ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2023年06月09日 に以下のカテゴリに投稿されました IoT.

この記事のタグ

, , , , , ,


IoTプラットフォーム『MEEQ』、ノーコード業務アプリケーションSaaS『SOVA』と連携

センサーからデータを取ることも簡単にできるようになって、それを回線を使って受け取ることも簡単にできる。

で、その後は、そのデータをどのように活用するか、効果的に視覚化するかなんてことになるわけで・・

だから、こういったのが必要になるのね。

効果的だとは思うが、実際やりたいことが実現できるかは、工夫次第。

IoTプラットフォーム『MEEQ』、ノーコード業務アプリケーションSaaS『SOVA』と連携
〜お客様固有IoTシステムをノーコードで開発、運用可能に〜
ミーク株式会社

 IoT事業者および企業向けにNoCode IoT/DX Platform『MEEQ(ミーク)』を提供しているミーク株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 執行役員社長:峯村竜太 以下、ミーク)は、S2K2 Holdings Pte Ltd(エスツーケーツー・ホールディングス、本社:シンガポール、以下 S2K2 Holdings)が提供するノーコード業務アプリケーションSaaS『SOVA』との連携を開始しました。
これにより、IoTデバイスからのデータを入力源とする自社専用IoT業務アプリケーションを、コードを書かずにGUIベースで開発して運用できるようになりました。

URL:https://www.meeq.co.jp/meeq/ai.html

IoTプラットフォーム『MEEQ』、ノーコード業務アプリケーションSaaS『SOVA』と連携

IoTプラットフォーム『MEEQ』、ノーコード業務アプリケーションSaaS『SOVA』と連携

■連携の背景

IoT業務システムは、たとえばエッジAIカメラや人流計からのメタ情報、振動センサーや環境センサーからの情報など、企業の現場に設置された様々なIoTデバイスからデータを受け取り、それらを蓄積・分析し、アクションを起こす重要な役割を担います。しかし、先進性が高いためにノウハウが蓄積されていないばかりか、アプリケーション要件も各社業務の個別性が高いため汎用製品を導入しただけで実現できるものではなく、企業は個別にPoCから開始し、自社業務に合ったシステムを試行錯誤を経て独自開発する必要がありました。

今回、『MEEQ』と『SOVA』が連携することにより、個別性の高い複雑なものであっても、GUIベースのノーコード開発で自社専用IoT業務システムを迅速、低廉、柔軟に開発・運用することが可能になりました。

■「MEEQデータプラットフォーム データハブ」との連携

『SOVA』は、S2K2 Holdingsがサーバーレスの最先端技術を用いて設計した100%ノーコードのアプリケーション開発プラットフォームです。この度の連携は、IoTデバイスと『SOVA』を、「MEEQ データプラットフォーム データハブ」(以下データハブ)を介することで実現しています。

IoTプラットフォーム『MEEQ』、ノーコード業務アプリケーションSaaS『SOVA』と連携

IoTプラットフォーム『MEEQ』、ノーコード業務アプリケーションSaaS『SOVA』と連携

データハブは、「MEEQデータプラットフォーム IoTストレージ」のデータを各種SaaSと連携するためのハブで、MEEQ AIサービス群、予測分析ツール『Prediction One』※1などとの連携機能をすでに提供しています。今回、新たに『SOVA』と連携することで、ノーコード開発による自社専用IoT業務システムの開発・運用が可能になります。

注:別途、SOVAの申込、MEEQ SIM、MEEQ閉域ネットワーク、データプラットフォーム、データハブが必要です。

※1 プレスリリース「MEEQ、ソニーのAI予測ツール『Prediction One』とサービス連携」

https://www.meeq.co.jp/news/20230110/

■『SOVA』とは

S2K2 Holdings の創業者であるナタ氏とチェラン氏が、1993年の来日以来、数多くの日本企業のシステム開発に関わる中で、企業がシステム開発において直面する組織内で分散した非連携システム、既存システムの陳腐化、パフォーマンスのボトルネックなどの様々な課題を共有し、その解決を目指して開発しました。

グローバルスタンダードであり、日本のユーザーの高度な要求にも応えられる高い目標を設定して開発された『SOVA』は、直感的に設計可能なユーザーインターフェースと、包括的な機能を有し、専門的なITスキルを必要とせず、簡易なものから複雑な基幹システムに至るまで企業が必要とするシステムを網羅的に構築することを可能にしました。

『SOVA』を利用することで、開発者のスキルに依存しない品質の安定化およびプロセスの効率化、運用の卓越化を実現し、コストを最小限に抑え、リソースの活用を最大限に高めることができます。

『SOVA』は、開発者およびビジネスユーザーの双方が、組織のデジタル変革に積極的に参加することを可能にします。ソフトウェア開発を劇的に効率化することで、企業が迅速に市場環境、顧客要求、業界トレンドの変化に対応することができるよう支援します。

※『SOVA』はS2K2 Holdingsが提供するサービスで、SOVAのご利用にはS2K2 Holdingsにお申込みをいただく必要があります。詳細情報は、Webサイト(https://www.hisova.com/)をご覧ください。

■今後の展開

ミークは、企業のお客様がIoTで現場のDXを実現すること、IoT事業者様がユニークなIoTサービスを提供することを支援しています。お客様個別のソフトウェア開発を最小化し、素早く、低コストで、しかし柔軟にお客様の事業が実現できるよう、これからも様々な機能・サービスの開発・提供を『MEEQ』を通じて実現していきます。

■お客様からのお問い合わせ先

ミーク株式会社 営業本部

TEL: 03-6714-8743

E-mail:snc-sp-biz@sony.com

●MEEQについて

MEEQは、直感的なコンソール画面を通じて、簡単にIoT向け通信サービスを購入/決済/登録/管理ができるNoCode IoT/DX Platformです。NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI回線のデータ通信専用SIMの利用が可能で、お客様側でシステムを用意しなくとも簡単にIoT回線を追加し、さまざまな事業をサポートすることができます。

データを自動的に加工し、蓄積して、お客様のシステムの一部としてご利用いただけるデータベース「IoTストレージ」や、データを分析してアクションに結び付けるアプリケーションなど、 IoT事業者やIoTを活用したい企業の皆様が簡単に利用できるサービスを拡充しています。

URL:https://www.meeq.co.jp/meeq/

●ミーク株式会社について

IoTサービス事業者及びDXを推進する企業向けに、NoCode IoT/DX Platform『MEEQ(ミーク)』を展開し、低価格(月額143円(税込)から)かつ高品質なモバイル通信回線やコーディング不要で利用可能なデータプラットフォーム等を提供しています。

また、数少ないトリプルキャリア(NTTドコモ、ソフトバンク、KDDI)に対応したMVNE事業者として、多くの大手MVNO事業者にネットワークおよび業務システム、業務支援等を提供しています。

●会社概要

会社名:ミーク株式会社

所在地:東京都渋谷区渋谷3-10-13 TOKYU REIT渋谷Rビル 8階

代表者:代表取締役 執行役員社長 峯村竜太

設立:2019年3月

URL: https://www.meeq.co.jp/

※記載されている商品名、会社名等は各会社の商号、商標または登録商標です。

以上

やっぱり独自仕様となることが多いでしょうから、仕様書書いて外注するとか内製するとか、色々選択の余地はあるかもしれませんけれど、こんな環境で試してみるのも良いかもしれませんね。

 

 


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ