ピックワールド(PIC World)

インフォメーション

この記事は 2023年11月30日 に以下のカテゴリに投稿されました Smart Phone.

この記事のタグ

, , ,


Xiaomi、120W の急速充電、ハイレベルのトリプルカメラを搭載した最新フラッグシップモデル「Xiaomi 13T Pro」を12月8日(金)より発売

出すんですね。

12月8日販売開始だそうです。

Xiaomi の(日本では)フラグシップモデルである、Xiaomi 13T Pro。

MediaTek のフラッグシップチップセット Dimensity D9200+ を搭載しているモデルです。

どうでしょうかね?

Xiaomi、120W の急速充電、ハイレベルのトリプルカメラを搭載した最新フラッグシップモデル「Xiaomi 13T Pro」を12月8日(金)より発売
小米技術日本株式会社

小米技術日本株式会社(以下「シャオミ・ジャパン」、本社:東京都港区、取締役社長:大沼 彰)は、ハイエンドモデルである高性能スマートフォン「Xiaomi 13T Pro」を12月8日(金)より発売します。

Xiaomi、120W の急速充電、ハイレベルのトリプルカメラを搭載した最新フラッグシップモデル「Xiaomi 13T Pro」を12月8日(金)より発売

Xiaomi、120W の急速充電、ハイレベルのトリプルカメラを搭載した最新フラッグシップモデル「Xiaomi 13T Pro」を12月8日(金)より発売

Xiaomi 13T Pro は、新世代のスマートフォンユーザーに向け、卓越したカメラ機能とパフォーマンス、高精細なディスプレイを備えたハイエンドモデルです。日常的な利用はもちろん写真撮影や動画鑑賞など、あらゆる場面で優れたスマートフォンライフを提供します。

今回搭載された高画質+光学望遠+超広角のトリプルカメラが、リアルな色彩と質感の撮影を実現するだけでなく、美しくなめらかで目にやさしい約 6.7 インチ高精細ディスプレイを通して見ることで、撮る楽しさに加えて見る喜びも味わうことができます。

また、Xiaomi 独自技術による急速充電に対応しており、充電を忘れたお出掛け前でもスピーディーにチャージすることが可能です。防水防塵レベルもアップグレードし、安心感も進化した 1 台となっております。

Xiaomi 13T Pro の製品特長
スマホ生活が変わる急速充電

● 5,000mAh の大容量バッテリー搭載

● 19 分で 100%の充電が可能な急速充電に対応(120W Xiaomi ハイパーチャージ)

● 専用急速充電器を同梱

※同梱の充電器を使用し、画面消灯・ 充電速度のブースト設定時で 1%の電池残量を 100%にするまでの最短充電時間。使用状況や使用環境により充電時間は変動します。Xiaomi ラボによる室温 25 度に設定した状況でのテスト結果に基づくものです。

本格的な撮影が可能な高画質+光学望遠+超広角のトリプルカメラ

● メインの広角に約 5,000 万画素の 1/1.28 インチ大型センサーを搭載。光学式手ブレ補正(OIS)を備え、手ブレを抑えて暗所でもきれいに撮影可能

● ポートレート撮影に適した光学 2 倍ズーム対応の約 5,000 万画素の望遠レンズを搭載

● 風景をダイナミックに捉えることができる約 1,200 万画素の超広角レンズを搭載

● 光や色彩の変化、物体の動きを認識してディテールまで鮮やかに再現する「Xiaomi Imaging Engine」

● 人物や動物を自動的にフォーカスし追尾するモーショントラッキングフォーカス

● AI を活用して理想的な写真の構図のバリエーションを自動的に生成する「Xiaomi ProCut」

● 8K 動画撮影の他、微細に色調を表現できる 10bit 記録やウルトラナイトモードによる暗所での撮影も可能な動画撮影機能

長く使えて快適なフラッグシップ級のチップセット

● 消費電力を抑えながらもパワフルなパフォーマンスを実現する MediaTek のフラッグシップチップセット「Dimensity D9200+」を搭載

● 発生した熱を効率的に冷却する 5,000 平方ミリメートルの大型ベイパーチャンバーを搭載した優れた冷却構造

● メモリは標準で 12GB 搭載。ストレージ容量を活用して最大 8GB まで仮想メモリ(RAM)の拡張が可能※(合計最大 20GB)

※ストレージの一部を使用するため、メモリ(RAM)の速度と異なります。

その他

● 美しく滑らかな最大 144Hz のリフレッシュレートに対応した約 6.7 インチの有機 EL(AMOLED)ディスプレイ

● 高精細な 1.5K の解像度(2,712×1,220)、446ppi

● IP68 の防水防塵設計

● おサイフケータイ®対応

● アルパインブルーは、オーガニックシリコン、植物由来の素材、再生 PET を主原料として、手触りのよいヴィーガンレザーの背面デザインを実現

Xiaomi 13T Pro

Xiaomi 13T Pro

販売情報

Xiaomi 13T Pro

・発売日:2023 年12月8日(金)

・販売チャネル

MNO :ソフトバンク

MVNO :イオンモバイル、IIJmio、オプテージ

量販店 :エディオン、ケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビッグカメラグループ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラ

オンライン:Xiaomi 公式サイト(mi.com)、Amazon.co.jp、エクスプライス、NTT ぷらら、ストリーム(EC カレント)、SB セレクション、ムラウチ、楽天市場、楽天ブックス

mi.com(Xiaomi 公式ストア):https://www.mi.com/jp/product/xiaomi-13t-pro

Amazon 公式ストア:https://www.amazon.co.jp/dp/B0CM9JZXQB

楽天市場公式ストア:https://item.rakuten.co.jp/xiaomiofficial/m48555/

・希望小売価格:随時公表予定※

・カラー:アルパインブルー、メドウグリーン、ブラック

※販売価格は各社からの情報をご確認、またはお問い合わせください。

スペック Xiaomi 13T Pro

スペック Xiaomi 13T Pro

スペック Xiaomi 13T Pro

※スペック詳細につきましては、各販路の製品ページにてご確認ください。

また、発売を記念し、ソフトバンクで購入の方に Xiaomi 13T Pro 発売記念キャンペーンを実施します。

Xiaomi 13T Pro 発売記念キャンペーンについて

キャンペーンサイトでガチャを回し、ソフトバンクで Xiaomi 13T Pro を購入して専用ページから応募された方全員※に、3 万円相当・1 万 5,000 円相当・1 万円相当のいずれかの PayPay ポイント※をプレゼントします。

Xiaomi 13T Pro 発売記念キャンペーン

Xiaomi 13T Pro 発売記念キャンペーン

抽選期間:2023年12月1日(金)~2024年2月7日(水)

購入期間:2023年12月8日(金)~2024 年1月31日(水)

応募期間:2023年12月8日(金)~2024年2月7日(水)

キャンペーンサイト:https://xiaomi13tpro-cp2023.com/

お問い合わせ先:Xiaomi 13T Pro 発売記念キャンペーン事務局

info@xiaomi13tpro-cp2023.com / 03-6834-0267(受付時間:10:00~17:00)

(土、日、祝日、および年末年始休業 2023年12月 9日~2024年1月3日を除く)

※法人契約のお客さまは対象外です。

※PayPay ポイントは、PayPay/PayPay カード公式ストアでもご利用可能です。出金や譲渡はできません。

Xiaomi について
Xiaomi Corporation(以下 Xiaomi と表記)は 2010 年 4 月に設立され、2018 年 7 月 9 日(1810.HK)に香港証券取引所のメインボードに上場しました。Xiaomi は、IoT プラットフォームで接続されるスマートフォンとスマートハードウェアを核とした家電およびスマートデバイスを製造する企業です。

Xiaomi は「ユーザーの友となり、最もクールだと”心から”思ってもらえる企業になる」というビジョンを掲げ、イノベーション、高品質なユーザーエクスペリエンス、効率的な運営を追求しています。当社は、世界中の誰もが革新的なテクノロジーを通じてより良い生活を楽しめるように、適正な価格で優れた製品を製造し続けています。

Xiaomi は、世界をリードするスマートフォン関連企業の 1 つです。2023 年 9 月、自社ファームウェアである MIUI の月間アクティブユーザー数(MAU)は世界中で約 6 億 2,300 万に達しました。当社はまた、世界をリードするコンシューマ IoT プラットフォームを確立しており、2023 年 9 月 30 日時点で、6 億 9,900 万台以上のスマートデバイス(スマートフォン、ラップトップ、タブレットを除く)が自社のプラットフォームに接続されています。

現在、Xiaomi 製品は世界中の 100 を超える国と地域で販売されています。Xiaomi は 2023 年 8 月、5 年連続で「Fortune Global 500」にランクインし、順位は 360 位でした。

Xiaomi は、香港ハンセン指数、ハンセン中国企業指数、ハンセンテック指数、ハンセン中国 50 指数の構成銘柄です。

以上

MediaTek の SoC を使ったスマートフォンは、今までは廉価な機種によく使われていたイメージがあるけれど、こちらは全く異なるようですね。

性能も、お値段も、高いようですが、さてどうなるか?

放熱など、工夫されているようではありますが、そのあたりが気になりますね。

同時に Pro ではない Xiaomi 13T もアナウンスされていますので、追って紹介します。

こちらは Pro よりも 15% ほど、性能が低いと言われる、MediaTek Dimensity 8200-Ultra を搭載した KDDI モデルとなるようです。(当初はってことなのかな?)


コメントを残す

最近の投稿

最近のコメント

アーカイブ