転システムが路上のサイネージに表示されたテキストを 90% 未満の確度で識別した場合、自動車メーカーは、インテリジェントフィルタリングを使い、新設の高速道路を走行する車両の車載カメラで撮影したデータを収集するなど、クラウドへ転送されたデータごとに、精度レベルのラベル付けをして、自動運転システムに組み込まれる機械学習モデルの精度を向上させることも可能です。またインテリジェントフィルタリングによって、気温が氷点下になると電気自動車のバッテリーからデータを収集して、そのデータの分析結果からクラウド内でシミュレーションを実行し、寒冷状況でのバッテリー性能の向上につなげることも可能です。

Amazon Web Services, Inc. IoT オートモーティブのジェネラルマネージャーである Mike Tzamaloukas(マイク・ツァマルーカス)は次のように述べています。「自動車メーカーは何年もの間、車両データを収集、格納、分析してきましたが、最先端の車両安全システムや自動運転システムで生成される膨大な量のデータを活用することや車両で問題が発生する前に予防策を講じるために必要なデータにニアリアルタイムでアクセスすることは困難でした。AWS IoT FleetWise を利用すれば、データを効率的に収集して変換し、路上を走る車両の状態や使用状況に関する深く実用的なインサイトを引き出すことが可能です。自動車メーカーは、何百万台もの車両をメンテナンスしながら、安全性を高め、顧客サービスの品質向上のために、AWS のパワーを最大限に活かせるようになりました」

AWS IoT FleetWise は、世界中の自動車業界とモビリティ業界の企業から選ばれてきた AWS サービスと AWS パートナーネットワーク(APN)ソリューションの包括的な機能を備えた、AWS for Automotive の一環として提供される新サービスです。コネクテッドモビリティ、デジタルでの顧客エンゲージメント強化、製品デザインとエンジニアリング、製造、サプライチェーンといったビジネス専用に、デジタルトランスフォーメーションをサポートします。AWS for Automotive の詳細は以下のウェブサイトをご覧ください。https://aws.amazon.com/automotive

車両データ収集の標準機能を備えた AWS IoT FleetWise は、米国東部(バージニア州北部)と欧州(フランクフルト)で本日からプレビュー版の提供が開始され、その他の AWS リージョンでは、まもなく提供開始予定です。なお、AWS IoT FleetWise が実現する最先端のカメラセンサーによるデータ収集は、2022 年前半に利用可能になります。

セキュアな車両ネットワーク用プロセッサーを開発する NXP Semiconductors は、よりスマートな世界を実現するセキュアなコネクションを推進するリーダー企業です。NXP の車両コントロールおよびネットワーキングソリューション バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーである Ray Cornyn(レイ・コーニン)氏は、次のように述べています。「当社は、独自開発のサービス指向型ゲートウェイ向け最新 S32G 車載ネットワーク・プロセッサーを含め、オートモーティブ業界のイノベーションを加速しています。AWS IoT FleetWise のリリースに向けた AWS との連携は、車両の細部すべてからのスマートなデータ収集を実現することが可能になりました。。AWS IoT FleetWise と NXP のオートモーティブゲートウェイソリューションを利用すれば、OEM 企業は車両インサイトを最大限に引き出して、長期間にわたり車両を改良し続け、競争優位な車載機能と新たなビジネス機会を手に入れることができるでしょう」

WirelessCar は、コネクテッドカーに搭載されるセキュアなデジタルソリューションと製品の数々を 20 年以上にわたり開発、提供、運用してきた企業です。WirelessCar の CTO である Jessica Nymark(ジェシカ・ニマルク)氏は、次のように述べています。「当社の車載サービスとソリューションが成長を続け、コネクテッドカー産業でリーダー的ポジションを確立するとともに、AWS サービスの拡張性、可用性、耐久性が持つアドバンテージをソリューションの基盤として活かしてきました。AWS for Automotive サービスの 1 つとなる AWS IoT FleetWise の登場により、効率的な車両データの収集と当社のデータエコシステムを中心に、WirelessCar のポートフォリオをさらに拡大できると期待しています」

Otonomo は、OEM 各社、車両フリート、Mobility as a Service (MaaS)から電気自動車(EV)、交通機関、保険会社にわたり 100 社を超えるサービスプロバイダーで構成される広範なネットワークの原動力となる、モビリティ専用のインテリジェントプラットフォームです。このプラットフォームは毎日 40 億を超えるデータポイントによって支えられています。Otonomo の CEO である Ben Volkow(ベン・ボルコフ)氏は次のように述べています。「Otonomo では、コネクテッドな車両データとモビリティインテリジェンスの活用を通じて、お客様のための意思決定とサービスのスマート化に取り組んでいます。本日発表された AWS IoT FleetWise により、自動車メーカーはこれまでないほどスムーズかつ効率的にデータを収集してクラウドへ転送できるようになりました。引き続き AWS とのコラボレーションを強化し、AWS IoT FleetWise を通じて新たな機能追加が可能になることを期待しています」

アマゾン ウェブ サービスについて
アマゾン ウェブ サービス(AWS)は約15年にわたり、世界で最も包括的かつ幅広く採用されたクラウドサービスになっています。AWSは、コンピューティング、ストレージ、データベース、ネットワーキング、分析、機械学習および人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、モバイル、セキュリティ、ハイブリッド、仮想現実(VR)および拡張現実(AR)、メディア、ならびにアプリケーション開発、展開および管理に関する200種類以上のフル機能のサービスを提供しています。AWSのサービスは、25のリージョンにある81のアベイラビリティーゾーン(AZ)でご利用いただけます。これに加え、オーストラリア、カナダ、インド、インドネシア、イスラエル、ニュージーランド、スペイン、スイス、アラブ首長国連邦を含む9つのリージョンにおける27のAZの開設計画を発表しています。AWSのサービスは、アジリティを高めながら同時にコストを削減できるインフラエンジンとして、急速に成長しているスタートアップや大手企業、有数の政府機関を含む数百万以上のアクティブなお客様から信頼を獲得しています。AWSの詳細については以下のURLをご参照ください。https://aws.amazon.com/

Amazon について
Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology, Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。Amazonについて詳しくはAmazon Newsroom (http://amazon-press.jp)およびAmazon ブログ (http://blog.aboutamazon.jp)から。

以上

上記は米国での発表なので、各リージョンだと少しタイムラグが有るのかもしれませんが、一層活用されそうなツール郡です。

楽しみですね。


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ